トピックス

今月のベルの最近のブログ記事

2018年11月各クラスのご案内

2018年11月の各教室のご案内です。お早目にお申し込みください。
特設ページもあわせてチェック!

\ 秋冬レッスンのお申し込み・ご確認はこちらをクリック! /

BELLE_LPbannar.png

 


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

9日(金)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪  お魚をもっと食べましょう

10日(土)10:00~12:30  男の手料理  家族に人気、ヘルシー食材で作る和食

16日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  ポストハーベスト農薬って

17日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん  バランスのよい家庭の中華

18日(日)10:00~12:00 キッズクッキングB チヂミのたれもドレッシングも手作り

22日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 栄養もバランスも抜群

24日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 野菜たっぷり人気の韓国料理

25日(日)10:00~12:00 キッズクッキングA お魚を上手に焼き野菜はできるだけ細く


 

11月9日(金) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小沼真理 
 メニュー:biosupotop.png 鯖のカレー竜田揚げ・引き菜炒り・さつま汁

▶ お申込みはこちらから!                     

mama11-IMG_9159.JPG お魚をおいしく食べられるメニューを知りたいと思っていらっしゃる方が多いようです。お子さんも喜ぶ竜田揚げはいかがでしょうか。カレー粉が鯖の臭みを消してくれますが、量はお好みで。下味をつけたら、汁気をよく切って、粉をまぶしましょう。カラッとおいしく揚がるコツも学んでください。
 引き菜炒りは福島県の郷土料理です。引き菜とは、大根やにんじんの千切りのこと。油揚げも加えて炒め、甘辛く味付けます。ご飯によく合うおかずです。
 さつま汁は言わずと知れた薩摩(鹿児島)の郷土料理。豚肉か鶏肉、根菜類と芋を加えた具だくさんの味噌汁です。寒さに向かう時期にうれしいお料理です。

 このメニューで、お子さんたちもたっぷりのお野菜を食べられますね。

 

 

◆11月10日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:biosupotop.png 豆腐ハンバーグ・切り干し大根の酢の物・簡単納豆汁

▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri11-IMG_9136.JPG 今月はヘルシーな食材を使ったヘルシーな和食です。ほっとするお味にご家族にも喜ばれますね。ヘルシーでもボリューム感はありますから、若い皆さんにも気に入っていただけることでしょう。
 豆腐ハンバーグのポイントは、豆腐の水切りをしっかりすること。方法と加減を覚えてくださいね。れんこんが加わるので食感も楽しみです。今日は一番だし、二番だしをとります。豆腐ハンバーグにかけるあんには二番だしを使います。
 2品目は、普段に煮物にすることの多い切り干し大根を使った酢のものです。きゅうり、にんじん、ハムと合わせ、三杯酢で和えます。サラダ感覚の和え物はたっぷりいただけそうです。
 汁物は、一番だしを使った納豆汁。納豆、豆腐、油揚げ、味噌…なんと大豆三昧です。本来は、納豆をすり鉢ですって使うのですが、今回は手軽にチャレンジしていただくため、ひきわり納豆を使います。これならそのまま入れることができます。

 

 

◇11月16日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 小沼真里
 今月のテーマ:ポストハーベスト農薬から輸入果実の安全性を探る
 
メニュー:
レモン鶏・レモンの皮のかき揚げ
     
▶ お申込みはこちらから!
                        
anzen11-IMG_8985.JPG ポストハーベスト農薬ってご存知ですか? 読んで字のごとく「収穫後にかける農薬」のことです。輸入の農作物が保管や輸送の途中で、かびたり、腐ったり、虫がついたりしないためのものですが、残留性が心配です。食料の輸入国日本、どんなポストハーベスト農薬が使われているのでしょうか。対策はないのでしょうか。セミナーで考えてみましょう。

  お料理は、ポストハーベスト農薬の心配のない、国産レモンを使った2品です。
最初はレモン鶏。スライスしたレモンをのせた鶏肉を蒸し煮します。たれにもレモンをたっぷり使い、ふんわり蒸したお肉をさっぱりいただけます。
 2品目はレモンの皮のかき揚げ。メニュー名だけで興味津々ではありませんか? 千切りのさつまいもとにんじん、彩りの三つ葉と共に、せん切りしたレモンの皮を加えて、かき揚げにします。早く食べてみたい! ぜひぜひお楽しみに。

 ごま酢和えの長芋はめん棒で軽くたたいて味がしみ込みやすくします。春菊の葉は生でいただきます。さっと湯通しした豚肉と共にごま酢で和えますが、このごま酢オリーブ油を使うのが特徴です。

 

 

11月17日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師:
石川美香 
 メニュー:麻婆豆腐・中華風焼きなす・中華コーンスープ

 お申込みはこちらから!

kiso11-IMG_8950.JPG 家庭での中華の定番、麻婆豆腐を作ります。材料を準備したら、手早くどんどん炒め、煮込んでいきましょう。ひき肉の炒め方、香味野菜や豆板醤・甜麺醤を炒めるタイミングなど、しっかり覚えてください。そして仕上げに水溶き片栗粉で上手にとろみがつけば、大成功。
 中華風焼きなすは、まずなすをグリルでしっかり焼きます。つけ汁は前もって用意しておき、皮をむいて切ったなすを熱いうちに漬けるのがポイントです。
 スープも中華の定番、コーンスープです。こちらも水溶き片栗粉でとろみをつけ、溶き卵を回し入れます。卵がふんわりしておいしいスープのできあがりです。
 この3品が作れれば、中華のおいしい食卓がしっかり完成です。(本クラスは満員です)

 

 

◇11月18日(日) 10時~12時 「キッズクッキングB」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:チヂミ・ささみと春雨のサラダ
   
▶ お申込みはこちらから!                   

IMG_8789.JPGのサムネイル画像    今月は、韓国料理でおなじみのチヂミを作ります。

 チヂミは、水で溶いた小麦粉に野菜や魚介類を加えて丸く焼く、韓国風お好み焼き。お教室では、豚肉を使います。具材を分担して切り、交代で粉と水を混ぜ具材も加えたら、二人で1枚焼きます。片面が焼けたら上手にひっくり返しましょう。こんがり焼き上げます。甘酸っぱいたれを作っておきましょう。焼きあがったチヂミを切ってお皿に並べ、たれを添えます。

 サラダはささみがふんわりするようにさっと煮て、にんじんを余熱で蒸します。ドレッシングをシッカリ混ぜておいて、全部の材料と合わせましょう。いりごまをふれば、一層韓国の香りがしますね。きゅうりは斜め薄切り、にんじんは短冊切り。いろいろな切り方を少しずつ覚えていきましょう。(本クラスは満員です)

 

 

◆11月22日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:石川美香
 メニュー:biosupotop.png
 カキフライ・ひじきの五目煮・豆腐の葛引き

▶ お申込みはこちらから!

