トピックス

今月のベルの最近のブログ記事

2017年11月各クラスのご案内

11月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

9日(木)10:30~13:00  フォカッチャでランチ おしゃれなランチで楽しく!

11日(土)10:00~12:30  男の手料理 作り置きできるの活躍の場がたくさん

14日(火)10:30~12:30  ママの楽しいキッチン♪ 忙しい日に大活躍のメニュー

16日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 多様な食材を味わって

17日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  EPAで日本のチーズは?

18日(土)10:30~13:00  基礎から学べるおうちごはん  おうちで韓国料理を

25日(土)10:30~13:00  笑顔をつくるおうちごはん 人気のスパゲティを作ります

26日(日)10:00~12:00  キッズクッキング 切って炒めて巻いて揚げる…頑張ります 

30日(木)10:30~13:00 季節の和菓子 お正月にぜひ頂きたい華やかな菓子2種 

 

◆11月9日(木) 10時半~13時 「フォカッチャでランチ」

 受講料:4,500円 講師: 石川美香
 メニュー: フォカッチャ・ホタテとじゃがいものブルギニヨン・野菜とソーセージのごちそうスープ
▶ 
お申込みはこちらから!

fokaccya-IMG_4557.JPG お料理の特別クラス。イタリア料理でお馴染みのパン、フォカッチャを作ります。お友だちをお誘いして、おしゃれなランチパーティもいいですね。
 フォカッチャは、刻んだオリーブとローズマリーを加えた生地を発酵させ、ガーリックオイルを塗って焼き上げます。風味が魅力でしっとりしたパンは、どんなお食事にもよくあいます。
 ブルギニヨンは、ブルゴーニュ地方の料理のことで、さまざまな料理がありますが、
ブルギニヨン(エスカルゴ)バターをのせて焼いたエスカルゴ料理が有名です。今回は、じゃがいもをエスカルゴに見立てて器にし、ホタテを詰めて、イタリアンパセリ、にんにく、エシャロットで作るエスカルゴバターをのせて、オーブンで焼きます。
 スープは彩りもきれいなたっぷりの野菜とおいしいソーセージを使って。これだけでもお腹いっぱい、楽しい会話がはずみそうですね。

 

 

◇11月11日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小沼真里
 メニュー: チャーシュー・中華なます・椎茸のオイスターソース煮                       
▶ お申込みはこちらから!

otokonoteyrouri11-IMG_4595.JPG ちょっと気が早いかもしれませんが、年末のおせち料理づくりに一役担いませんか? 普段の食卓でももちろんおいしくいただけますが、作り置きできるので、お正月の食卓や、急なお客様のおもてなしにもにピッタリです。

 チャーシューは、つけ汁にかたまりの肉を漬け込み、オーブンで焼くだけですから、意外と簡単。ご自宅では半日程度じっくり漬け込んでください。途中、はちみつを塗って焼くことで、照りがでて、より一層おいしくなります。冷めてから上手に切って、白髪ねぎをたっぷりのせましょう。白髪ねぎの切り方、ぜひマスターしてください。
 なますもおせちの定番ですが、中華風はいかがでしょうか? ごま油や中華の香辛料を使い、風味をお楽しみください。切った野菜に塩をして、しっかり水気をしぼってからつけ汁に漬けましょう。
 椎茸のオイスターソース煮は、香味野菜で香りをつけた油で戻した干し椎茸を炒め、牡蠣味調味料ベースの調味料で煮含めます。箸休めの一品として、コクのある味をお楽しみください。

 

 

11月14日(火) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子 
 メニュー:タンドリーチキン・ヨーグルトサラダ・玉ねぎのカレーピクルス                     
▶ 
お申込みはこちらから!

mama11-IMG_4732.JPG 下ごしらえしておけば、短時間でお食事が準備できる! そんな嬉しいメニューご紹介します。
 タンドリーチキンは、ヨーグルトと香辛料に鶏肉を漬け込んで焼きます。前日に漬けておけば、あとはオーブンに入れるだけ。レモンライスを添えればちょっとおしゃれなプレートになります。
 ヨーグルトサラダは、その名の通り、軽く水切りしたヨーグルトにマヨネーズを合わせたドレッシングを使います。中身はと言えば、蒸した鶏のささみとキウイという意外な組み合わせ。キウイの酸味がポイントになります。
 玉ねぎのカレーピクルスは、作り置きできる便利な一品です。沸騰させた調味液で玉ねぎを茹でて冷ませば出来上がりです。辛さはご家庭の味に調整してください。
 お休みの日に仕込んでおけば、休み明けの夕飯はこれでう~んと時間短縮できますね。(本クラスは満員です)

 


◇11月16日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4200円 講師:石川美香
 メニュー:さんまの蒲焼き・肉団子と長芋のあっさり煮・大豆と海苔のスープ

▶ お申込みはこちらから!

wasyoku11-IMG_4807.JPG 和食の特徴の一つは、多様な食材を使って、栄養バランスのとれた食卓ができることです。今月のメニューは、皆さんがきっともっと食卓に登場させたいと思っていらっしゃる魚をメインに、鶏ひき肉、大豆と豊富なたんぱく源で、海藻やごまなど不足しがちな食材も取り入れています。もちろん和食の基本、だしもしっかりとりましょう。
 蒲焼きは、さんまに粉をまんべんなく振り、余分な粉を落として、色よく焼くことがポイントです。そして調味料をしっかりからめます。大葉や白髪ねぎ、山椒やごまを添えることで、より深い味わいを得られます。
 肉団子はしっかり目のお味で召し上がることが多いのではないでしょうか。昆布のだしを活かし、あっさりとでもコクのある味をお楽しみください。
 スープはまずしっかり一番だしをとり、大豆を煮ます。ドライパックを使えば手軽にできますね。水でもどしたあおさのりをお椀に入れ、熱々のスープを注いで、針生姜をのせます。栄養満点、でもヘルシーな汁物、活躍しそうです。

 

◆11月17日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 小沼真里
 今月のテーマ:「EPAで日本のチーズはどうなる?」
 
メニュー:鮭の長芋チーズ焼き・白菜とりんごのサラダ 
▶ 
お申込みはこちらから!
                        
anzen11-IMG_4783.JPG セ ミナーでは、EUと合意したEPA(経済連携協定)について、チーズを中心に考えます。ヨーロッパの国々には、伝統的なチーズ、高品質で低価格なチーズなどたくさんのチーズがあります。一方、日本人にとってなじみのあるチーズはクセのないプロセスチーズ。仮にEUからの輸入チーズの関税が撤廃されても影響は少ない?という見方や、チーズ向け生乳にも影響を及ぼすのでは?という見方があります。まず今の生産や輸入状況を知り、貿易協定が私たちの生活に及ぼす影響を考えましょう。

  クッキングは、鮭の長芋チーズ焼き。生鮭の上に野菜をのせたホイル焼きですが、すりおろした長芋、チーズ、豆乳を合わせてたっぷりかけたホイル焼き。この絶妙な組み合わせは病みつきになりそうです。サラダはドレシングにもりんごを加えた季節のサラダ。りんごの甘酸っぱさが味わいを豊かにしてくれます。

 


◇11月18日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円  講師: 石川美香 
 メニュー: キムチチヂミ・ナムル・ワカメスープ
 お申込みはこちらから!

kiso11-IMG_4762.JPG おうちで人気の韓国料理を楽しみましょう。
 チヂミは、水で溶いた小麦粉にさまざまな具材を混ぜて、平たく焼いたもの。今回は豚肉と白菜キムチ、長ねぎを合わせます。一人ずつ平らに上手に焼き、きれいに切って並べましょう。
 ナムルは日本でもおなじみですが、野菜や山菜を和えた韓国の家庭料理です。小松菜、にんじん、もやしを茹で、混ぜて和えますが、ご家庭ではいろいろな野菜でお楽しみいただきたいです。
 わかめスープも韓国料理の定番ですね。ごま油でわかめを炒め、ホタテの水煮缶、大根を加えて、水からおいしいスープを作りましょう。
  

 

◆11月25日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー: ボンゴレ・グラタンドフィノア・秋野菜のミネストローネ                     
▶ 
お申込みはこちらから!

ouchigohan11-IMG_4768.JPG パスタ好きは多いですが、なかでもボンゴレがお好きという方、多いのではないでしょうか。あさりを下処理し、蒸し煮にします。ゆでたスパゲティをあわせます。茹でたスパゲティにバターを混ぜたり、茹で汁を残しておいて、仕上げに使ったり…ポイントも満載です。
 グランドフィノアは、じゃがいものシンプルなグラタンです。薄切りのじゃがいもを並べた耐熱皿に、沸かした牛乳と生クリームを注ぎ、オーブンで焼きます。さっぱりした、栄養満点のグラタンが手軽に作れます。
 スープは、季節の野菜を使ったミネストローネ。具材をさいの目に揃えて切り、見た目もきれいに仕上げましょう。
 休日にお友だちを招いてこんなランチはいかがでしょうか。
    
 

 

◇11月26日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 竹林雪
 メニュー:春巻き・卵とレタスのスープ        
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu11-IMG_4672.JPG 本格的な春巻きづくりに挑戦です。
 まずは具材を切りましょう。分担して、なるべく細く揃えて切ります。切り終わった具材を炒めます。炒めた具材は広げて冷まし、いよいよ皮にのせて包みます。しっかり包んで、しっかり止めましょう。
準備ができたら、ゆっくり色よく揚げます。油に入れる時は、油のそばからそーっとですね。
 もう一品は、とりがらスープをベースにしたレタスと溶き卵のスープです。水溶き片栗粉で、少しとろみをつけて食べやすくします。

 今日はがんばりどころが一杯のメニューですが、お友だちと協力して手順よくすすめましょうね。(本クラスは満員です)

 

◆11月30日(木) 10時半~13時 「季節の和菓子」

 受講料:3,150円 講師: 上原智代
 メニュー:桃山・かるかん       
▶ お申込みはこちらから!                   

 季節を楽しむ手作り和菓子のクラスです。桃山は、白餡に卵黄、粉を加え、みりんで照りをつけて焼き上げたほこほこっとした味わいが特徴のお菓子です。名前の由来はいろいろありますが、このぜいたくな作りから、桃山時代の豪華な印象が名前や形に表されたという説もあります。

 かるかんは、鹿児島県をはじめとする九州特産の和菓子で、江戸時代末期に創作されたと言われています。材料にやまの芋を使って蒸し上げたもっちりふっくらとした食感と、その白さが特徴です。今回は、お正月の松を意識して、抹茶で緑色にした生地と白生地を重ねて仕上げます。

 手作りの和菓子で、お客様をお迎え出来たらすてきですね。

2017年10月各クラスのご案内

いよいよ2017年度秋・冬の教室スタートです! 10月の各教室のご案内です。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

10日(火)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ 子どもたちと楽しくお料理!