wasyoku11-IMG_9316.JPG カキのおいしいシーズンになりました。カキフライは日本で生まれた洋風メニューと言われます。和のおかずと合わせてもしっくりするお料理ですね。カキの扱いをしっかり覚え、衣はサクッと、中はふんわりおいしいフライを作りましょう。
 ひじきの煮物は常備菜としてもお役立ちメニューです。「五目」には、5種類のということではなく、たくさんのと言う意味があります。ですからこのお料理にもご家庭の冷蔵庫にあるほかの材料を加えていただいてもかまいません。煮物はできたてもおいしいですが、冷める家庭で味がしみていきますので、早めに作っておくとよいですね。
 豆腐の葛引きはちょっとしたおもてなしにも使えるお上品な汁物です。くず粉のとろみはこれから迎える寒い季節にぴったりです。葛引きでおいしい一番だしをとり、続けて二番だしをとって、ひじきの五目煮に使います。だしの薫りがただようお教室です。

 


◇11月24日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 竹林 雪
 メニュー:ピビンパ・チョレギサラダ・牛バラ肉のスープ


▶ お申込みはこちらから!                     

ouchigohan11-IMG_9061.JPG 人気の韓国料理を作ります。
 ピビンパはご飯とナムルや肉、卵等の具をよくかき混ぜて食べる料理で、日本でもおなじみですね。豚にひき肉はコチュジャンを利かせて炒め、豆もやし、にんじん、ほうれん草はそれぞれ調味料で和えてナムルにします。今回はチョレギサラダで使わない春菊の茎も加えましょう。

 チョレギサラダの「チョレギ」は浅漬けキムチの意味だとか。このサラダ、韓国では食べられていないとか、生野菜を使ったサラダだとか…いろいろ言われていますが、日本ではにんにくやごま油を利かせたドレッシングで生の葉っぱ類を和え、のりやごまをかけていただくものとして親しまれています。BELLE でも生の春菊の葉やサニーレタスを使います。
 牛バラ肉のスープは、牛のブロック肉と大根を棒状に切ってボリューム感を出します。韓国料理はお野菜をたくさんいただけ、満足感も高いので、ご家庭でぜひ楽しんでください。

 

 

◆11月25日(日) 10時~12時 「キッズクッキングA」

 受講料:3,800円 講師: 竹林 雪
 メニュー:ぶりの鍋照り・沢煮椀風すまし汁
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu10-P1060940.JPG 今月は和食、ちょっと渋いメニュー? そんなことはありません。みんな、意外とお魚好きです。汁物は野菜の千切りが待っています。

 まず、みんなで順番にお米をとぎましょう。ポイントをしっかり覚えましょうね。
 ぶりの鍋照りは、切り身の魚を使います。塩をしてしばらく置いてから水気をしっかりふき取ります。これがお魚料理の大切なポイント。フライパンに油を温め(温まった合図も覚えてね)、ぶりを両面焼きます。ひっくり返すタイミングも大切。両面に焼き色がついたら調味液を入れます。美味しく煮詰めて出来上がりです。魚の盛りつけ方、あしらえの置き方も覚えましょう。

 沢煮椀風すまし汁は、かつおと昆布でおだしをとることと、お野菜を細く切るのがポイント。
だしはぜひおうちでもとってほしいです。おうちの方に、教えてあげてくださいね。そして、包丁の持ち方をしっかり覚えてください。包丁がちゃんと持てれば、切り方はどんどん上達します。
 自分たちで作ったお料理のお味は格別。おうちでも作ってみてくださいね。
 (本クラスは満員です)

 

 

 

2018年10月各クラスのご案内

いよいよ2018年度秋・冬の教室スタートです! 10月の各教室のご案内です。お早目にお申し込みください。
特設ページもあわせてチェック!

\ 秋冬レッスンのお申し込み・ご確認はこちらをクリック! /

BELLE_LPbannar.png

 


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

12日(金)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪  秋の行楽弁当で大活躍

13日(土)10:00~12:30  男の手料理  手作りの焼き肉のたれでおいしい丼

19日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  輸入卵はどこに?

20日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん  蒲焼きのポイントを

21日(日)10:00~12:00 キッズクッキングB 野菜をできるだけ細かく切ります

25日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 ごまの風味が豊か

27日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 休日のブランチメニュー

28日(日)10:00~12:00 キッズクッキングA チヂミを一人ずつ焼きましょう

31日(日)10:30~13:00 和菓子 和菓子の基本、小豆餡を作ります
 

 

10月12日(金) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子 
 メニュー:肉巻きおにぎり・きのこのマリネ・大学芋

▶ お申込みはこちらから!                     

IMG_8550.JPG 秋の行楽や運動会のお弁当に役立つメニューです。
 肉巻きおにぎりは、俵型にしたご飯に豚のスライス肉を巻きつけて焼き、たれをからめます。ボリューム感もあり、おいしいおにぎりができあがります。
 きのこの美味しい季節、お弁当にも日ごろの箸休めにもなるマリネを作ります。オリーブオイルとワインビネガーでマリネ液を作り、炒めたきのこ類を漬けて冷やします。お好きなきのこで作ってみてください。
 みんなが大好きな大学芋ですが、表面がカリっとして中がほくほくに仕上げるのは難しいもの。さつまいもの揚げ加減、蜜の煮詰め加減などをしっかり覚えて、美味しい大学芋を作りましょう。
 お出かけが楽しみですね。


 

◆10月13日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 山田郁子
 メニュー:焼肉丼・厚揚げキムチ・韓国風野菜スープ

▶ お申込みはこちらから!

IMG_8575.JPG お料理はほとんどしたことがない、これからお料理を趣味にしたい、家事をシェアするのに新しいメニューを覚えたい…などなど、さまざまな方が集い、楽しくお料理するクラスです。初心者にも丁寧にお教えしますので、安心していらしてくださいね。
 今期初回は、お料理手始めとして、手軽に作れ、美味しく食べられて好評な丼ものです。韓国料理は女性にも人気ですから、ご家族もお喜びされますよ。

 焼肉丼は、すりおろした玉ねぎとニンニクに調味料を加えたたれを肉にしっかりもみ込むことでおいしくなります。牛肉は焼きすぎないように、玉ねぎ、にらと共に盛りつけます。ご飯がたっぷりいただけそうです。
 厚揚げキムチは、炒めたキムチに厚揚げを加え、調味した一品。手軽にできてお酒にもご飯にもあうおかずです。キムチは炒めるとコクと旨味が増します。
 煮干しをごま油で炒めてだしにする韓国風のスープ。豆もやしなどの野菜を入れ、調味にはコチュジャンを使います。

 今月は、ご希望の方にビールを召し上がっていただきます(有料です)。お食事がますます美味しくすすみますね。ご期待ください!

 

 

◇10月19日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 小沼真里
 今月のテーマ:卵って輸入しているの?どこに使われているの?
 
メニュー:
とろろオムレツ・長芋と春菊のごま酢和え
     
▶ お申込みはこちらから!
                        
IMG_8599.JPG 日本は卵を輸入しているってご存知ですか? もちろん、殻付きの生卵での輸入は難しいですよね(少量は輸入しています)。多くは、液卵(冷凍)や粉末(乾燥)の形で、全卵、卵黄、卵白が輸入されています。さて、一体どこに使われているのでしょうか? 国産卵では足りないのでしょうか? 輸入卵の量やそのゆくえについて知ることで、私たちが日ごろ口にしているものの背景がわかります。気づかないうちに、輸入卵を使った加工品を食べているかもしれませんよ。

  お料理は、長芋を使った2品です。卵にすった長芋を加えた卵液で、ふんわりオムレツを作ります。季節のきのこをたっぷり使ったあんをかけて、熱々をいただきましょう。
 ごま酢和えの長芋はめん棒で軽くたたいて味がしみ込みやすくします。春菊の葉は生でいただきます。さっと湯通しした豚肉と共にごま酢で和えますが、このごま酢オリーブ油を使うのが特徴です。

 

 

10月20日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師:
石川美香 
 メニュー:さんまの蒲焼き・きゅうりとわかめの酢の物・豚汁

 お申込みはこちらから!

IMG_8622.JPG 家庭料理の基礎を学ぶコースです。肉・魚・豆腐を使った和洋中の主菜と、野菜を中心とした副菜で、食卓の基本が出来上がります。食材の扱い、道具の使い方、そしてそれぞれのメニューのポイントをしっかり覚え、体験して、お料理大好きと言えるようになってください。

 今期初回は、秋の味覚さんまを美味しい蒲焼きにしていただきます。さんまはフィレになったものを使えば下処理の手間が省けます。魚をおいしく料理するコツはしっかり覚えましょう。薄力粉のつけ方のポイントです。両面を色よく焼き、たれを煮からめれば出来上がり。和食では付け合わせも大切です。
 酢の物は和食の副菜に欠かせませんね。塩蔵わかめの扱い、きゅうりのいたずり、三杯酢の作り方を学ぶほか、生姜の千切りもポイントです。できるだけ細く切れるようがんばりましょう。

 汁物は豚汁。何種類もの具材を煮え具合を考えて切ります。豚肉や野菜からだしが出るので水でも作れるのですが、お教室では、だしをとります。だしも和食の基本。だしのいい香りがする台所…ぜひ実践してください。

 

 

◇10月21日(日) 10時~12時 「キッズクッキングB」

 受講料:3,800円 講師: 竹林雪
 メニュー:ぶりの鍋照り・沢煮椀風すまし汁
   
▶ お申込みはこちらから!                   

IMG_8783.JPG    年長さんから小学生までが4人1組で実習するキッズクッキング。Bコースは和食からスタートします。ちょっと渋いメニュー? そんなことはありません。みんな、意外とお魚好きです。汁物は野菜の千切りが待っています。初回から頑張らなくては…

 まず、みんなで順番にお米をとぎましょう。ポイントをしっかり覚えましょうね。
 ぶりの鍋照りは、切り身の魚を使います。塩をしてしばらく置いてから水気をしっかりふき取ります。これがお魚料理の大切なポイント。フライパンに油を温め(温まった合図も覚えてね)、ぶりを両面焼きます。ひっくり返すタイミングも大切。両面に焼き色がついたら調味液を入れます。美味しく煮詰めて出来上がりです。魚の盛りつけ方、あしらえの置き方も覚えましょう。

 沢煮椀風すまし汁は、かつおと昆布でおだしをとることと、お野菜を細く切るのがポイント
だしはぜひおうちでもとってほしいです。おうちの方に、教えてあげてくださいね。そして、包丁の持ち方をしっかり覚えてくださいね。包丁がちゃんと持てれば、切り方はどんどん上達します。
 自分たちで作ったお料理のお味は格別。おうちでも作ってみてくださいね。
 (本クラスは満員です)

 

 

◆10月25日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:石川美香
 メニュー:栗ご飯・鯖の利休焼き・蓮根と子芋の味噌汁


▶ お申込みはこちらから!

IMG_8734.JPG ごはんと汁物のある食卓づくりが、BELLEの和食の基本です。和食をもっと取り入れたいと思っていらっしゃる方にピッタリのコースです。
 今期初回は、まさにこの季節ならではのメニューです。

 栗ご飯は、土鍋で炊きます。また、栗の色を美しく仕上げるため、くちなしの実で色をつけます。昔から使われていた着色の方法です。土鍋でのご飯炊きも意外と簡単。たまにはいかがですか?
 千利休がごまを使った料理を好んだことから、「利休焼き」「利休煮」などの名が料理についたと言われる、ごまの風味が豊かな鯖の利休焼き。漬け汁にごまのペーストを使い、さらに白ごまをふって焼きます。季節の魚で楽しめそうです。
 味噌汁は今がまさに旬の蓮根と子芋を使って。どちらも水から下茹でしておきます。吸い口に細ねぎを加えて、彩りも添えましょう。

 


 

◇10月27日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:スコーン・レモンコールスロー・クラムチャウダー


▶ お申込みはこちらから!                     

IMG_8766.JPG 習ってみたい、作れるようになりたい料理はたくさんありますね。基礎から学べるおうちごはんでは、お教えしきれないちょっとステップアップした楽しいお料理を学んでいただくのが本コースです。
 今期初回は、スコーンづくり。レモンを使ったコールスローとスープで、休日のブランチが楽しくなりそうですね。

 スコーンの生地作りにはポイントが満載。バターを冷やしておくこと、粉を練らないことなどなど。お見本をしっかり見て、実習でしっかり覚えてください。自慢の一品になれば、いろいろ出番がありそう。お友だちへのプレゼントにもいいですね。
 コールスローは、生のキャベツを細かく刻んだサラダのこと。お教室では、人参とともにせん切りにします。ドレッシングにレモン汁とレモンの皮を使います。塩をふってしんなりさせたキャベツとにんじんは、しっかり水気を切ってからドレッシングを和えましょう。
 チャウダーはアメリカ発の具たくさんのスープのこと。日本でおなじみの牛乳ベースのクリームスープは、ニューイングランド風のチャウダーなのだとか。二枚貝を使ったものがクラムチャウダーです。最初にあさりを炒めてから茹でておきます。その茹で汁も使ってクリームスープを作ります。小麦粉がだまにならないように、そして焦がさないように炒めるのがポイント。栄養満点の美味しいスープをお楽しみください。

 

 

◆10月28日(日) 10時~12時 「キッズクッキングA」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:チヂミ・ささみと春雨のサラダ
   
▶ お申込みはこちらから!                   