14日(土)10:00~12:30 男の手料理 米とぎ、だしとり、料理の基本を学びます

15日(日)10:00~12:00 親子クッキング  肉まんみたいな手軽に作れる蒸しパン

19日(木)10:30~13:00これからの和食~ごはんを囲む食卓 親子丼に一工夫

20日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング食の安全  豆腐の値段のカラクリ

21日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん  和食の定番メニュー

22日(日)10:00~12:00 キッズクッキング   季節を感じる和食のメニュー

28日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 変わりご飯&変わり春巻き

29日(日)10:00~12:00 キッズクッキングクラス 季節を感じる和食のメニュー   

 

10月10日(火) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子 
 メニュー:ご飯ピザ・きのことかぼちゃの豆乳スープ・さつまいものプリン                     
▶ 
お申込みはこちらから! (1席のみ空きがあります)

mama10-IMG_4257.JPG 季節の食材を使った楽しい3品です。
 ご飯ピザは、ぜひお子さんと一緒に作ってください。ご飯をラップにくるんでおにぎりを作り、手の平で伸ばします。子どもたちは、きっとただまるくせず、色んな形を作るのでしょうね。味噌マヨネーズを塗り、ツナ缶とローストしたくるみ、チーズをのせてオーブンで焼きます。細ねぎものせ、和風ご飯ピザのできあがりです。トッピングは、おうちにあるもので工夫しても楽しいですね。
 スープは、具材を炒め、問ガラスープで煮込んでから、味噌と豆乳を加えた手軽な一品ですが、やはり秋を感じますね。
 デザートも秋の味覚に欠かせないさつまいもを使ったプリンです。さつまいもをマッシュし、材料を混ぜ合わせてプリン液を作ったら、一度濾してから容器に入れます。舌触りのよいプリンを作るための一手間です。オーブンで蒸し焼きにしてでき上がり。
 お休みの日に、ぜひお子さんと楽しくお料理なさってください。(本クラスは、残り1席のなっています。今すぐどうぞ)

 

 

◇10月14日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小沼真里
 メニュー:きじ焼き丼・ほうれん草のお浸し・豆腐とねぎの味噌汁                       
▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri10-IMG_4286.JPG お料理を始めてみよう!という方にも安心して通っていただけるコースです。お仲間ができることも楽しいですね。
 今期初回は、お米をとぎ、だしをとるという基本中の基本から始めます。
 きじ焼きは、鶏肉や魚の切り身などを醤油、みりん、酒で作ったつけ汁に漬けて焼いたものです。江戸時代まで食べられていたきじですが、庶民は豆腐や魚で「きじもどき」の料理としていたようです。少し濃い目の甘辛い味がご飯にピッタリです。
 お浸しは、食卓に欠かせない野菜の副菜です。茹でたほうれん草にかつお節とお醤油をかけて召し上がっている方も多いでしょうが、だしで割った醤油にほうれん草を浸す、本来の作り方をぜひ覚えてください。シンプルな一品に、お料理の基礎が詰まっています。
 最近は、だし入りの味噌が多く売られているようですが、やはり自分でとっただしを使った味噌汁にはかないません。今回は、お浸しにも使えるように、一番だしをとって、基本の豆腐の味噌汁お造ります。お台所にだしの香りが漂うだけでも、お料理上手の一歩!という気がしませんか。味噌を溶き入れたら、ぐつぐつ煮ないことも味噌汁のポイントです。
 

 

 

◆10月15日(日) 10時~12時 「親子クッキング」

 受講料:4,800円 講師: 竹林雪
 メニュー: おかず蒸しパン・春雨スープ  
▶ 
お申込みはこちらから! (本クラスは満員です)

oyako.png 年中さんから小学生のお子さんと、パパかママの二人一組でご参加いただく人気のクラスです。
 今回のメニューはおかず蒸しパン…さて、どんなパンでしょう。
 特徴の第一は、ホットケーキミックスを使って、手軽にできること。そして、蒸しパンの中には、肉だねが入っていて、そう、肉まんのような蒸しパンなのです。肉だねの材料は粘り気が出るまでよく混ぜましょう。容器に生地、肉だね、生地の順に入れ、上記の上がった蒸し器で蒸します。冷めてもおいしいですが、熱々をふーふー召し上がっていただきたいです。
 スープは、ごま油でベーコンを炒め、塩と醤油で調味したさっぱり味の春雨たっぷりスープです。

 ぜひ、親子でお料理を楽しんでください。(本クラスは満員です)

 

 

◇10月19日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4200円 講師:石川美香
 メニュー:親子丼・なすと梨の和え物・きのこ汁
▶ お申込みはこちらから!


wasyoku10-IMG_4242.JPG 和食の定義はいくつかありますが、BELLEでは、ごはんと汁物がある食事の形を和食の基本と考えています。もっと和食を取り入れたいとお考えの方たちには和食メニューのバリエーションを、和食ってハードルが高そうと思っていらっしゃる方には、和食の基本的な調理法をお教えします。

 今期1回目は、世代を超えて人気の親子丼。まずは昆布とかつおぶしで基本のだしをとりましょう。和食のおいしさの秘訣の一つはだしにあります。そして親子丼の魅力と言えば、ふわふわ、トロトロの卵ですね。タイミングをしっかり見極めましょう。さらに今回の親子丼には、トマトが加わっています。お楽しみに。
 副菜は、季節の食材を使った和え物。和え物も和食によく登場しますね。食材の水分を樹分来て、和え衣で和えるのがポイントです。
 そして汁物も、季節感あふれるきのこ汁。ここでももちろんだしを使います。きのこ類はグリルで焼いて、香ばしさも加えてお椀に入れ、調味しただしを注いでいただきます。


 

◆10月20日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 竹林雪
 今月のテーマ:「豆腐の値段のカラクリ」
 
メニュー:biosupotop.png
 揚げ出し豆腐のきのこあんかけ・焼ききのこと春菊のゆず浸し 
▶ お申込みはこちらから!
                        
anzen10-IMG_4512.JPG お料理の前に、今の市場の問題点などをセミナーで確認してから、その日のテーマ食材を使ったお料理をお教えするBELLEならではのコースです。

 今期初回のセ ミナーでは、豆腐を取り上げます。豆腐は大豆と水と凝固剤があれば作れるシンプルな食べ物です。植物性たんぱく質を摂るためにも、小さいお子さんからお年寄りまで、日本人がずっと食べ続ける食材のひとつでもあります。その豆腐、ちまたでは値段に10倍近い差がありますね。その値段はどこから来るのでしょう? そのカラクリを探ると共に、自給率の低い大豆に違いについても詳しく考えてみましょう。


  クッキングは季節感満載の二品です。
 揚げ出し豆腐は、豆腐の水切りをしっかりし、粉を上手にまぶして揚げます。あんづくりのポイントは、しっかりとだしをとること、きのこ類は長さを揃えること、そしてだまにならないように上手にとろみをつけることです。
 ゆず浸しは、浸し汁にゆずの果汁と皮を加え、ゆずの風味をお楽しみいただきます。きのこは塩をして焼いてから浸し汁に漬けます。ほんのりとした香ばしさが漂います。
 

 


◇10月21日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円  講師: 石川美香 
 メニュー:biosupotop.png きのこご飯・ぶりの鍋照り・豚汁
 お申込みはこちらから!

kiso10-IMG_4267.JPG 和洋中の基本的な家庭料理を作れるようになるコースです。今期の初回はこれからの季節に嬉しい和食メニューです。

 秋の味覚きのこご飯は、炊き込みではなく、炊き上がったご飯に調理したきのこ類を加えるもの。4種類のきのこは鍋でから炒りしてから調味液で炒り煮しておきます。きのこの風味がより生きる調理法です。
 鍋照りは、フライパンで鶏肉や魚を焼き、醤油ベースの甘辛いたれからめる和食の調理法です。今回は、これから油がのっておいしくなるぶりを使います。
 豚汁は家庭では欠かせないメニューのひとつですね。1つのお椀にたっぷりの具材が入り、バランスのよい食卓の貴重な一品になります。具材それぞれの切り方を確認してください。そして、具材をお鍋に入れる順番にも注目です。先に炒めるもの、煮る段階で加えるものがあります。
  

 

 

◆10月22日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:きのこご飯・豆腐ハンバーグ        
▶ お申込みはこちらから! 
(1席のみ空きがあります)                  

 IMG_4675.JPGのサムネイル画像人気のコース、キャンセル待ちも多く、楽しみにお申込みくださった皆さまには、ご迷惑をおかけしております。

 今期初回は和食のメニュー。米とぎからしっかり覚えましょう。
 きのこご飯は、秋においしいきのこを使った炊き込みご飯です。水で炊いてもよいのですが、だしを使うとよりおいしくできあがります。今回は事前にだしを準備しておきますが、子どもたちにはコースの中でだしをとることも体験してもらいます。炊飯器で炊きますので、具材の準備ができればあとはラクチンです。
 豆腐ハンバーグのポイントは、豆腐の水切りをしっかりしておくことです。野菜はがんばってみじん切りしましょう。たねをしっかり練り合わせ、表面をカリッと焼き上げます。一口かじると、肉汁があふれ出ると共に、豆腐のふわっとした食感が楽しめます。

 

10月28日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:biosupotop.png
 押し麦とザーサイの炊き込みご飯・さんまの春巻き・豆腐と焦がしねぎのスープ                     
▶ お申込みはこちらから!

 egao10-IMG_4610.JPG料理の基礎を確認しながら、お得意料理のレパートリーを増やしていただくコースです。

 今期初回は、変わり中華の3品です。
 炊き込みご飯は、押し麦ともち米を使ったもちもちご飯。乾煎りした桜えびと味つきのザーサイを炊き込みます。桜えび、しょうが、ごま油、そしてザーサイによって生まれる中華の風味をお楽しみください。
 春巻きの中身は、3枚におろしたさんま、いんげん、パプリカ、みじん切りの玉ねぎ、カレー粉、マヨネーズを合わせて加えることで、独特の味わいになります。カラッと揚げて、熱々をいただきましょう。
 スープは焦がしネギの風味を効かせるのが特徴です。ほかの香味野菜はもちろん、ネギも焦げすぎないように注意します。少しとろみのついがこれからの季節に嬉しいスープです。
   
 

 

◆10月29日(日) 10時~12時 「キッズクッキングクラス」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:きのこご飯・豆腐ハンバーグ       
▶ お申込みはこちらから! 
(本クラスは満員です)                  

 人気のキッズコースと同じメニューお教えする1回のクラスです。

 IMG_4675.JPG今回は、コース10月と同じメニューです。米のとぎ方からしっかり覚えましょう。

 きのこご飯は、秋においしいきのこを使った炊き込みご飯です。水で炊いてもよいのですが、だしを使うとよりおいしくできあがります。今回は事前にだしを準備しておきますが、子どもたちにはコースの中でだしをとることも体験してもらいます。炊飯器で炊きますので、具材の準備ができればあとはラクチンです。

 豆腐ハンバーグのポイントは、豆腐の水切りをしっかりしておくことです。野菜はがんばってみじん切りしましょう。たねをしっかり練り合わせ、表面をカリッと焼き上げます。一口かじると、肉汁があふれ出ると共に、豆腐のふわっとした食感が楽しめます。

 

 

2017年9月各クラスのご案内

9月のBELLEの各教室をご紹介するページです。いよいよ今期最終月です。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

3日(日)10:00~12:00 親子クッキング  辛くないので子どもも大好きになります

9日(土)10:00~12:30 男の手料理 ごはんにあうヘルシー和食メニューです

12日(火)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ おしゃれなホームパーティに

14日(木)10:30~13:00 秋の会席料理 季節の食材を使った和食のおもてなし

15日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング食の安全  安全な卵って?

16日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん  いつもの調味料で中華を

21日(木)10:30~13:00これからの和食~ごはんを囲む食卓 和食ならではの季節感

23日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん バランスのよい中華メニュー

24日(日)10:00~12:00 キッズクッキング   ぎょうざ作りは任せて!

30日(土)10:30~13:00 洋菓子 生地にもクリームにもごまを使います

 

◆9月3日(日) 10時~12時 「親子クッキング」

 受講料:4,800円 講師: 小沼真里
 メニュー:タコライス・はんぺんとのりのスープ     
▶ 
お申込みはこちらから!

oyako9-IMG_3988.JPG 年中さんから小学生のお子さんと、パパかママの二人一組でご参加いただく人気のクラスです。
今回は、メキシコのタコスがもとになった沖縄発祥のタコライスと、おだしをしっかりとったはんぺんとのりのスープを作りましょう。

 まず、昆布とかつおぶしでおいしい一番だしをとることから始めます。だしの香りを感じてください。
そして、タコライスの野菜を切ります。みじん切りやさいの目切り、細切り…上手にできるでしょうか。にんにく、玉ねぎ、豚ひき肉を順に炒め、調味料を加えます。大人向けには、一味唐辛子などを使いますが、今回は風味づけにカレー粉を少々加えるだけなので、小さなお子さんでもおいしく召し上がっていただけます。
 ごはんをよそい、レタス、トマト、ひき肉をのせ、最後に細く切ったスライスチーズをのせ、よく混ぜながらいただきましょう。

 スープの決め手はおいしいだし。はんぺんを加え、お味をつけたら、生海苔をそのまま乾燥して焼いた海女のりを入れたお椀に注ぎます。海の恵みがたっぷり入ったスープを味わってください。(本クラスは満員です)

 

 