IMG_8789.JPG 年長さんから小学校6年生まで、元気なお友だちが協力しあってお料理します。お兄さん、お姉さんたちの腕前に関心しながら、みんな、少しずつ上達していくのが楽しみです。Aコースの初回は、韓国料理でおなじみのチヂミを作ります。

 チヂミは、水で溶いた小麦粉に野菜や魚介類を加えて丸く焼く、韓国風お好み焼き。お教室では、豚肉を使います。具材を分担して切り、交代で粉と水を混ぜ具材も加えたら、一人1枚焼きます。片面が焼けたら上手にひっくり返しましょう。こんがり焼き上げます。甘酸っぱいたれを作って、焼きあがったチヂミに添えます。

 サラダはさっと煮たささみと春雨、野菜にごま油をまぶしてから調味料で味をつけます。いりごまをふれば、一層韓国の香りがしますね。きゅうりは斜め薄切り、にんじんは短冊切り。いろいろな切り方を少しずつ覚えていきましょう。(本クラスは満員です)

 

 

◇10月31日(日) 10時半~13時 「和菓子」

 受講料:3,150円 講師: 上原智代
 メニュー:松風・ぜんざい・餡作り

   
▶ お申込みはこちらから!                   

wagashi 10-IMG_9038.JPG 和菓子は買うものと思っていらっしゃる方、ぜひ手作り和菓子の魅力に触れてください。安心な素材を使って手作りした和菓子は、ほっとするお味です。ぜひお楽しみください。今回は、餡作りを行います。和菓子に欠かせない小豆餡をぜひ手作りいたしましょう。

 一品目の松風は京都の代表的な和菓子。味噌松風とも言われます。厚さや食感はお店によっても違いますが、表面にごまやけしの実がたっぷり散らしてあることは共通。白みそ、すったとろろ、砂糖を合わせたものに薄力粉を混ぜ合わせ、黒ごまをふって焼きます。BELLEの松風をお楽しみください。

 餡作りは時間がかかりますが、粒あんであれば、下茹でした小豆と水、砂糖をあわせて煮詰めるだけ。一度トライしてみませんか。何といっても小豆の処理の仕方がポイントです。
 完全に煮詰める手前で、一部をぜんざいにしていただきましょう。中に入れるお餅が特別。お楽しみになさってください。

 

2018年9月各クラスのご案内

9月のBELLEの各教室をご紹介するページです。いよいよ今期最終月です。お早目にお申し込みください。
10月からの「秋・冬の教室」については、特設ページをご覧ください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

2日(日)10:00~12:00 キッズお菓子 お馴染みの焼き菓子を自分で作れるように

6日(木)10:30~13:00 雑穀料理でお招きランチ  ヘルシーでおしゃれなランチ 

8日(土)10:00~12:30 男の手料理  腕を振るってごちそうしたいときにピッタリ

14日(金)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪  お子さんはパン粉つけのお手伝い

15日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん  やっぱり手作りは一味違う!

16日(日)10:00~12:00 キッズクッキングB ごはんを丸くして焼きます

21日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  加工肉に発がん性?

22日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん ご家庭の中華メニューに加えて

23日(日)10:00~12:00 キッズクッキング じゃがいもと粉でピザ生地作り

27日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 豆腐三昧を楽しんで

29日(日)10:30~13:00 洋菓子 あこがれのお菓子を手作りしましょう


◆9月2日(日) 10時~12時 「キッズお菓子」

 受講料:2,500円 講師: 上原智代
 メニュー:マドレーヌ
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzuokashi9-IMG_7630.JPG お菓子を作ってみたい!というお子さん多いですね。その望みをかなえるクラスです。

 お菓子作りいもっとも大切なことの一つが計量。おうちに帰って一人で作れるよう、はかりの使い方からしっかり覚えてくださいね。
そして、粉をふるったり、溶かしバターを用意したり、オーブンを予熱したり、下準備もきちんと確認しましょう。

 準備ができたら、生地作り開始です。先生のお見本を思い出しながら、二人一組で交代しながら材料を混ぜていきます。生地を寝かせている間に使った道具も洗って、いよいよ型に生地を入れ、オーブンへ。焼き上がりが待ち遠しいです。その間に、先生が作ってくださったお見本を試食。ちょっと大人の気分でミルクティーも一緒にどうぞ。

 さあ、出来上がったマドレーヌはおうちの方へのお土産に、かわいくラッピングして終了です。あらっ、だれかな。全部自分で食べちゃおうなんて言っているのは…

 

9月6日(木) 10時半~13時 「雑穀料理でお招きランチ」

 受講料:4,500円 講師:小黒雅子
 メニュー:ミラノカツレツ 雑穀トマトソース・紫もち麦のサラダタブレ・にんじんと押し麦のスープ
   
▶ お申込みはこちらから!                   

 zakkoku9-IMG_7944.JPG雑穀がブームになって久しいですね。ビタミンやミネラルなどを含み、栄養価が高いと言われています。その雑穀を取り入れたちょっとおしゃれなお招きランチメニューです。
 ミラノカツレツはなたね油にバターを加え、香ばしく揚げ焼きします。炊いた十六穀米とトマト缶でつくるソースをたっぷり添えて召し上がってください。

 中東ではクスクスを使うことの多いサラダタブレを紫もち麦で作りましょう。紫もち麦は一晩みずにつけておきます。季節の野菜、ツナ缶と一緒にドレッシングであえ、ツブツブを楽しみながらいただきます。
 押し麦と人参のスープは、さらに栄養価が高いですね。野菜を炒め、スープと押し麦を加え煮込むだけですから、意外と簡単。ぜひ、何度も作っていただきたいです。(本クラスは満員です)

 

 

◆9月8日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 山田郁子
 メニュー:アクアパッツァ・キャベツロールのマリネ・チーズラスク

▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri9-.JPG いつも以上に、おしゃれな食卓が広がります。ちょっとしたおもてなしや、ご家族との記念日なのに作ってみてはいかがでしょうか。

 アクアパッツアは、白身魚を貝やトマト、オリーブなどとともに白ワインと水で煮た南イタリアの郷土料理。一尾付けならちょっと豪華に、切り身なら手軽に作っていただけます。オリーブオイルににんにくの香りをつけたら、魚を両面こんがりと焼いてから、ほかの具材、ワイン、水を加えていきます。
 キャベツのロールマリネは、スティックかまぼこをさっとゆでたキャベツの葉できっちり巻き、マリネ液に漬けたもの。切り口がきれいで、さっぱりとした酸っぱさが女性にきっと人気です。
 チーズラスクは、ミックスチーズ、ちりめんじゃこ、オリーブオイルを塗ったバケットを順に置いて、オーブンで焼くだけ。手軽でおつまみにピッタリですから、ちょくちょく作ってくださいね。
 なお、今月はワインにピッタリメニュー…ということで、ご希望の方にはお食事の時にワインを召し上がっていただきます(当日実費を頂戴します)ので、どうぞお楽しみに。

 

914日(金) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子 
 メニュー:ロールカツ・大根のサラダ・オレンジとミルクのゼリー

▶ お申込みはこちらから!                     