◇9月9日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小沼真里
 メニュー:biosupotop.png 鰯の梅煮・なすのごま和え・さつまあげとキャベツのお味噌汁                       
▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri9-IMG_3833.JPG ほぼ一年中手に入る鰯ですが、秋から冬にかけてもおいしい時期。今、注目されているDHA、EPAを豊富に含みます。健康が気になる方にお勧めの和食メニューです。
 鰯は頭と内臓を取ってきれいに洗います。お魚を扱ったことのない方には、これだけでも新鮮な作業ですね。梅干しと生姜を使うことで、生臭さが消え、おいしく仕上がります。煮物のコツも覚えてください。
 ごま和えは、和食の基本の和え物の一つ。和え衣の作り方を覚えましょう。茹でたなすの水切りもポイントです。
 みそ汁は、煮干しのだしをとることから。さつまあげが入ることでボリュームアップしますね。
 秋の訪れを感じさせ、ヘルシーな食卓をお楽しみください。

 

 

◆9月12日(火) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子 
 メニュー:鶏のバロティーヌ・じゃがいものガレット・マッシュルームのクリームスープ                      
▶ お申込みはこちらから!

mama9-IMG_3975.JPG ちょっとおしゃれなホームパーティに向くお料理です。
 バロティーヌとは、広げた鶏肉にひき肉などを包んだフランス料理のこと。教室では鶏のむね肉を広げ、炒めた野菜を加え調味した豚ひき肉を棒状にして包み、蒸し上げます。切り分けて盛りつけ、マヨネーズベースのドレッシングでいただきます。
 じゃがいものガレットは、せん切りしたじゃがいもに粉をまぜ、フライパンに敷き詰めて、焼き色がつくまで押さえながら焼いたもの。食感も楽しんでください。
 スープは手軽に作れるクリームスープ。玉ねぎを焦がさないようにしっかり炒めること、小麦粉を炒めたらダマが出来ないようにスープでのばすことがポイントです。(本クラスは満員です)

 

 

◇9月14日(木) 10時半~13時 「秋の会席料理」

 受講料:4,500円 講師: 石川美香
 メニュー:秋の五彩 胡麻山椒和え・大根のふろふき 吹き寄せ味噌・鶏丸のすまし汁~すっぽん仕立て・いちじくのコンポート    
▶ お申込みはこちらから!

kaiseki9-IMG_4038.JPG 季節の食材を使った和のおもてなし料理の特別クラスです。
 秋の五彩は、粟麩、こんにゃく、油揚げ、きゅうり、柿をごま和えしたもの。よくすったごまに、粟麩の煮汁を加えてクリーム状にして和えます。
 大根のふろふきは、下ゆでしだしで煮た大根に、えび、しめじ、いんげんを加えた吹き寄せ味噌を射込んだもの。色合いもとても美しく、お味も白味噌の風味が豊かです。
 すまし汁はすっぽん仕立て。長ねぎとしょうが汁の風味のきいたお吸い物です。鶏ひき肉にすった大和芋を加えることで、独特の食感が味わえます。
 デザートは、旬のいちじくのコンポート。赤ワインに砂糖を加え、いちじくをじっくり煮ます。とろっとした煮汁もポイントです。

 


◆9月15日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 竹林雪
 今月のテーマ:「安全な卵って?」
 
メニュー:里芋のドゥル天・ゴーヤチャンプルー  
▶ お申込みはこちらから!

                        

anzen9-IMG_3928.JPG セ ミナーでは、卵について考えます。「物価の優等生」と言われ続けている卵。でも、安売りのものから付加価値月のものまでいろいろです。日本は卵の消費量がとても多い国。日常の食卓に欠かせない卵だからこそ、生産から流通まで見えない裏側を追求してみましょう。

  クッキングは沖縄料理。ドゥル天はドゥルワカシ―という沖縄の伝統料理を揚げたもの。沖縄では里芋の一種の「田いも」を使うそうです。すりつぶした里芋に合わせる具材は、一度煮て味を含ませておきます。
 お馴染みのごーやチャンプルー。ゴーヤの下ごしらえ、豆腐の水切りなど、よりおいしくいただくためのポイントをしっかり身につけましょう。安心・安全な卵を使うのはもちろんです。

 


◇9月16日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円  講師: 小沼真里  
 メニュー:酢豚・ピリ辛きゅうり・白玉のごまだれかけ
 お申込みはこちらから!

 今期最後のメニューは中華。お肉もお野菜もたっぷりいただけるおいしい酢豚に挑戦です。
 kiso9-IMG_3957.JPG 豚肉は下ごしらえをして、カラッと揚げます。一手間ですが、この豚肉が酢豚のお味の決め手の一つ。
彩りのよい数種類の野菜を切り、調味料を合わせておくのは、中華料理の鉄則です。下準備ができたら、一気に炒めましょう。
 ピリ辛きゅうりは、味をしみこませるため、きゅうりをたたいてから切って塩をまぶします。つけだれを合わせ、水気を切ったきゅうりを漬けて味をなじませましょう。きゅうりの水気をしっかり切ることがポイントです。
 デザートは白玉のごまだれかけ。白玉粉と豆腐を合わせて団子を作り、茹でて水にとります。白玉粉のかたまりをあらかじめつぶしておくこと、お団子の柔らかさを水で調整することがポイントです。ごまだれは黒いりごまを使います。白玉もごまだれも冷やしておくとよりおいしくいただけます。

 


◆9月21日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料: 4,200円 講師: 石川美香
 
メニュー:太刀魚の照り焼き・お月見椀・菊の花のお浸し
▶ お申込みはこちらから!

wasyoku9-IMG_4021.JPG 見た目も美しい和食の基本を学ぶクラス。今期最終回も秋の風情をお楽しみください。
 くせがなく、どんなお料理にも向くと言われる太刀魚を照り焼きにします。粉をまぶした太刀魚の両面を焼き、調味料で煮からめます。きれいに仕上げるコツを学んでください。
 お月見椀は、鶏ひき肉の団子と茹でてすりつぶしたかぼちゃ、オクラの色合いがとても美しい椀物です。もちろん、一番だしをしっかりとって使います。見た目もお味もやさしい和食ならではの一品です。
 お浸しは、秋の食材菊を使います。一緒にいただくそうめんかぼちゃは金糸瓜とも呼ばれ、やはり今が旬。しゃきしゃきした食感を味わってください。

 
 
 

9月23日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:肉団子の甘酢あんかけ・タコとセロリの中華和え・きのこと糸寒天のスープ                     
▶ お申込みはこちらから!

 今期の締めくくりは中華のメニューです。
ouchigohan9-IMG_4060.JPG 肉団子は粘りが出るまでしっかり練って丸めたら、カリッと揚げます。この食感が中華の肉団子の特長です。甘酢案を煮立て、肉団子をからめます。白髪ねぎをたっぷりのせていただきましょう。
 中華の和え物では、練りがらしとごま油が味のアクセントです。材料は大きさを揃え、それぞれに下ごしらえをして合わせましょう。
 スープは秋の味覚きのこをたっぷり使います。ごま油でしっかり炒めることで風味が増します。糸寒天は器に入れておき、熱々のスープを注ぎます。
   
 

 

 

◆9月24日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 小黒雅子
 メニュー:ぎょうざ・中華やっこ        
▶ お申込みはこちらから!                   

 今期最後のお教室は、皆が大好きなぎょうざづくりです。
kizzu9-IMG_3826.JPG まず野菜をみじん切り。細かく切れるでしょうか。
次に肉あんづくり。ひき肉に調味料を加え、ねばりが出るまで、交代でよくまぜましょう。野菜を加えさらにまぜたら、包みましょう。上手にひだを寄せられるでしょうか。
 ぎょうざの焼き方にもポイントがあります。先生のお話しをよく聞いて、おうちでも皮はパリッと、中身はジューシーなぎょうざが焼けるようにがんばりましょう。
 もう一品は中華やっこ。トッピングのちりめんじゃこは、ごま油を熱したフライパンでカリッと炒めます。オクラとのりものせ、ポン酢でいただきます。一手間が冷奴をもっとおいしくしてくれます。(本クラスは満員です)

 

 

◇9月30日(土) 10時半~13時 「洋菓子」

 受講料:3,700円 講師: 上原智代
 メニュー:黒ごまロールケーキ         
▶ お申込みはこちらから!

yougashi9-IMG_3648.JPG お待たせしました。今期の洋菓子クラスはロールケーキをつくります。
今回は、ケーキの生地にも、クリームにも黒ごまを使います。風味の豊かなロールケーキです。

 お二人一組で生地やクリームを作っていただきます。失敗しないロールケーキの作り方をぜひマスターしてください。
 ごまクリームには、ねりごまとすりごまの2種類を使います。
 ご自分のものを巻いて、ラッピングしてお持ち帰りいただきます。お教室では、インストラクターが焼いたものを試食していただきます。(本クラスは満員です)

 

2017年8月各クラスのご案内

8月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

5日(土)10:00~12:30 男の手料理 ちょっとしたお集まりに腕を振るってください

18日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング食の安全   輸入野菜について考える 

19日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん 得意料理に加えてください

24日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓  夏のおもてなしに

26日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 彩りも美しいスペイン料理

27日(日)10:00~12:00 キッズクッキング 甘辛肉みその麺と甘いゼリーがピッタリ

 

◆8月5日(土) 10時~12時半 「男の手料理]

 受講料:4,200円 講師: 小沼真里
 メニュー:ペペロンチーノ・ステーキサラダ・ピーマンのチーズ詰め

 

IMG_3632.JPG ご家族だけでなく、お友だちをお招きしてのランチメニューにピッタリです。

 ペペロンチーノは、スパゲティの基本の一つ。シンプルですが、素材の風味が生きます。スパゲティの茹で加減を確認してください。

 牛肉を上手に焼いてマリネします。たっぷりの野菜にのせ、マリネ液をドレッシングとして添えれば出来上がり。ステーキ肉がのっただけで、ボリューム感が出て、ごちそうになりますね。
 ピーマンのチーズ詰めは、ミックスベジタブルを加えたクリームチーズをピーマンに詰めてよく冷やして切ったもの。ビールにもワインにもよく合いそうですね。見た目もきれいで、ちょっと楽しい一品です。

 本コースでは、半年に1回お食事の時、ご希望の方にお酒を楽しんでいただいています(実費です)。今回はそのお楽しみの回。喉をうるおし、一層おいしく召し上がってください。

 

◇8月18日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 竹林雪
 今月のテーマ:「輸入野菜について考える」
 
メニュー:豚しゃぶサラダ&納豆ドレッシング・とうもろこしご飯

                           
IMG_3618.JPG セ ミナーでは、輸入野菜について取り上げます。日本の輸入統計を見ると、さまざざまな野菜が世界中から輸入されています。半加工したものも加えれれば、さらにその種類も量も多くなります。
 でも、スーパーなどには、特定の野菜以外、輸入品は売られていないですね。一体どんな野菜がどんな国から日本に入ってきているのか、そしてそれはどんな形で私たちの口に入っているのか、考えてみませんか。
 

  今回のクッキングのポイントは、何と言っても納豆を使ったドレッシング。玉ねぎ、にんじん、にんにく、ごまも加わり、風味豊かなドレッシングが出来上がります。野菜は、氷水につけてパリッとさせ、豚肉と一緒にたっぷり召し上がってください。
 とうもろこしご飯は、生のとうもろこしを米と一緒に炊飯します。芯も一緒に入れて炊くことで、とうもろこしの香りを楽しむことができます。

 暑い夏にピッタリのメニューです。

 

◆8月19日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円  講師: 小沼真里  
 メニュー:オムライス・キャベツサラダ・冷製パンプキンスープ
 

IMG_3673.JPG 自分で上手につくれたらとあこがれるメニューってありませんか。今回はそんな中からオムライスに挑戦です。チキンライスはご飯がべたつかないように上手に炒めます。おいしいトマトケチャップも味の決め手です。オムレツは卵液をよく溶いて、一人ずつ作ります。今回は、包むタイプではなく、ふわとろオムレツののったオムライスです。
 キャベツのサラダは、少し幅広に切ったキャベツに味がなじむよう、調味料を混ぜ合わせてから、オリーブオイルを加え、さらに軽く重しをします。こうすることで、たっぷりのキャベツをおいしくいただくことができます。

 スープは栄養価が高く、暑い夏にもおいしくいただけるパンプキンスープ。にんじん、ほうれん草などほかの野菜にも応用できるので、作り方をしっかり覚えてください。

 