mama9-IMG_8209.JPG ママのお手伝いしたい!というお子さんにちょっと手を出してもらいましょう。
 ロールカツは、豚の薄切り肉に、大葉と梅干、ハムとミックスチーズ、長ねぎとみそをそれぞれ巻きます。それぞれの味が楽しみです。パン粉漬けのお手伝いをおねがいしましょうか。
 大根サラダはマヨネーズベースのドレッシングで。ドレッシングを混ぜるお手伝いもお願いできそう。巷ではカロリーをカットしたマヨネーズもどきがたくさん出回っていますが、こうして自分でドレッシングを作れば、マヨネーズの量を調整できます。
 3品目はデザートです。寒天ゼリーを作ります。寒天は沸騰してから2分程度煮るのがポイント。お気に入りの歌を用意して、歌い終わるまで混ぜる…というのはいかがですか。シロップに一工夫すれば、ちょっとおしゃれでかわいいデザートが出来上がります。
 お手伝いをして出来上がったお料理は、苦手なものでも食べられるのでは…楽しみです。


9月15日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師:
石川美香 
 メニュー:焼き餃子・ニラ玉・オクラの中華スーㇷ゚

 お申込みはこちらから!

kiso9-IMG_8270.JPG 家庭で作る中華の定番です。皮はパリッと、中身はジューシーな餃子を作りましょう。
野菜のみじん切りを頑張り、肉あんは粘り気が出るまでよく混ぜるのがポイントです。包み方(ひだのつけ方)は人それぞれのようですが、きれいに包めるようになってください。美味しく焼くコツも身につけ、ご家庭でこれまで以上においしい餃子をお楽しみください。
 ニラ玉も中華の定番料理ですね。何といってもふんわり卵が魅力です。材料を用意して、手早く仕上げる…コツをつかんでください。

 スープには手羽を使います。香味野菜と一緒に煮込むとおいしいだしが出ます。手羽中は骨から身をとってスープの具材としていただきます。手羽先は塩コショウしてオーブンで焼くと、香ばしくて美味しいのでお試しください。
 今回のメニュー、何度も作って、得意料理にしてください。

 

◇9月16日(日) 10時~12時 「キッズクッキングB」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:ライスバーガー・トマトとベーコンスープ
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu8-IMG_7905.JPGのサムネイル画像    Bコースのみんなとは2か月ぶりの再会。夏休みにぐーんと成長したかな。
 ライスバーガーは、段取りが大切です。まずご飯を炊いておきます。ご飯に味をつけ、片栗粉を合わせたら、丸い型に詰めて平らにし、ごま油をぬってオーブンで焼きます。
 焼いている間に、具材を準備しましょう。漬け汁を準備して豚肉を漬けておき、野菜を切り、肉と野菜を炒めます。
 全部準備ができたら、ご飯、レタス、豚肉、野菜、ご飯の順に重ね出来上がりです。

 スープはベーコン、玉ねぎ、トマト、レタスの入ったさっぱり味なので、ライスバーガーにとってもよく合います。包丁使いはもうお手の物ですね。(本クラスは満員です)

 

◆9月21日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 小沼真里
 今月のテーマ:「加工肉に発がん性」ニュースのその後
 
メニュー:biosupotop.png
 豆腐と舞茸の炒め物・ごぼうとベーコンのサラダ
     
▶ お申込みはこちらから!
                        
anzen9-IMG_8288.JPG 3年ほど前に、WHO(世界保健機構)が「加工肉に発がん性」という見解を発表し、ニュースになりました。どんな根拠によるものかがはっきり報道されず、日本人の摂取量なら大丈夫と言われ、何が何だか…と思っているうちに、すっかり忘れ去られた感があります。このニュース真偽のほどはどうだったのか、その後どう扱われているのか…私たちは加工肉とどうつきあったらよいのか…これが今月のセミナーのテーマです。

  お料理は、シンプルな秋を感じる2品です。炒め物では、豆腐の水切り加減がポイント。外はカリっと、中はふわっと焼き付けます。豆腐も舞茸も上手に油とで合わせることで、炒めても水っぽくなりません。
 サラダでは、ピーラーでリボン状にしたごぼうを揚げて、トマト、ルッコラを並べた上にのせます。いためたベーコンはドレッシングに加えて、サラダに添えましょう。ごぼうをたっぷり召し上がっていただけるサラダです。

 

 

◇9月22日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 竹林雪
 メニュー:中華おこわ・中華ピクルス・ワンタンスープ


▶ お申込みはこちらから!                     

ouchighan9-IMG_8097.JPG 今回のおいしい中華メニューは、切り物がたくさんあります。がんばりましょう。
 だれもが好きな具たくさんの中華おこわ。本格的にもち米を蒸して作ります。まずは材料を大きさをそろえて切ることから始めます。
 中華ピクルスは唐辛子がピリッときいてお野菜をおいしくいただけるメニュー。教室では材料を少し細めに切って、短時間で味がしみ込むようにします。ご家庭ではお好きなほかの野菜でもお試しください。
 ワンタンスープでは、長ねぎを上手にみじん切りしてください。肉あんを皮に包みます。包み方はいろいろあるようですが、皮と具材の間に空気が入らないようにすると、きれいに包めます。できたワンタンはゆでて器に入れ、熱々のスープを注ぎます。今月のだれかにごちそうしたくなるメニューです。

 

◆9月23日(日) 10時~12時 「キッズクッキングA」

 受講料:3,800円 講師: 小黒雅子
 メニュー:じゃがピザ・コブサラダ
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu new.png 茹でてマッシュしたじゃがいもと小麦粉をあわせて、ピザを作ります。トッピングのお野菜はがんばって薄く切りましょう。ケチャップをぬり、具材をのぜ、チーズをちらしたら、オーブンへ。焼き上がりが楽しみです。
 レストランオーナーの名前に由来するコブサラダは、その時、冷蔵庫にあった野菜を使って作ったのが始まり。お教室では、野菜、えび、チーズ、茹で卵を使います。お皿にきれいに並べたら、ドレッシングをかけましょう。ドレッシングももちろん手作り。マヨネーズにヨーグルトとケチャップを加えます。マイルドでおいしいドレッシングで、お野菜たっぷり食べてくださいね。(
本クラスは満員です)

 

 

◇9月27日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:小沼真里
 メニュー:手作りがんも・にんじんの高野そぼろ・豆腐とめかぶのとろみ汁


▶ お申込みはこちらから!

wasyoku9-IMG_8434.JPG 今回は、秋の風情を感じさせる豆腐三昧です。獣肉禁忌の江戸時代、豆腐を使った雁(とり)のようなものとして登場したがんもどき。お教室では、水切りした豆腐に鶏ひき肉、細く切った野菜類、すりおろした大和芋を加えて小判型にして、色づくまで揚げます。栄養価も高く、おいしいがんもどき、手作りの味はまた格別です。
 豆腐三昧2品目は、せん切りのにんじん、すりおろした高野豆腐とだし、調味料を合わせて炒り煮したもの。召し上がった方は高野豆腐と気づくでしょうか。意外性のある、ご飯が進む小さなおかずです。
 3品目の汁物にも豆腐が入ります。わかめの根元部分であるめかぶは栄養価が高く、免疫力アップにも役立ちます。めかぶのとろみが豆腐によく合います。すりおろし生姜をそえていただきます。
 

◆9月29日(日) 10時半~13時 「洋菓子」

 受講料:3,700円 講師: 上原智代
 メニュー:洋なしのタルト
   
▶ お申込みはこちらから!                   

yougashi9-IMG_8462.JPG 憧れのタルトを一人1台お持ち帰りいただきます。実習は二人一組で行っていただきます。
 
 タルト生地を作り、洋なしのコンポートを作り、アーモンドクリームを作り、カスタードクリームを作ります。

 タルト型に生地を敷いたらアーモンドクリームを流し込み、焼き色がつくまで焼きます。焼きあがって冷めたら、カスタードクリームをぬり、コンポートを飾って仕上げです。サクッとしたタルト生地に、クリームとコンポートがマッチして、お土産にご家族も大喜びでしょう。(本クラスは満員です)

 

2018年8月各クラスのご案内

8月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

4日(土)10:00~12:30 男の手料理 鯵、なす、スープの下ごしらえがポイントです

18日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん ルウを使わないカレーです

23日(木)10:30~13:00 れからの和食~ごはんを囲む食卓 夏の疲れをとるお料理

24日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング食の安全 トマト加工品はどこから?

25日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 小鯵を開いて揚げて南蛮漬けに

26日(日)10:00~12:00 キッズクッキングA ごはんをおにぎりにしてのばします


 

◆8月4日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:鯵の中華照り焼き・焼きなすサラダ・糸寒天スープ

▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri8-IMG_7880.JPG

 男の手料理クラスでは、半年に2回、お食事の時、希望される方にお酒を召し上がっていただいています。今期は5月と9月の2回を予定していましたが、受講生からの声とこの猛暑、暑気払いは必要との判断から、急遽、「ビールの日」にすることに。お料理のおいしさがより引き立ちますね。

 お楽しみの前に、しっかりお料理いたしましょう。何と言っても鯵の三枚おろしが本日のメインです。以前実習生から、魚をおろしてみたいとご要望をいただき、今回、実現の運びとなりました。三枚おろしの実習です。そこまでできれば、あとは粉をまぶしてソテーし、調味料を加えて煮つめるだけです。
 続いての焼きなすサラダ、このポイントはなすをグリルでしっかり焼くこと。皮が焦げるほど焼けば、簡単に皮をむくことができます。ドレッシングの材料を煮たてた中で鶏肉を煮て、なすのうえにのせます。トマトと香菜を散らし、色も鮮やかです。
 糸寒天のスープでは、鶏がらスープに香味野菜を加えて煮立て、スープベースを作ることがポイントです。こうすれば、手軽に中華スープのベースができます。
 さあ、三枚おろしで達成感に満ちた皆さん、いつも以上にお料理もおいしく、ビールも格別なことでしょう。

 

818日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
 受講料: 4,200円  講師:
石川美香 
 メニュー:チキンカレー・かぼちゃのサラダ・トマトのヨーグルトスムージー

 お申込みはこちらから!

kiso8-IMG_7889.JPG 基礎クラスに通ってくださる皆さんは、おうちでカレーを作る時、ルウを使っていらっしゃるのではないでしょうか。お教室では、ルウは使わず、基本のスパイスとカレー粉を使ってつくります。
 まず油にクミンシードを入れ、玉ねぎをよく炒めます。じっくりじっくり炒めてください。カレー粉と小麦粉は焦がさないように炒めます。骨付きの鶏肉は別鍋で焼いておきましょう。鶏骨からもいいだしが出ますからお勧めです。仕上げのスパイスはガラムマサラ。香りをつけるミックススパイスです。
 サラダは、蒸し煮したかぼちゃを使います。マヨネーズで和え、乾煎りしたスライスアーモンドを飾れば、ちょっとおしゃれな夏向きサラダです。
 カレーによくあうスムージー。今回は完熟トマトを使います。トマトは前日のうちにカットして凍らせておいてください。プレーンヨーグルトを合わせてミキサーにかけていただきます。トマトの酸味がさっぱり感を増してくれます。
 

  

◆8月23日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:石川美香
 メニュー:冷やし粥・冬瓜の鶏そぼろあんかけ・いんげんのクルミ和え


▶ お申込みはこちらから!

wasyoku8-IMG_8075.JPG 夏の疲れた身体を癒してくれるメニューをご紹介します。
 おかゆは米から弱火で静かに炊きましょう。時間はかかりますが、これがふっくらおかゆの決め手です。炊き上がったら冷やしておき、あんとつるむらさき、薬味をたっぷりのせて召し上がっていただきます。やさしいおいしさにご家族がきっと笑顔を見せてくれます。
 夏が旬の冬瓜。下ごしらえのし方を学んでください。鶏ひき肉はさっと霜降りにしておき、調味しただしで冬瓜を煮てからさっと煮ます。とろみをつけ、しょうが汁を加えれば、こちらも夏向きのメニューです。
 くるみは、薄皮をむいて乾煎りしてからすります。くるみの風味がたまらない和え物です。
 今年の夏はいつも以上に身体を痛めつけていますよね。ぜひ、このメニューで、皆さま、元気回復してください。

 

◇8月24日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 小沼真里
 今月のテーマ:「トマトの加工品はどこから?」
 
メニュー:バターチキンカレー・グリーンサラダ&アーモンドドレッシング
     
▶ 
お申込みはこちらから!
                        
anzen8-IMG_8137.JPG 皆さんはトマトの加工品というとどんなものを思い浮かべますか? トマトケチャップ、トマトジュース、トマトソース…でしょうか。ほかにトマトピューレ、トマトペースト、そして調整したトマト(加熱殺菌したもの)などがあります。統計を見ると国産が多く見えるのですが、実はこの国内生産加工品の原料は、ほとんどが輸入です。数字のマジックのようですが、では、どんな国からどんな形でトマトは日本にやってきているのでしょう。そしてそれは表示でわかるもの? 探ってみましょう。
 
 お料理は、ブームの続く「バターチキンカレー」。スパイスの風味やマイルドな味わいが人気の秘訣のようです。コンビニやレトルト商品での展開が続きましたが、おうちで安心な食材を使い、手軽に作ることができます。ぜひお試しください。
 サラダはドレッシングが絶品です。はちみつ、白ワインビネガー、オリーブオイル…質のよい材料がおいしさを引き立てます。アーモンドの風味豊かなドレッシングをぜひお楽しみください。

 

◆8月25日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 竹林雪
 メニュー:鯵の南蛮漬け・ひじきの煮物・かきたま汁


▶ お申込みはこちらから!                     

ouchigohan8-IMG_8157.JPG

 南蛮漬けは、魚などを油で揚げ、ねぎや唐辛子と一緒に酢漬けにしたお料理です。まずは小鯵を手開きすることから。何尾か繰り返すうちに、きっと上手に開けるようになります。
 合わせ酢の材料を温め、いっしょに漬け込む野菜を先に入れておきましょう。鯵は衣をつけてこんがり揚げ、合わせ酢に漬けます。お魚料理のバリエーションとして、ぜひ覚えていただきたいお料理です。
 ひじきの煮物には、にんじん、油揚げ、大豆も加え、不足しがちな海藻、豆を一度に摂れる魅力的な副菜になります。