◇8月24日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料: 4,200円 講師: 石川美香
 
メニュー:冷しゃぶ~吉野仕立て・オクラのすり流し・冷やしぜんざい

 
washoku8-IMG_3442.JPG だしを取り終えた昆布や香味野菜を入れた湯に、薄く片栗粉をつけた豚肉を入れて火を通し、氷水で冷やします。つるっとした肉はのど越しもよく、暑い夏の栄養源にピッタリです。野菜もぱりっとさせていただきましょう。長ねぎやにんにくの入ったたれも、夏バテ防止に最適です。
 こちらも夏ならではのオクラのすり流し。だしをしっかりとり、大和芋、オクラと一緒にミキサーにかけ、滑らかにします。口当たりもよく、栄養もあり、色合いもきれいなので、夏の和の食卓に映えますね。
 3品目は和スイーツ。こしあんを使うので、手軽にできます。白玉粉を練る時の水は、様子を見ながら加えます。食後の会話が一層弾むお楽しみメニューです。
 
 

 

◆8月26日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:スパニッシュオムレツ・ガスパチョ・ビーンズスパイスマリネ

 

ouchigohan8-IMG_3873.JPG 本場スペインではトルティージャと呼ばれるスペイン風のオムレツ。炒めた玉ねぎやじゃがいもを溶き卵に混ぜ、丸く焼きます。今回は彩りのアクセントとして赤いカラーピーマンを加えます。お好みでケチャップをかけていただきます。
 ガスパチョはスペイン南部のアンダルシア地方が発祥の冷たいスープ。トマトを主に、多くの野菜が入るので「飲むサラダ」と言われるとか。また、ガスパチョはアラビア語で「びしょぬれのパン」の意味がある通り、ぬらしたフランスパンも材料として使います。
 3品目はクミンシードの風味がきいた豆のマリネ。ミニトマト、セロリ、玉ねぎ、黒オリーブを小さく切って一緒に漬け込み、冷たくしていただきます。

  

◇8月27日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:ジャージャー麺・ミルクゼリー                                                        

kizzu8-IMG_3828.JPG  甘辛の肉みそを麺にのせていただくジャージャー麺。子どもにも食べられるよう辛くせずに作ります。トッピングのきゅうりはできるだけ細い千切りになるようがんばります。中華麺を茹でたら水で洗いましょう。こうする方がしゃっきりしておいしくいただけます。
 ミルクゼリーでは、粉寒天の扱いを覚えましょう。沸騰したら弱火で2分、しっかり煮ます。粗熱をとったら器にいれ、冷蔵庫で冷やします。みかんの缶詰を飾ってできあがりです。缶詰のシロップもかけてみてください。ジャージャー麺を食べた後のゼリーは、また格別です。

 

2017年7月各クラスのご案内

7月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

2日(日)10:00~12:00 キッズ・お菓子  一人でお菓子作りができるようになります 

4日(火)10:30~13:00 カジュアルにおもてなし~セイボリータルトでワインを 

8日(土)10:00~12:30 男の手料理 宮崎県の郷土料理に夏らしいメニューを添えて

11日(火)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ 夏休みに子どもと一緒に楽しく

15日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん バランスのよい和食メニュー

20日(木)10:30~13:00これからの和食~ごはんを囲む食卓 和食の基本満載です

21日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング食の安全  海の恵みを味わうために

22日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん デザートつきのおしゃれランチ

23日(日)10:00~12:00 キッズクッキング   夏休みに作ってみましょう

30日(日)10:00~12:00 キッズクッキングクラス 夏休みに作ってみましょう

 

◆7月2日(土) 10時~12時 「キッズ・お菓子」

 受講料:2,500円 講師: 上原智代
 メニュー:バナナッツマフィン

kizzuokashi7-IMG_2850.JPG 小学校3年生以上の子どもたちのお菓子のクラスです。
 今回は、バナナとピーナッツが入ったマフィン。ラッピングしてお持ち帰りです。

 二人一組で作業を進めますが、おうちで一人でもできるように、粉ものの計量もしっかり教えていただきます。はかりの使い方、風体の引き方を覚えて、さあ、実際に計ってみましょう。バナナは筋を取って手でちぎり、ピーナッツはビニール袋の上からすりこ木や麺棒でたたきます。
 材料の準備ができたら、生地づくりです。今回はホイッパー一つで混ぜます。粉以外の材料をよく混ぜたら、粉をさっくり大きくまぜます。ペーパーカップに入れてオーブンへ。

 焼き上がりが楽しみで、オーブンをのぞきたくなりますね。焼き色がついて、竹串を指して生地がついてこなければOKです。

 お持ち帰りのマフィンは、さあ、だれにプレゼントしましょうか。(本クラスは満員です)
 

 

◇7月4日(火) 10時半~13時 「カジュアルにおもてなし~セイボリータルトでワインを楽しむ」

 受講料:4,500円 講師: 小黒雅子
 メニュー:セイボリータルト2種・ポテ(フランスの煮込み料理)・いかとブルーベリーのサラダ

kajyuaru-IMG_2841.JPG カジュアルで、ちょっとおしゃれなお招きランチにピッタリのメニューをお教えするクラスです。
ワインによく合いますので、お教室でもご希望の方に冷えた白ワインを召し上がっていただきましょう。

 セイボリータルトは甘くないお食事タルト。タルト生地に油脂を使わないのが特徴です。生地は練らないように気をつけながら、折りたたんでは伸ばす作業が基本です。冷蔵庫で休ませてから、伸ばして切り取り、焼き型に詰めて焼きます。今回のフィリングは2種類。なめらかなマッシュポテトの上にあめ色玉ねぎをのせたものと、スモークサーモン、玉ねぎ、アボカドをマリネしたものです。あめ色玉ねぎの甘さにきっとビックリされることでしょう。

 ポテはフランスのポトフのようなお料理。本場では、豚肉と酢漬けのキャベツが入るのが特徴。BELLEでは下ごしらえをしておいた塩豚とじゃがいも、にんじん、セロリ、キャベツ、玉ねぎを加え、自然なお味を楽しんでいただきます。お鍋で煮込むだけなので、お時間さえあれば、活躍しそうです。

 イカとブルーベリーのサラダは、ヨーグルトとマヨネーズを使ったドレッシングが決め手。ブルーベリーの酸味がアクセントになり、彩りもきれいです。

 

◆7月8日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小沼真里
 メニュー:チキン南蛮・みょうがとお揚げの酢の物・トマトのすり流し汁

otokonoteryouri7-IMG_2891.JPG チキン南蛮は、宮崎県発祥のお料理。カラッと揚げた鶏肉に甘酢をかけ、タルタルソースでいただきます。男性はもちろん、お子さんも大好きな一品ですね。パパの株もぐーんと上がりそうです。
 酢の物には、夏の食材きゅうりとみょうがを使います。暑い夏にも活躍しそうなメニューですね。基本の合わせ酢をしっかり覚えましょう。
 トマトのすり流し汁は、完熟トマトを使った、彩りもあざやかでまさにこの季節ならでは。冷たく冷やして召し上がってください。

 

◇7月11日(火) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 石川美香
 メニュー:焼売・パリパリサラダ・中華コーンスープ

mama7-IMG_3112.JPG 手作りが格別おいしい焼売づくり。夏休みにお子さんと一緒にいかがですか?
焼売の肉あんを上手に作るコツをしっかり覚え、おうちでぜひ生かしてください。皮に包んで蒸し器に入れれば、あとは蒸し上がるのを待つばかり。蒸し器のふたを開けたときの、お子さんの歓声が聞こえそうです。
 パリパリサラダは、焼売の皮を細く切って、少なめの油で揚げ、野菜にトッピングします。ドレッシングは、マヨネーズ、ヨーグルト、ケチャップを使ったお子さんも大好きなお味。
 ここにコーンスープが加わって、栄養満点、おいしさ抜群のお食事ができあがりです。

 

 

◆7月15日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円  講師: 小沼真里  
 メニュー:biosupotop.png 鯵の塩焼き・ひじきの五目煮・豆腐サラダ
 

 kiso7-IMG_3433.JPG和食に欠かせない焼き魚。上手に焼くのは案外むずかしいものです。
旬の鯵の基本的な扱いを覚え、きれいに焼くコツも学びましょう。甘酢に漬けたみょうがをだいこんおろしと一緒に添えると、ちょっとグレードアップですね。
 ひじきの五目には、常備菜としても重宝します。海藻、根菜、大豆を一度にいただける栄養価の高いおかずでもあります。お弁当のおかずにもピッタリですね。
 豆腐サラダは、ポン酢を使っていただくので、とっても手軽。乾煎りした桜えびが風味を加えます。お豆腐のこんな食べ方も楽しいですね。
 魚に植物性たんぱくに海藻に野菜…バランスのよい和の食卓ができあがりです。

 

◇7月20日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料: 4,200円 講師: 石川美香
 
メニュー:えびと野菜のかき揚げ・玉子豆腐入り冷やし椀・たこときゅうりの酢の物

 
IMG_3464.JPG 季節を大切にする和食の基本を学べるクラスです。
 えびやにんじんのかき揚げは一年中楽しめますが、旬の食材を加えると季節感もたのしめますね。サクサクっとおいしく上げるコツもぜひ身につけてください。
 一番だしをしっかりとって、玉子豆腐を手作りしましょう。蒸し上がった玉子豆腐を覚まし、冷たくしただし汁をかけます。きゅうりの飾り切りも趣きを添えます。
 酢の物のきゅうりの下ごしらえは、板摺と立て塩。これも和食ならではの工夫です。塩蔵のわかめは塩抜きし、熱湯をかけることで、色鮮やかになります。
 食材を生かし、おいしくいただく和食の基本調理法や工夫を楽しく学ぶことができます。
 


◆7月21日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 竹林雪
 今月のテーマ:「海の恵みを味わい続けるために」
 
メニュー:鯵と野菜の照り焼き・寒天豆腐

                           
anzen7-IMG_3140.JPG セ ミナーでは、海の現状を考えます。温暖化の影響は? 放射能は? 世界の魚食ブームは? 日本人の消費は? 色々な視点で海の今を見つめ、これからも海の恵みを味わい続けるために、できることを考えてみたいと思います。

  クッキングでは、いろいろな調理法が楽しめる鯵を照り焼きにしていただきます。こんがり焼いた鯵と季節の野菜を甘辛の調味料で煮詰めれば、ご飯のがとってもすすみそうです。いろいろな野菜で楽しめそうです。
 寒天豆腐は、豆乳を寒天で固めたもの。何と言ってもたっぷりの薬味を用意するのが特徴です。一番だしをしっかりとって作っただし醤油をかけていただきます。今年の夏に大活躍しそうなメニューです。

 

7月22日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:夏野菜のナポリタン・えびとズッキーニのカクテルサラダ・カスタードゼリー

 今月は、ouchigohan7-IMG_3656.JPG夏にピッタリ、おしゃれなランチメニューです。
 夏野菜のナポリタンには、その名の通り、ピーマン、かぼちゃ、なすが加わります。見た目も楽しく、緑黄色野菜がとれてうれしいですね。
 カクテルサラダも、季節の野菜ズッキーニを使います。きれいに盛り付けて、ソースも上手にかけましょう。
 夏のランチに欠かせない冷たいデザートは、バニラの香りをきかせた牛乳と卵ベースのゼリー。ゼラチンの扱いをしっかり覚えてください。
 
 

◆7月23日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:スープカレー・リボンサラダ                                                        

  kizzu7-IMG_3182.JPG夏はカレー! 今回は、そのままスープとしていただいても、ごはんにかけても、ごはんをのせたスプーンですくって一緒に食べてもいいスープカレーです。ポイントは、玉ねぎをしっかり炒めることと、鶏肉をヨーグルトに漬けておくこと。野菜も上手に切りましょうね。
 リボンサラダってどんなサラダ? そう、にんじんとズッキーニをリボンのように長くするんです。ピーラーを上手に使ってやってみましょう。ドレッシングは油を最後に混ぜ合わせるのがポイントです。
 夏休みにぜひおうちの方に作ってあげてくださいね。(本クラスは満員です)

 

 

◇7月30日(日) 10時~12時 「キッズクッキングクラス」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:スープカレー・リボンサラダ

kizzu7-IMG_3182.JPG 本コースと同じメニューを実習するクラスです。
いつも満員でキャンセル待ちをお願いするキッズクッキングコース。ときどき、このような1回だけのクラスを行います。
初めてのお子さんでも安心してお料理を楽しめるよう、インストラクターが丁寧に指導します。(本クラスは満員です)
 