 かきたま汁は、なんといってもふんわりきれいな卵が魅力。コツをしっかり覚えてください。
 今回は、かきたま汁で一番だしを使い、ひじきの煮物に二番だしをつくります。だしとりにはもうすっかり慣れてくださったでしょうか。すまし汁と煮物を同時に作れば、二番だしまでしっかりとって活用することができますね。

 

◇8月26日(日) 10時~12時 「キッズクッキングA」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:ライスバーガー・トマトとベーコンのスープ
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu8-IMG_7905.JPG 楽しかった夏休みの締めくくりに楽しくお料理しましょう。
 ライスバーガーは、段取りが大切です。まずご飯を炊いておきます。ご飯に味をつけ、片栗粉を合わせて丸いおにぎりを作り、それを平らにのばします。ごま油をぬってオーブンで焼きます。
 焼いている間に、具材を準備しましょう。漬け汁を準備して豚肉を漬けておき、野菜を切り、肉と野菜を炒めます。
 全部準備ができたら、ご飯、レタス、豚肉、野菜、ご飯の順に重ね出来上がりです。

 スープはベーコン、玉ねぎ、トマト、レタスの入ったさっぱり味なので、ライスバーガーにとってもよく合います。包丁使いはもうお手の物ですね。(本クラスは満員です)

 

 

2018年7月各クラスのご案内

7月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

1日(日)10:00~12:00 親子クッキング ラップでくるくるソーセージを作ります

7日(土)10:30~13:00 いつもの素材で素敵なホームパーティ 盛りつけにも工夫を

13日(金)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪  家族そろってエスニックランチ

14日(土)10:00~12:30 男の手料理 野菜たっぷりスープカレーで夏バテ知らず

15日(日)10:00~12:00 キッズクッキングBだしをしっかりとっておいしくお料理

20日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  魚を食べ続けるために

21日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん 魚の下ごしらえを覚えます

22日(日)10:00~12:00 キッズクッキングA めんつゆを作り、天ぷらにも挑戦

26日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 季節の食材が満載

28日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 野菜たっぷりで夏バテ知らず

 

7月1日(日) 10時~12時 「親子クッキング」

 受講料:4,800円 講師: 小沼真里
 メニュー:手作りソーセージでホットドック・野菜スープ  
  
▶ お申込みはこちらから!                   

oyako7-IMG_7559.JPG 市販品には食品添加物が多く使われている加工肉。安全な食材で手作りすれば、安心でおいしくたくさん食べられます。ひき肉にすりおろした玉ねぎとにんじん、調味料にミックスハーブを加えて練ったら、棒状にしてラップに包んで蒸します。蒸し上がったら、フライパンで焼き色をつけ、1本はホットドッグに、1本はスープの具材に使います。
 ホットドッグのトマトケチャップは、ラップに入れて口をしばり、楊枝で穴をあけて…上手に模様をつけてみましょう。(本クラスは満員です)

 

 

◆7月7日(土) 10時半~13時 「いつもの素材で素敵なホームパーティ」

 受講料:4,500円 講師: 石川美香
 メニュー:海老のアメリケーヌソース・シガレット春巻き・桃とサラダ菜のハニーマスタードサラダ 
  
▶ お申込みはこちらから!                   

homeparty7-IMG_7208.JPG おしゃれなホームパーティメニュー、盛り付けにも工夫して、さわやかな夏の食卓をつくりましょう。
 フランス生まれのアメリカ風ソース「アメリケーヌソース」は甲殻類の殻のスープにトマトを加えたオレンジの美しいソース。蒸し煮した海老にたっぷりかけていただきます。バターライスにもよく合います。

 シガレット春巻きは、皮を切って細目に巻きますが、中身はなんと、ホワイトソースです。ハム、ドライトマト、ピクルス、チーズを混ぜて巻き、カラッと揚げた風味豊かな春巻き、絶品です。
 旬の果物桃を使ったサラダは見た目もかわいらしく、はちみつを粒マスタードを加えたドレッシングととてもマッチします。
 いつもの食材をおしゃれに変身させるのもお料理の醍醐味ですね。丁寧に盛り付けて見た目も楽しんでください。

 

◇7月13日(金) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小沼真里 
 メニュー:海南鶏飯・トマトとパクチーのサラダ・梅干しのエスニックスープ

▶ お申込みはこちらから!                     

mama7-IMG_7654.JPG シンガポールの名物料理としておなじみの海難鶏飯を炊飯器で作ります。材料を炊飯器に入れて炊くだけ。パクチーときゅうりをあしらい、生姜を利かせたソースをかけていただきます。鶏のうま味がしみ込んだ美味しいご飯、きっと繰り返し登場するメニューになりますね。
 サラダは、ナンプラーとマーマレードを使ったエスニック風味のドレッシングを作っていただきます。
 スープの味のベースに欠かせないのが、パクチーの根。独特の香りは根っこが一番強いのです。
梅干しも種ごと入れて味を出し、あとから取り出します。

 エスニックの香りが漂う3品です。
 

 

◆7月14日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:スープカレー・ズッキーニとパプリカのカレーピクルス・ミルクスムージ―

▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri7-IMG_7566.JPG 夏が来ると無性に食べたくなるのがカレー。今回は鶏のだしを利かせ、さらっといただくスープカレーを作ります。玉ねぎをしんなりするまで炒め、野菜と漬け汁に漬けておいた鶏手羽肉も炒め、柔らかくなるまで煮込みます。
 出来上がりはスープとして召し上がっても、ご飯と一緒にスプーンにのせていただいてもかまいません。
 季節の野菜をカレー粉を利かせた合わせ酢に漬けたピクルスは、カレーにピッタリ。野菜は沸騰させた合わせ酢にローリエを加えた中で、軽く茹でます。そのまま冷やして味を染ませます。

 こちらもカレーによく合う飲み物スムージー。缶詰の白桃を小さめにカットして事前に冷凍しておきます。白桃をヨーグルト、牛乳、はちみつと共にミキサーにかければ出来上がり。事前に冷凍しておく手間さえかければ、おいしいスムージーが簡単に作れます。暑い夏の日、パパのお料理に家族は大喜びです。

 

◆7月15日(日) 10時~12時 「キッズクッキングB」

 受講料:3,800円 講師: 小黒雅子
 メニュー:肉じゃが・すまし汁 
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu6-IMG_7490.JPG おうちの味、母の味の代表と言える肉じゃが。今回は、みんながおうちの方に作ってあげましょう。
まず、今回のポイントはだしをとることです。すまし汁では昆布とかつお節で一番だしをとります。取り方はもちろんですが、だしのいい香りをしっかり感じましょう。一番だしを取った後の昆布とかつお節を使って、二番だしをとります。こちらを肉じゃがに使いましょう。肉じゃがは水でも作れますが、よりおいしく作るため、二番だしを取ってみましょう。難しい切り物はありませんが、煮える時間を考えて大きさを決めることが大切です。
 すまし汁では、オクラの下処理、豆腐の切り方を覚えましょう。調味料の塩は全量入れずに加減して、必ずお味見をしてから味を決めましょう。
(本クラスは満員です)