2017年6月各クラスのご案内

6月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

3日(土)10:30~13:00 和菓子 香りと口触りのさわやかな手作り和菓子

4日(日)10:00~12:00 キッズクッキングクラス 栄養たっぷりできれいな蒸しパン

7日(水)10:30~13:00 わが家のベーグルランチ きれいでおしゃれなランチです 

10日(土)10:00~12:30 男の手料理 段取りを上手に中華の食卓を整えましょう

13日(火)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ 注目される持ち寄りメニュー

15日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 和食材をアレンジ

16日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング食の安全  安心して油を使うために

17日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん 餃子ではじめるわが家の中華

18日(日)10:00~12:00 親子クッキング  トマトの水煮缶を使ってハヤシライス

24日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん ソテーのソースとスープに注目

25日(日)10:00~12:00 キッズクッキング   パン粉を上手につけてフライに挑戦

 

◆6月3日(土) 10時半~13時 「和菓子]

 受講料:3,150円 講師: 上原智代
 メニュー:レモン大福・葛ようかん

wagashi6-IMG_2914.JPG 和菓子人気が高まっています。でも、買っていただくもの…ですよね。手作りに挑戦すると、和菓子の奥深さがわかります。結構力仕事?と皆さんびっくりされますが、出来上がったときの喜びは大きいです。
 今期は初夏にふさわしい香りと食感のさわやかな2品をつくります。

 レモン大福は、求肥生地にレモンの皮を、白餡にレモン汁を使い、さわやかな香りとお味を楽しんでいただきます。こがさないように気をつけながら、生地をしっかり練るのが少し大変。お教室では交代でがんばります。生地に餡を包む技も覚えてください。今回は小さめに仕上げます。

 葛ようかんは、まろやかな食感が魅力です。笹にくるんで、香りも楽しんでいただきます。溶いたくず粉を半返しの状態まで練り、流し缶に入れて蒸しあげます。この工程も和菓子ならでは。見た目も、舌ざわりも、お味も上品で、和菓子の真髄を感じさせてくれます。

 

◇6月4日(日) 10時~12時 「キッズクッキングクラス]

 受講料:3,800円 講師: 小黒雅子
 メニュー:にんじん蒸しパン・ジャーマンポテト                       

 kizzu5-IMG_2597.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像にんじんがたっぷり入った蒸しパンを作ります。フードプロセッサーを使えば、簡単ににんじんを細かくすることができます。 全ての材料を混ぜたら、絞り袋を使ってカップに絞り入れ、蒸気の上がった蒸し器で蒸し上げます。オレンジの色がきれいで、ふわっと仕上がります。
 ジャーマンポテトは、ドイツの家庭料理。ゆでたじゃがいもとかりっと炒めたベーコン、玉ねぎを合わせて、塩こしょうで味付けしたお料理です。切り物は分担して、炒める時はヤケドに気をつけて、協力して仕上げましょう。
 オマケの簡単なカップスープは、余った材料とコンソメスープの素で作ります。

 

◆6月7日(水) 10時半~13時 「わが家のベーグルランチ]

 受講料:4,500円 講師: 石川美香
 メニュー:ベーグル・レタスとアボガドのスープ・アプリコットババロア

be-guru-IMG_2785.JPG 巷で相変わらず人気のベーグルは、外はカリッ、中はもっちりの食感が魅力です。おうちで作れたらうれしいですね。彩りもきれいで栄養価の高いスープ、季節限定!のババロアと共に、お友だちをお招きして楽しいランチはいかがですか。

 ベーグルは、生地をつくってドーナツ型にし、茹でてからオーブンで焼く、独特の製法です。ぜひ、ポイントをしっかり覚えて、おうちでトライしてください。クリームチーズやスモークサーモン、野菜をはさんだり、ジャムをはさんだり…楽しく召し上がってください。

 レタスとアボカドのスープは、材料をミキサーにかけるだけですが、事前にスープにひと工夫しておくことがポイントです。ちょっとした手間がお料理のおいしさをぐっと引き上げてくれます。

 オレンジ色がかわいらしく、甘酸っぱさがたまらないアプリコットババロア。ゼラチンの扱いなどのポイントをしっかり押さえてください。干しあんずやアプリコットジャムは通年楽しめますが、あんずの旬は6月下旬から7月中旬。この季節にしか手に入れられない生のあんずを使って、ご家庭でババロアを楽しんでいただきたいと思います。(本クラスは満員です)

 

 

◇6月10日(土) 10時~12時半 「男の手料理]

 受講料:4,200円 講師: 石川美香
 メニュー:牛肉のオイスターソース炒め・豆腐と枝豆の塩和え・豆腐と春雨のスープ

otokonoteryouri6- IMG_2624.JPG いろいろな食材を使った栄養バランスのよいおうち中華ごはんの3品です。

 炒めものの鉄則は、食材の下準備、調味料の準備を万全に、一気に炒め揚げることです。野菜は大きさが揃うように、それぞれにあった切り方をいたしましょう。炒める順番に並べておくといいですね。ちょっとしたことですが、おいしさの決め手になります。

 豆腐と枝豆の塩和えは、ごはんもお酒もすすみそうな一品。さっぱりしていて風味も豊かで、箸が止まらないかもしれません。こんな工夫はご家族にも喜ばれるのではないでしょうか。

 スープは、香味野菜でベースの鶏がらスープに中華の風味をつけます。この一手間がおいしさをプラスしてくれます。具材の春雨、春菊、豆腐はいずれも火を入れすぎず、ふわっと仕上げましょう。

 

◆6月13日(火) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子
 メニュー:ミニトマトとベーコンのキッシュ・ズッキーニのレモンマリネ・簡単ティラミス

mama6-IMG_2954.JPG 持ち寄りのランチ会にお勧めしたいメニューです。ママたちが大好きなメニュー、彩りもきれいで、歓声が聞こえてきそうですね。

 キッシュはパイ生地から作るとハードルが高くなりますが、春巻きの皮を使えば手軽にできます。今回は、ミニトマトを使って、かわいらしく仕上げます。アパレイユ(中に流し入れる生地)の作り方を覚えれば、いろいろに楽しめそうですね。

 今からが旬のズッキーニは、カラーピーマンと一緒にマリネにして、さっぱりいただきましょう。色鮮やかですね。マリネ液にレモン汁とレモンの皮を使い、より一層さわやかです。

 デザートがあるとうれしいママたちのお集まり。カステラをしき、クリームチーズと生クリームを使って作るティラミス風のデザートです。きっとみんなに作り方を聞かれますね。(本クラスは満員です) 

 

◇6月15日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料: 4,200円 講師: 石川美香
 
メニュー:鯖缶カレー・しらすトルティージャ・和風ピクルス

 
wasyoku6-IMG_2527.JPGのサムネイル画像 和の食材を洋風にアレンジする楽しいメニューです。かわいらしく盛りつければ、お友だちをお呼びしてのランチにもピッタリです。
 
 鯖缶でカレー?と驚かれる方も多いのではないでしょうか。これがカレーの具材にピッタリなんです。おまけに、入っている野菜には、里芋、なす、しし唐も…これは一度食べてみないわけにはいきませんね。
 
 トルティージャは、スペインの卵焼き(オムレツ)で、じゃがいもが入っているものが多いですが、このコースでは、しらすと枝豆を使います。チーズをのせた面をこんがり焼きましょう。
 
 ピクルスは西洋の漬物ですが、今回は、つけ汁に昆布や醤油を使い、野菜はお馴染みのもののほか、レンコンを使います。夏に向かう季節、色々な野菜でぜひお試しいただきたい一品です。
 
 

 

◆6月16日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 竹林雪
 今月のテーマ:「安心して油を使う~原料から精製まで」
 
メニュー:花シューマイ・ナッツ入り豆苗炒め

                           
anzen6-IMG_2508.JPG セ ミナーでは、油について考えます。油の評価は時代によって変わっていきます。かつて、身体にいいと言われていた油が、いつの間にか健康の敵になっているなどということも、珍しくありません。でも、じっくり考えてみると、精製の仕方などの問題でもありそうです。安心して、お料理に油を使えるよう、その世界をのぞいてみましょう。

  クッキングは、中華2品です。いつものシューマイもこんなアレンジで、楽しくなりますね。肉あんのこね方など、おいしいシューマイづくりの基本を確認しながら、つくりましょう。
 豆苗はエンドウの若菜で、もともとは中華の高級食材。ビタミン類を豊富に含んでいます。カシューナッツには、鉄分やミネラルが豊富…この組み合わせの魅力がよく分かります。手軽にできて不足しがちな栄養がとれる一品は、何度も食卓に登場しそうです。

 

◇6月17日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円  講師: 小沼真里  
 メニュー:焼き餃子・ニラ玉・オクラの中華スープ
 

kiso6-IMG_2770.JPG 皆が大好きな餃子。おいしく上手に作れるようになりたいですね。ニラ玉もスープも、家庭で作る中華の基本です。しっかり覚えて、何度でも作っていただきたいです。

 餃子はまず野菜のみじん切りから。そしてひき肉に調味料を加えて、しっかり混ぜること、これが第一のポイントです。野菜も加えて肉あんが完成したら、皮に包みます。包み方はいろいろですが、自分にあったやり方で、回を重ねるごとに上手に包めるようになります。包み終わった餃子は焼くまでどんなふうに置いておくかも大切です。
 そしていよいよ焼いていきましょう。焼き目はカリッと、中はふわっと…コツをつかんでくださいね。

 ニラ玉も炒め方にポイントがあります。材料をすべて用意して、一気に仕上げましょう。卵がふんわりでき上がるとうれしいですね。準備は万端、一気に炒める…これが基本です。

 今日のスープは、鶏の手羽を使ってとります。手羽中についている肉は、スープがとれたら骨からはずし、具材としていただきましょう。スープの素を使わず、かと言って鶏がらからおうちでスープをとることもなく、こんな工夫でおいしいスープが作れたらうれしいですね。ぜひ覚えてください。
 

 

◆6月18日(日) 10時~12時 「親子クッキング」

 受講料:4,800円(2人1組)  講師: 竹林雪
 メニュー:ハヤシライス・キャロットオレンジゼリー                                                      

 oyako6-IMG_2873.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像年中さんから小学生までが、パパやママと親子でお料理するクラスです。

 今回のメニュー、 ハヤシライスは、薄切り牛肉と玉ねぎをデミグラスソースで煮たものをごはんにかけていただく料理。外国から入ってきた料理を日本でアレンジし、定着したと言われます。今回は、トマトの水煮缶とコンソメスープをベースに、子どもにも食べやすいハヤシライスを作ります。やけどやけががないように、注意しながら切ったり、炒めたり、煮込んだりしていきましょう。

 キャロットオレンジゼリーは、にんじんの入ったジュースとみかんのジュースを混ぜ、かんてんで固めます。かんてんは沸騰してから2分くらいしかり煮るのがポイントです。きれいなゼリーうれしいですね。 (本クラスは満員です) 

 

 

6月24日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:カジキのソテー・ガーリックポテト・押し麦と人参のスープ

ouchigohan6-IMG_2671.JPG お魚を使ったちょっとおしゃれなお料理です。魚料理のバリエーションとしても活躍しそうです。

 カジキのソテーでは、魚の水気をよくふいてから塩、こしょうし、薄力粉をまぶします。粉を薄く、まんべんなくつけられるようにしましょう。にんにくのいい香りがしたら、カジキを焼きます。底に、ソースの材料を順番に加えて仕上げていきます。刻みピクルスとトマトの酸味のきいたおいしいソースがからまります。

 ガーリックポテトは、じゃがいものまわりが焦げないように、160℃の低温から弱火でじっくり揚げるのがポイントです。にんにく、ローズマリーもカラッと揚げます。ローズマリーの香りが引き立つさわやかな一品です。

 大麦を蒸気で加熱してやわらかくし、平たくしたものが押し麦。この押し麦を使った野菜スープが3品目です。にんじんをたっぷり使います。セロリは風味が強いので、押し麦のやさしいお味を損なわないよう、少し少な目に。
 スープは、冷凍の鶏がらスープに香味野菜を加えて煮たものを使います。パセリの軸、にんじんや玉ねぎの皮などを冷凍して取っておき、洋風スープを作る時に活用しましょう。コンソメスープの素を使わなくても、おいしいスープを作ることができます。

お申し込みはこちらから↓
http://www.studio-belle.com/entry/form.cgi

 

◆6月25日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 竹林雪
 メニュー:あじフライ・きゅうりとわかめの酢の物                                                      

 kizzu6-IMG_3154.JPG 今月は、旬の鯵を使って、揚げ物に挑戦です。

 まず、衣を上手につけましょう。塩、こしょうしたら、薄力粉、卵、パン粉の順にしっかりつけられるかな。
油の温度を確かめて、そーっと油に入れます。ちょっと怖いけど、油の近くに手を持っていくのがポイントです。カラッと上手に揚げましょう。
 そして、付合せのキャベツのせん切り。がんばってできるだけ細く切りましょう。

 酢の物にも、きゅうりのうす切りがあります。こちらも薄く切る練習です。仕上げのごまはひねりながらかけましょう。(本クラスは満員です) 

2017年5月各クラスのご案内

5月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

9日(火)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ 彩りのきれいな中華のお弁当

13日(土)10:00~12:30 男の手料理 お休みの日家族が大喜びのブランチメニュー

18日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 まさに食文化の継承

19日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング食の安全  「麩」の原料を探る

20日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん  手作りはやっぱり違います

27日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 一味変わった牛丼です

28日(日)10:00~12:00 キッズクッキング   栄養たっぷりできれいな蒸しパン


 

◇5月9日(火) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子
 メニュー:biosupotop.png 中華風スペアリブ・そら豆と卵の塩炒め・中華ピクルス

mama-5-IMG_2375.JPG たまにはこんな中華のお弁当はいかがですか? もちろん、普段のお食事にも。
 スペアリブは骨付きの豚のバラ肉。骨のそばの肉は、とくに味がよいとされています。煮込むことで、濃厚な味とコクが出ます。スペアリブは、両面を焼いてから、中華の代表的な香辛料八角を使って煮ます。八角は、豚肉の臭みを消し、独特の風味のあるスパイスです。中華の香りを楽しんでください。
 旬のそら豆を卵と合わせたさっぱり味の炒め物は彩りもとてもきれい。卵は半熟に大きく焼き、一度取り出して最後にあわせます。
 ピクルスはお好きな野菜で作ってください。こちらも彩りがきれいで、お弁当を華やかにしてくれます。ごま油と唐辛子をきかせた中華味のピクルスはいくらでもいただけそうです。(
本クラスは満員です) 

 

 

◆5月13日(土) 10時~12時半 「男の手料理]

 受講料:4,200円 講師: 小沼真里
 メニュー:フレンチトースト・ニース風サラダ・コーンチャウダー 

otokonoteryouri5-IMG_2544.JPG 休日のブランチに腕を振るってください。バランスのとれたおいしいメニューに、ご家族の大喜びの笑顔は間違いありません。

 フレンチトーストは、溶いた卵と牛乳を合わせた液をパンにしみ込ませ、バターを熱して焼いたもの。表面はカリッと、中はしっとりしたパンを味わってください。今回は、お食事用の塩味のもの(サレ)と、デザートにもなる甘いの(シュクレ)の2種類をつくります。
 ニース風サラダは、茹でたじゃがいもとゆで卵た入ったサラダ。フレンチドレッシングでいただきます。今日のドレッシングはお酢の代わりにレモン汁を使って作ってみましょう。
 コーンチャウダーは、ベーコン、玉ねぎを炒めてうま味を出した牛乳ベースのスープです。栄養価も高く、満足感のあるスープです。

 

 

◇5月18日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料: 4,200円 講師: 石川美香
 
メニュー:てこね寿司・豆腐の田楽・あら汁
 

wasyoku5-IMG_2643.JPG ごはんと汁物のある食卓を和の基本と考え、季節の食材を生かしたお料理をお教えするコースです。今回は、日本各地で古くから食べられている伝統料理のご紹介です。
 てこね寿司は、志摩地方の漁師料理が原型と言われます。刺し身を醤油などで作ったタレにつけ、すし飯と合わせていただくお寿司です。今回は旬の鯵を使います。お教室ではおろした鯵を使いますが、ご家庭であらが出たら、それを使ってあら汁を作りましょう。
 あら汁では、あらの処理の仕方を覚え、きれいに仕上げましょう。お野菜もたっぷりいただけます。
 平安から室町時代の農村に端を発する
田楽は、串にさして焼いた豆腐に味噌をつけていただく料理。いつもの味噌を調味して弱火にかけ、練り上げます。この季節ならではの木の芽を加えた木の芽味噌は絶品です。
 

 

 

◆5月19日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 竹林雪
 今月のテーマ:「麩の原料を探る」
 
メニュー:
biosupotop.png 車麩の香り揚げ・車麩の煮物                           

anzen5-IMG_2488.JPG 今回は、麩がテーマです。セ ミナーでは、栄養価がありながら、最近使われることが少なくなった麩の原材料を取り上げます。麩は、室町時代に中国から伝わり、江戸時代に広まりました。小麦のグルテンが原料で、植物性のたんぱく質と多様なミネラルを含み、低カロリーな食品として、食卓に取り入れたい食品です。歴史ある食べ物ですが、原料の小麦の自給率は低く、輸入に頼っているうえ、麩の製造業者も減っています。原料から製造まで、麩の向こう側を探ってみます。

  クッキングは、たくさんの種類がある麩のなかで、新潟県や石川県が主な産地である車麩を使った2品です。
車麩の香り揚げは、すりおろした車麩に青のりなどを混ぜた衣をつくり、下味をつけた車麩をその衣で揚げるもの。それぞれの衣の香りを楽しんでください。
 車麩の煮物は、だしを効かせ、味をしみこませて作ります。基本的な煮物ですが、麩が入ることで、栄養価も増し、幅広い年代の方に美味しく召し上がっていただけます。

 

 

◇5月20日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円  講師: 小沼真里  
 メニュー:スパゲッティミートソース・ハーブサラダ・トマトジューススープ

kiso5-IMG_2809.JPG でき上がったパスタソースがたくさん売られています。それらを使ってパスタ料理を召し上がる方が多いかもしれません。でも、ミートソースの作り方を覚え、作りおいてオムレツに使うなどすれば、食卓のバリエーションもひろがります。水煮のトマトとトマトケチャップを使って、ゆっくり煮込んだ手作りミートソースのお味は格別です。
 ハーブサラダのドレッシングももちろん手作り。プレーンヨーグルトの酸味を活かしたやさしいお味です。少しの工夫でいろいろなバリエーションを楽しめ、無駄がないのが、手作りドレッシングの魅力です。
 スープは、トマトジュースをそのまま使った手軽な一品。とりがらスープ、牛乳を使い、手軽でも本格的な味わいを楽しめるのが特徴です。



 
◆5月27日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:トマト牛丼・ハリハリ漬け・春キャベツの味噌汁

ouchigohan5-IMG_2461.JPG トマトが入った牛丼? と不思議に思われるかもしれませんね。トマトの酸味がアクセントになり、さっぱり感が増して、おいしくいただけます。ぜひお試しいただきたい一品です。温泉玉子をのせ、全体を混ぜてめしあがっていただきます。温泉玉子の上手な作り方を覚えてください。
 ハリハリ漬けは、きざみ昆布や唐辛子と漬けだれを合わせて、切干大根を漬けこむだけ。切干大根は、いちょうに切ったものを使います。せん切りのものとは違う食感をお楽しみください。
 味噌汁は、煮干しだしをとりましょう。味噌汁の具材に旬の食材を使うと、それだけで食卓に季節感が出ます。今とても美味しい春キャベツ、煮すぎないようにしてください。
 
 すまし汁は、だしとりが命。コースで通ってくださっている方たちは、もう何度も実習してきましたが、ご家庭でも習慣にしていただけているでしょうか。おだしの香りをかみしめてください。

 


 

◇5月28日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 小黒雅子
 メニュー:にんじん蒸しパン・ジャーマンポテト                                                 

 にんじんがたっぷり入った蒸しパンを作ります。フードプロセッサーを使えば、簡単ににんじんを細かくすることができます。 kizzu5-IMG_2597.JPG全ての材料を混ぜたら、絞り袋を使ってカップに絞り入れ、蒸気の上がった蒸し器で蒸し上げます。オレンジの色がきれいで、ふわっと仕上がります。かりっと炒めたベーコンとタマネギを加えて、塩・こしょうで味付けしたもの。
 ジャーマンポテトは、ドイツの家庭料理。ゆでたじゃがいもとかりっと炒めたベーコン、玉ねぎを合わせて、塩こしょうで味付けしたお料理です。切り物は分担して、炒める時はヤケドに気をつけて、協力して仕上げましょう。
 オマケの簡単なカップスープは、余った材料とコンソメスープの素で作ります。(本クラスは満員です) 

2017年4月各クラスのご案内

いよいよ2017年度春・夏の教室スタートです! 4月の各教室のご案内です。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

8日(土)10:00~12:30  男の手料理 だし、寿司飯、卵焼き…料理の基本が満載です

11日(火)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ お菓子もうれしいママ友ランチ

15日(土)10:30~13:00基礎から学べるおうちごはん和食の定番料理を身につけます

20日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 乾物を使いこなします

21日(金)10:30~13:00セミナー&クッキング食の安全もっと体にいいヨーグルト?

22日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 竹の子たっぷり春の和メニュー

23日(日)10:00~12:00 キッズクッキング  キッズだって野菜の旬を意識します

 

◆4月8日(土) 10時~12時半 「男の手料理]

 受講料:4,200円 講師: 小沼真里
 メニュー:いなり寿司・卵焼き・鯛とうどのお吸い物

 

otoko-IMG_2192.JPG 今期もお料理を楽しみ、少しずつ腕を上げ、ご家族にちょっぴり頼りにされるようになっていただくべく、インストラクターが丁寧に指導してまいります。ご期待ください。
 初回は、和食の基本満載のメニューです。便利なものが出回っていはいますが、昆布とかつおぶしでとる一番だしと二番だしは基本中の基本であり、お料理の味をぐっと引き上げます。一番だしはお吸い物に、二番だしは油揚げを煮るのに使います。
 
 米をとぎ、ご飯を炊き、寿司飯をつくります。基本のいなり寿司をしっかり実習し、ご家庭ではバリエーションもお楽しみください。
 卵焼きも基本のメニューですが、ふんわり上手につくるのは案外むずかしいですね。コツを身につけていただきます。いなり寿司と卵焼きが上手にできれば、春の行楽弁当に大活躍です。
 お吸い物はだしが決め手。季節の食材を使ってお上品なだしの香りとお味を堪能してください。食材の映える澄んだお吸い物は、食卓をグレードアップしてくれます。

 

 

◇4月11日(火) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 石川美香
 メニュー:彩野菜の蒸し物・生姜ご飯・抹茶ブッセ                                                            

mama-IMG_2240.JPG 小学校3年生までのお子さんをお持ちのママとパパを対象としたスペシャルなクラスです。キャンセル待ちをお願いする人気コース。今期も多彩なメニューに取り組みます。
 今月のテーマは春のママ友ランチ。彩り野菜の蒸し物では、季節の野菜を楽しむと共に、おいしい豚肉も味わっていただきます。そして何といっても注目は2種類のつけダレ。大葉と梅干しのグリーンが美しいタレと、玉ねぎの自然な甘味が活きたタレ、どちらもママたちが大喜びすることでしょう。
 新生姜をふんだんに使った生姜ごはんは、いくらでもいただけそう。ここは手抜きをせずに、昆布とかつおぶしでしっかりおだしをとりましょう。
 そして…ママたちの大絶賛の声が聞こえてくるような抹茶ブッセ。フランス語で「一口」の意味を持つブッセ、さっくりとしたビスキュイ生地にクリームやジャムをはさんだお菓子です。今回は、抹茶を合わせたクリームをはさみます。楽しいおしゃべりが聞こえるような楽しいテーブルですね。
(本クラスは満員です)

 

 

◆4月15日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円  講師: 小沼真里  
 メニュー:生姜焼き・ブロッコリーのごま和え・玉ねぎとわかめの味噌汁
 

kiso -IMG_2345.JPG 家庭料理の定番メニューを実習するクラスです。基本的な調理技術を一つずつ学び、おうちでつくってみることで、どんどん腕が上がります。生徒さんたちの上達がとてもうれしいコースです。

 今期初回はこれぞ家庭の和食の基本!の3品をつくります。
生姜焼きなら簡単と思っていらっしゃいますか。つけ汁につけた肉を焦がさず、硬くならないように焼き、上手に味をからめるコツをしっかり身につけましょう。
 ごま和えでは、すり鉢の使い方を覚えてください。和え衣がつくれれば、季節の野菜を使って、一年中ごま和えが楽しめます。栄養価の高いごまを食卓にたくさん取り入れたいですね。
 みそ汁も実は、季節を感じることのできるもの。まずは煮干しでだしをとります。だしも和食の基本です。具材を準備し、火を通したら味噌を溶き入れ、決して煮立たせないこと…ネット検索のレシピにも書いてありますが、加減を自分の目で確かめることが大切です。

 

 

◇4月20日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料: 4,200円 講師: 石川美香
 
メニュー:biosupotop.png 桜えびとごぼうの炊き込みごはん・切り干し大根の炒め煮・高野豆腐とクレソンと竹の子のスープ

 
wasyoku-IMG_2171.JPG ごはんと汁物のある食卓を和の基本と考え、季節の食材を生かしたお料理をお教えするコースです。和の食材の扱い方、和食の基本的な調理法を学びながら、和食文化を堪能してください。
 今期初回は、季節の食材に加えて、乾物を徹底的に使いましょう。桜えび、切干大根、高野豆腐、板麩が登場します。
 まずは、昆布とかつお節で一番だしをとります。和食の基本中の基本ですね。台所にだしの香りが漂うだけで、幸せな気持ちになりませんか?
 炊き込みご飯は土鍋で炊きます。ごぼうをできるだけ薄いささがきにするのがポイントです。和食ならではの包丁使いも身につけましょう。
 切り干し大根の使い方もきっといつもと違います。洗い方、戻し方、使い方…おいしい切干大根の煮物のカギはここにあります。
 スープは一番だしをベースに、高野豆腐、板麩、竹の子といった和食材を使いながら、クレソン、香菜、ナンプラーを加える和食のアレンジメニュー。こういった工夫も楽しいですね。食卓に上る機会が少なくなっている高野豆腐や麩ですが、栄養価は高く常備できますから、もっと使いこなしていただきたく、そのきっかけになればうれしいです。
 季節を感じるやさしいお味の3品、ご家族にもきっと喜ばれます。
 
 
 

◆4月21日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 竹林雪
 今月のテーマ:「もっとカラダにいいヨーグルトって?」
 
メニュー:スパイシーチキン・ヨーグルトスピナッチ

                           
semina-IMG_2189.JPG 毎回違うテーマでのセミナーを聞いた後、関連の食材を使った料理をお楽しみいただくクラスです。学んで、つくって、食べる…ほかにはない贅沢なコースをぜひのぞいてみてください。

 今月のセミナーでは、今、市場を大いににぎわしているカラダによさそうな「機能性食品」の中から、40品目以上が出回っているヨーグルトを取り上げます。ヨーグルトはそもそもその高い栄養価と乳酸菌のおかげで、腸内環境を整えるなど、カラダにいいはず。機能性食品を名乗るヨーグルトは、何がどのようにいいのでしょうか? 探ってみましょう。

  クッキングは、スパイスの効いたつけ汁につけてから焼くスパイシーチキン。つけ汁にはヨーグルトも入ります。特製ドレッシングで野菜も一緒にいただきましょう。
 ヨーグルトスピナッチは、炒めたほうれん草を水きりヨーグルトとレモン汁で和えたもの。ディップとしてパンやクラッカーなどにのせていただくのもいいですね。
 
 

 

4月22日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:竹の子ごはん・竹の子の鶏つくね・あさりのすまし汁

 

egao-IMG_2210.JPGのサムネイル画像 基礎的な調理技術をおさらいしながら、お料理のレパートリーを広げていただくクラス。基礎コースのステップアップ編として、ますますお料理の腕をみがいていただくコースです。

 4月は春の食材を使った和食メニュー3品、すべてに竹の子を使います。竹の子ごはんは、土鍋で炊いてみましょう。意外と簡単で、うっすらおこげが魅力です。竹の子のゆで方、一番だしのとり方を覚えてください。
 竹の子の鶏つくねには角切りにした竹の子が入ります。これもこの季節ならでは。ついでに小さく切ったしめじも加えましょう。味も食感もプラスされます。
 すまし汁には竹の子の穂先を使います。一年中手に入るあさりですが、春と秋が旬でおいしい時期。昆布のだしにあさりの旨味が加わって、おいしいお吸い物になります。
 

 

◆4月23日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 竹林雪
 メニュー:鶏つくね・若竹汁                                                          

  kizzu IMG_2324.JPG今期も元気なキッズたちと、楽しくお料理します。年長さんから小学生を対象としたこのコース、何年か通っているお子さんたちは、メキメキとお料理の腕を上げています。もちろん、習ったお料理をおうちの方と一緒につくっているお子さんの上達が早いことは、言うまでもありません。

 4月は和食のメニューをつくります。今日のテーマはおいしいだしをとること。玉ねぎのみじん切りがあるので、包丁の持ち方もしっかり勉強しましょうね。
 鶏つくねは、ひき肉と調味料をしっかり混ぜて粘り気が出るまで練るのがポイントです。これはハンバーグも一緒ですね。ふんわりしたおいしいひき肉料理の秘訣です。おいしいたれをお野菜にもからめていただきましょう。

 季節のお吸い物若竹汁は、だしが決め手。だしのとり方だけでなく、風味もしっかり感じましょう。調味をする時はお味見をし、塩の塩梅をグループで相談して決めます。
 4人グループで協力してお料理を進めましょう。苦手なものにチャレンジすることも大切です。そしてお食事のときには、「本日のクイズ」があります。今日使った材料についてもちょっぴりお勉強して、食材選びからできるようになってほしいからです。
(本クラスは満員です) 

2017年3月各クラスのご案内

3月のBELLEの各教室をご紹介するページです。いよいよ今期最終月です。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

5日(日)10:00~12:00 キッズクッキングクラス おうちの方とつくりましょう

9日(木)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ ママ友ランチで大人の味を

11日(土)10:00~12:30 男の手料理 大切な方を笑顔にするメニューです

16日(木)10:30~13:00 春のおもてなし 春色でウキウキするすてきなお料理

17日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング食の安全 簡単スープパスタの裏側

18日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん 自慢のハンバーグとデザート

23日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 体にやさしい家庭の味

25日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 和食の基礎を身につけましょう

26日(日)10:00~12:00 キッズクッキング  切り口がきれいな韓国のり巻き

 

 

◆3月5日(日) 10時~12時 「キッズクッキングクラス」

 受講料:3,800円 講師: 小黒雅子
 メニュー:マカロニグラタン・ツリーケーキ                                                      

  kizzu12-IMG_0980.JPGのサムネイル画像熱々のマカロニグラタンとかわいいツリーケーキ。
  グラタンのホワイトソースは、みんなで頑張って粉をいためて、牛乳でのばして…上手に作れるでしょうか。下ごしらえができたら、キャセロールに入れ、チーズとパン粉を振って、オーブンへ。
 グラタンが焼けるまでの間に、ツリーケーキをつくります。小さく切ったカステラを生クリームを接着剤に積み上げて言います。生クリームはもちろん飾りにもなります。そして、小さく切ったフルーツをすき間に飾り、粉糖の雪を散らせば、かわいいツリーの出来上がり。生クリームの扱いはちょっとむずかしいですが、今日は、工作みたいなお料理。たまにはこんな楽しいお料理もいいですね。(本クラスは満員です) 

 

 

◇3月9日(木) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 石川美香
 メニュー:韓国風唐揚げ・キムチご飯・ホットック                                                            

mama3-IMG_1622.JPG ピリ辛の大人の味で、ママ友ランチはいかがですか? 人気の韓国料理は皆さんに喜んでいただけますね。

 唐揚げは、鶏肉の下味は塩こしょうだけ、じゃがいもと鶏肉を揚げたら熱いうちにたれにからませます。このたれが、韓国料理に欠かせない唐辛子味噌コチュジャンに、すりおろしたにんにくやしょうが汁を加えたピリ辛味。いろいろ使い道がありそうです。
 キムチご飯は、下味をつけた牛肉と白菜キムチを米の間にはさむようにして炊きます。手軽にできておいしくて…食べすぎ注意!かもしれません。
 ホットックは、中に甘い餡が入ったホットケーキのような、おやきのような韓国のお菓子です。教室では、黒砂糖、シナモンを効かせたくるみを餡にします。ピリ辛料理の後にほっとする甘さがたまりません。
(本クラスは満員です) 

 

 

◆3月11日(土) 10時~12時半 「男の手料理]

 受講料:4,200円 講師: 小沼真里
 メニュー:シーフードドリア・グリーンサラダ・甘夏の白ワインジュレ

 

otokonoteryouri3-IMG_1525.JPG 彩りもきれいで、女性が大喜びするメニューです。大切な人のためにぜひ腕をふるい、笑顔の食卓をお楽しみください。

 シーフードドリアでは、なんと言ってもホワイトソースづくりがポイント。具材を炒めてバターを加えたら、薄力粉をこがさないようにしっかり炒め、牛乳を少しずつ加えていきます。ごはんの上にかけ、チーズをのせてオーブンへ。少し焦げ目がついて見るからにおいしそうですね。
 グリーンサラダは、ドレッシングづくりがポイントです。今回は白ワインビネガーと粒入りマスタードを使い、オリーブオイルで作ります。ドレッシングがいい塩梅にからんだサラダは、いくらでもいただけそうです。
 デザートは、今まさに旬の甘夏みかんに、白ワインのジュレをかけたおしゃれな一品。少しゆるめに固めたゼリーが甘夏の酸味によくあいます。

 

 

◇3月16日(木) 10時半~13時 「春のおもてなし」

 受講料: 4,500円 講師: 石川美香
 
メニュー:壺焼き・ローストポークの春サラダ・いちごのババロア

 
omotensi-IMG_1855.JPG テーブルいっぱいに春のワクワクが広がります。お友だちをお誘いして、あるいは、この季節ならではのお集まりにぜひ作っていただきたいメニューです。
 壺焼きは、クリームシチューを作って器によそい、別に作ったパン生地を器のふちにかぶせてオーブンで焼きます。いただくときは、パンをこわして、シチューと一緒にどうぞ。
 ローストポークの春サラダは、彩りどりで楽しいサラダ。うど、グリーンアスパラに、美生柑やいちごが加わります。ローストポークはオーブンで焼くことがほとんどですが、お教室ではフライパンで焼いて、茹でて、むらす…作り方です。ぜひ覚えてください。ドレッシングにも美生柑をたっぷり使い、さわやかなお味を楽しんでいただきます。
 いちごのババロアも春ならではのデザート。お客様の喜ぶ顔が浮かびますね。
 

 

◆3月17日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 竹林雪
 今月のテーマ:「インスタントスープでパスタって当たり前なの?」
 
メニュー:あさりとしめじの納豆スープスパゲティ・かぶとささみのサラダ

                           
anzen3-IMG_1779.JPG セ ミナーでは、手軽に食べられバリエーションも豊富なインスタントのスープスパゲティや、インスタントスープを使った(それでも手作り?)スープスパゲティを取り上げ、インスタントスープの裏側に迫ります。
 どんな原材料が使われているのでしょう? 実は、インスタントのスープは、どれもみな同じベースで出来てしまうことを確認し、シンプルでおいしい家庭のスープを見直しましょう。


  クッキングは、あさりとしめじと納豆のマッチングが楽しいスープスパゲティを作りましょう。シンプルな鶏がらスープをベースにします。素材の味も生かしつつ、〇〇エキスなんて使わないおいしさを味わってください。
 かぶとささみのサラダは、ごま油の風味とハチミツの甘さがおいしいドレッシングでいただきます。ドレッシングもたくさん市販品がありますが、手作りが一番です。

 

 

◇3月18日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円  講師: 小沼真里  
 メニュー:ハンバーグ・キャベツと豆のスープ・パンナコッタ
 

kiso3-IMG_1457.JPG 家庭の洋食メニューです。ハンバーグは簡単なようですが、よりおいしく作るためにはポイントがあります。材料のこね方、形作り、焼き加減、そしてソースの工夫、付け合わせ…料理の基本がたくさん組み込まれています。
 スープは、キャベツと豆ミックスをつかったもの。こちらもシンプルながら味わいのあるスープです。
 3品目はお楽しみのデザート。パンナコッタは、牛乳と生クリームをゼラチンで固めたイタリアの洋菓子。つるりとした口当たりで、デザートにピッタリです。キウイのソースがおしゃれです。

 


◆3月23日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料: 4,200円 講師: 石川美香
 
メニュー:麦とろ・豆腐ハンバーグ・春キャベツの味噌汁

 
 
wasyoku3-IMG_1810.JPG ごはんと汁物のある食卓を和の基本と考え、季節の食材を生かしたお料理をお教えするコースです。今回は、日本人が昔から食べてきた栄養価の高い食材を使ったメニューです。
 麦とろは、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含んだ山芋を使い、米よりミネラルや食物繊維が何倍も含まれている麦を米と一緒に炊くことで、ますます栄養価アップです。
 豆腐も味噌もすぐれた大豆の加工品。言うまでもなく、植物性たんぱく質の宝庫です。
 豆腐ハンバーグは、豚挽き肉と豆腐だけでなく、一手間かけたレンコンや生しいたけも加えて、丁寧に作ります。照り焼きソースを上手にからめて、おいしくいただきましょう。
 定番の味噌汁は、季節の具材で楽しみたいですね。煮干しだしをとりましょう。
 

 

3月25日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:かき揚げ2種・菜の花のごま和え・はんぺんと海苔のすまし汁

 

ouchigohan3-IMG_1424.JPG 今期最終回は、ご家庭でぜひつくっていただきたい和食の基本メニューです。
 かき揚げは、ごぼう&人参、むきえび&三つ葉の2種類を作りましょう。衣のつけ方、油の温度、カラッと揚げる方法をぜひ学んでください。彩りもきれいですね。
 ごま和えも和食の基本的な副菜メニュー。白ごまをすり鉢でしっかりすり、和え衣の作り方を覚えましょう。具合は水分を十分にとってから和えることがポイントです。
 すまし汁は、だしとりが命。コースで通ってくださっている方たちは、もう何度も実習してきましたが、ご家庭でも習慣にしていただけているでしょうか。おだしの香りをかみしめてください。


 

◆3月26日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 小沼真里
 メニュー:キンパ・韓国風スープ                                                          

  kizzu3-IMG_1844.JPG今期最終回は、韓国ののり巻き、キンパに挑戦します。韓国では酢飯を作りません。炊き上がったごはんに塩とごま油を混ぜます。のりにも、ごま油と塩をつけましょう。具材の下準備が終わったら、のりにご飯と具材をのせて巻きましょう。
 韓国風スープは、牛肉と豆もやし、ニラを使います。だしの素になる煮干しも最初にしっかり炒めます。ごま油と煮干しの風味がきいています。仕上げにコチュジャンを少々足すと、大人向けのお味になります。(本クラスは満員です) 

2017年2月各クラスのご案内

2月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ

4日(土)10:30~13:00 季節の洋菓子  失敗なくシフォンケーキを作れるように

5日(日)10:00~12:00 親子クッキング 親子で材料を切ったり、白玉をこねたり

9日(木)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ 子どもと一緒に作りましょう

11日(土)10:00~12:30 男の手料理 変わり唐揚げと野菜の副菜でバランスよく

17日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング食の安全 シャキシャキ野菜のヒミツ

18日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん ふんわり焼売を手作りで

23日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 和食の基本調理法満載

25日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 家庭で人気のエスニック料理

26日(日)10:00~12:00 キッズクッキング 今日のランチは任せて!

 

◆2月4日(土) 10時半~13時 「季節の洋菓子」

 受講料:3,700円 講師: 上原智代
 メニュー:チョコレートシフォンケーキ  

yougashi2-IMG_1546.JPG

 シフォンケーキがしぼんでしまったなどの失敗をされた方も多いのではないでしょうか。シフォンケーキの特徴は、ふんわりとやわらかい食感ですね。ふんわり上手に作るコツをしっかり身につけてください。
 メレンゲをしっかり泡立て、生地の材料をよく混ぜ、オーブンの温度や時間をしっかり確認しましょう。
 余った卵黄を使って、アングレーズソースを作り、おしゃれに盛りつけましょう。デザートソースの一種アングレーズソースは、バニラの香り豊かなカスタードソースです。 (本クラスは満員です) 

 

 

◇2月5日(日) 10時~12時 「親子クッキング」

 受講料:4,800円 講師: 小沼真里
 メニュー:中華丼・みかんジュースの白玉                                                   

 親子で楽しくお料理する人気のお教室です。 oyako2-IMG_0901.JPG年中さん以上のお子さんとママかパパが分担、協力して、お料理をすすめます。
 中華丼は、ごはんを炊き、豚肉や野菜を切り、調味料を合わせ、水溶き片栗粉を準備し、順番に炒めましょう。おいしい中華のポイントは、準備万端、固いものから一気に炒めることです。ご飯の上にたっぷりかけて、熱々を召し上がれ。

 デザートはみかんジュースの白玉です。白玉粉を練る時に、水ではなく、みかんジュースを加えます。すると…オレンジ色のかわいい白玉団子ができますよ。あらかじめ作っておいたシロップに白玉団子を浮かべ、キウイを飾ります。皆が大好きなこねこね、丸める作業は本当に楽しいですね。(本クラスは満員です) 

 

 

◆2月9日(木) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 石川美香
 メニュー:春キャベツのニョッキ・にんじんとオレンジのサラダ・蒸しプリン                                                           

IMG_1349.JPG 外はまだまだ寒いですが、ワクワクする春色のテーブルです。子どもたちも大好きなメニューです。

 ニョッキは、じゃがいもやカボチャなどに小麦粉を混ぜて作るコロンとしたパスタの一種。今回は、じゃがいもを使います。丸める作業、おうちでは、お子さんたちが手を出したがるかもしれませんね。パウダーチーズが加わっていて、風味も豊かです。

 見た目も鮮やかなにんじんとオレンジのサラダ。オレンジの果汁を使ったドレッシングはとてもさわやかです。ローストしたアーモンドが香ばしさを添えてくれます。

 デザートは蒸しプリン。素材の味が活きるプリン。安心安全な卵と牛乳を使った手作りプリンのおいしさは格別です。「す」が入らず、抜群のなめらかさのプリンをつくるコツをしっかり覚えてください。(本クラスは満員です) 

 

 

◇2月11日(土) 10時~12時半 「男の手料理]

 受講料:4,200円 講師: 竹林雪
 メニュー:甘酒漬け鶏の唐揚げ・セロリとにんじんのわさび醤油漬け・ツナポテサラダ

 

IMG_1307.JPG 老若男女問わず大好きな鶏の唐揚げ。今回の特徴は、甘酒だれに漬けることです。甘酒は調味料としても役立ちます。甘酒にセロリの葉、にんにく、しょうがを加えた甘酒だれをぜひお楽しみに。片栗粉を上手にまぶし、カラッと揚げるコツも覚えてください。付け合わせに素揚げのセロリの葉はいかがでしょうか。

 二品目は、こちらもセロリをつかったわさび醤油漬け。保存袋に入れて簡単に作れ、箸休めにピッタリ、止まらないおいしさです。

 ポテトサラダは、いつもの材料にツナを加えたアレンジバージョン。先に下味をつけてから、マヨネーズで和えることがポイントです。そうすれば、自然にカロリーカットができますよ。
 男の手料理のクラスでは、半年に1回(期ごとに1回)、お食事の際に、ご希望の方にお酒を楽しんでいただいています。今回が「ビールの日」。ぜひ、お楽しみにお出かけください。

  

 

◆2月17日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 竹林雪
 今月のテーマ:「シャキシャキ野菜のヒミツ」
 
メニュー:biosupotop.png
 沢煮風茶漬け・大根と手羽中の竜田揚げ

                           
anzen2-IMG_1520.JPG 外食や中食の多い方や一人暮らしの方などは、野菜不足が気になりますね。スーパーの惣菜売り場や、コンビニには、豊富なサラダが並びます。野菜売り場にはカット野菜も多いです。セミナーでは、いつまでもシャキシャキな野菜のヒミツを探ります。

  クッキングは、汁かけごはんと大根の揚げ物です。興味をそそるメニューですね。

 沢煮椀と言えば、豚の脂身と野菜が入りますが、この沢煮風茶漬けは、肉を使わないさっぱり味の汁をかけるので、食欲のない時も(ある時ももちろん)、ご飯をさらさら頂けます。
 大根に下味をつけ衣をつけて揚げる大根の竜田揚げ。意外なおいしさに驚かれることでしょう。手羽中のおいしさは言わずもがなです。柚子の香りもお楽しみください。

 

◇2月18日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」

  
 受講料: 4,200円  講師: 小沼真里  
 メニュー:焼売・白菜の甘酢漬け・中華炊き込みご飯

IMG_1286.JPG

 ご家庭の定番料理にしていただきたいメニューです。焼売は買ってくる…という方が増えているようですが、手作り焼売は何と言っても、ふんわり感が違います。ひき肉料理のポイントですが、まず、肉と調味料を粘りが出るまでよく混ぜることです。そのあと、片栗粉をまぶした玉ねぎ、みじん切りの生姜を加えて、さらによく混ぜ合わせます。
そしていよいよ皮で包みます。上手に包んでくださいね。蒸気の上がった蒸し器で蒸して、熱々を召し上がってください。

 白菜の甘酢漬けは、辣白菜と呼ばれ、こちらも中華の定番です。塩をした白菜に煮立てた調味液を熱いうちに回しかけ、最後に煙が出るくらい熱したごま油を回しかけます。ここが中華らしい調理のポインです。

 中華炊き込みご飯は、うるち米ともち米を半々使うことで、もちもち感を楽しみます。下味をつけた豚肉、たけのこ、干し椎茸、人参を大き目のみじん切りにしたものを一緒に炊き込みますから、下準備さえできれば手軽に楽しめます。

 

 

◆2月23日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料: 4,200円 講師: 石川美香
 
メニュー:ちらし寿司・甘夏と帆立の黄身酢和え・わかめと生麩の吸い物

 
wasyoku2-IMG_1588.JPG ごはんと汁物のある食卓を和の基本と考え、季節の食材を生かしたお料理をお教えするコースです。今回は、春の訪れを感じさせる彩りも美しいメニューです。そして、和食の基本的な料理技術が満載でもあります。
 ちらし寿司は、すし飯の作り方、錦糸卵の作り方をしっかり覚えて、おいしく、きれいに作りましょう。
 この季節ならではの甘夏を使った黄身酢和え。魚介や野菜の和えものに使われる黄身酢は、甘酢に卵黄を加えた栄養価の高いもの。材料を湯煎にかけてゆっくり混ぜて火を通し、冷ましてから使います。
 わかめと生麩の吸い物は、もうこのコースではすっかりおなじみですが、昆布とかつおでおいしい一番だしをとることから始めます。吸い物に欠かせない吸い口として、針生姜と木の芽を散らすとより一層、春の食卓が引き立ちます。
 

 

2月25日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:しいたけの肉詰めエスニック風・牛肉のフォー・かぼちゃのココナッツミルク煮

IMG_1301.JPG

 今回は、人気のエスニックに挑戦です。お弁当のおかずにもなるしいたけの肉詰めですが、クミンシードを加えた肉あんを使い、さらにカレー粉の効いたソースをかけるのが特徴です。エスニックの香りが漂います。
 フォーは、米粉で作ったベトナムの麺。透明のスープに魚醤の風味が特徴的です。鶏ガラスープを使いますが、牛肉や香味野菜の風味も生かす方法を覚えてください。
 かぼちゃのココナッツミルク煮は、タイのデザート。冷たくしてもおいしいですが、今回は温かくして召し上がっていただきます。

 お友だちとのランチにも楽しいメニューですね。

 

◆2月26日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 竹林雪
 メニュー:ピザトースト・コーンチャウダー                                                           

  kizzu2-IMG_1609.JPG子どもたちの大好きなピザ。今日は、お休みの日のランチに活躍しそうなピザトーストにします。玉ねぎ、マッシュルーム、ピーマンを上手に薄く切りましょう。食パンにピザソースを塗り、野菜とウインナーソーセージ、チーズを上手にのせて、オーブンで焼きます。トロトロのチーズがたまりませんね。

 コーンチャウダーでは、玉ねぎ、じゃがいも、ベーコンを小さな角切りにします。
炒め方がポイントですよ。小麦粉を振り入れたら、粉っぽさがなくなるまでしっかり炒めます。お友だちと交代しながら、焦がさないように気をつけて炒めましょう。
(本クラスは満員です)