 

◇7月20日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 山田郁子
 今月のテーマ:「魚を食べ続けるために~海の資源を考える」
 
メニュー:おび天・簡単冷汁
     
▶ 
お申込みはこちらから!
                        
 anzen7-IMG_7684.JPG地球温暖化による海の環境変化は深刻です。私たちのなじみの魚介類にも、イカやサンマ、鮭の不漁のニュースが毎年聞かれます。東日本大震災以降、復興の努力を積み重ねてきた水産加工会社にも「原料が足りない」状況が続いているようです。
 海の現状を知り、私たちがこれからも魚を食べ続けていくために、消費者にできることをご一緒に考えましょう。

  お料理は、宮崎県の郷土料理2品。
おび天は、魚の身と豆腐をすり混ぜ、味噌・醤油・黒砂糖で調味して小判型にまとめ、油で揚げた日南市飫肥(おび)地方のお料理。ちょっと甘めの味が特徴です。
 冷や汁煮干しとごまをしっかりすり、味噌とだしを加えて伸ばし、冷やしたもの。きゅうりや大葉、みょうがを盛っていただく暑い季節にピッタリの汁です。

 

◆721日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師: 石川美香 
 メニュー:鯵の塩焼き・肉じゃが・豆腐のすまし汁

 お申込みはこちらから!

kiso7-IMG_7672.JPG 焼き魚と肉じゃがとすまし汁…家庭の和食に欠かせないメニューです。
 鯵の下処理をしっかり覚えていただきます。焼く前の化粧塩もしっかりします。きれいに焼き、盛り付けの添え物は右手前に置きます。
肉じゃがは水でもよいのですが、今回は、すまし汁でかつおと昆布の一番だしをとりますので、二番だしの取り方を実習し、それを使って作りましょう。煮物の味付けでは、醤油は最後に、そして火をとめてから味が染みていきますので、ご家庭では時間に余裕をもって作ってください。
 豆腐のすまし汁では、豆腐を加えてから煮過ぎないように、味見をして塩加減を決めてください。
 本コースでは、毎回基礎が一つずつ身に付き、お料理が楽しくなっていきます。何月から始められてもOKです。

 

 

◇7月22日(日) 10時~12時 「キッズクッキングA」

 受講料:3,800円 講師: 竹林雪
 メニュー:ざるそば・天ぷら(海老・野菜)
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu7-IMG_7531.JPG 冷たいお蕎麦がおいしい季節ですね。今日は、大人顔負けのメニュー、そばつゆをちゃんと作り、そばを上手に茹でましょう。
天ぷらは、エビと野菜です。衣は冷水を使ってさっくり混ぜ、粘らせないこと、材料を上手にくぐらせます。油の温度は高めにし、材料を入れるときはそーっと近くで放します。一度にあまりたくさん入れないこと、何度も返さないこと…上手な天ぷらのポイントはぜひ、おうちの方におしえてあげてください。カラッと揚がった天ぷらはおいしいですね。
 揚げ物をしないご家庭も多い昨今、キッズたちは頑張って、またお料理上手の階段を一歩上がることでしょう。
(本クラスは満員です)

 

 

◆7月26日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:小沼真里
 メニュー:
biosupotop.png 穴子の柳川風・ミニトマトとひじきの炒め物・枝豆のすり流し

▶ お申込みはこちらから!

wasyoku7-sin-.png 柳川は、ドジョウを使った江戸生まれのお料理。ドジョウ以外の材料を使うときは〇〇の柳川風と呼ばれます。お教室では穴子を使った「穴子の柳川風」を作ります。
 今回もまずはおだしをとることから。和食のクラスでは欠かせないだしとり、初めての方もしっかり身につけてください。 
 調味しただし汁でささがきごぼうを似てから、きざみ穴子を加え、卵でとじます。ふんわり卵がまた絶妙なのです。三つ葉をちらせば、彩りもきれいですね。
 いつもとちょっと違った味わいのミニトマトとひじきの炒め物は、にんにくで香りを出します。ミニトマトの酸味がアクセントになった一品です。
 夏にピッタリなすり流し。しっかりとっただしに白みそを溶いて茹でて薄皮までとった枝豆と共に、ミキサーで滑らかにします。そこに豆乳を加え調味したら出来上がり。冷蔵庫で冷やして召し上がってください。栄養たっぷりで食べやすいので、夏バテ防止にも役立ちます。
 

 

◇7月28日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 竹林雪
 メニュー:biosupotop.png
 夏野菜のドライカレー・オクラのサブジ・ヨーグルトサラダ

▶ お申込みはこちらから!                     

ouchigohan7-IMG_7703.JPG 本クラスの夏のカレーは、野菜がたっぷり入ったドライカレー。玉ねぎ、セロリ、しょうがとニンニクをみじん切り、ピーマンとズッキーニは角切り、そしてトマトはざく切りに準備します。言うまでもなく、玉ねぎをゆっくり炒めることがポイントですね。ひき肉、カレー粉を加えて炒め、セロリ、トマトを加えてスープで煮込んだら、最後にズッキーニとピーマンを加えて仕上げます。
 サブジは野菜の炒め煮で、カレーの付け合わせによく食べられます。いろいろな野菜でできますが、今回はオクラのサブジです。オクラは板ずりしてから使いましょう。クミンシード、カレー粉、ガラムマサラを使い、スパイスと野菜の味と香りが、暑い夏に減退しがちな食欲を高めてくれます。
 サラダは、ヨーグルトとマヨネーズを合わせたドレッシングで、さっぱりいただけます。塩をふって酒蒸しにしたささみを細く割き、短冊切りのきゅうりとドレッシングで和えていただきます。

 

 

 

2018年6月各クラスのご案内

6月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

8日(金)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪  ママ友ランチで活躍魚と野菜の料理

9日(土)10:00~12:30 男の手料理 だしをしっかりとって沖縄料理を楽しみましょう

15日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  純粋はちみつってなに?

16日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん  きれいな千切りをマスター

17日(日)10:00~12:00 キッズクッキングB 辛くないマーボ―豆腐を作ります

23日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 彩りもきれいな洋メニュー

24日(日)10:00~12:00 キッズクッキングA 一番だし、二番だしでおいしくお料理

28日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 沖縄の郷土料理

30日(土)10:30~13:00 季節の和菓子  名前は似ていても全く違う2種

 

6月8日(金) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子 
 メニュー:biosupotop.png 鯵のスパゲティ・なすとパプリカの揚げ浸し・きゅうりの冷製和スープ

▶ お申込みはこちらから!                     

mama6-IMG_7052.JPG ママたちも大好きなパスタのランチはいかがですか? 今回は和テイストのパスタランチです。
 旬の鯵をソテーして、パスタを合わせさっぱりとした塩味にみょうがも加えた夏向きのパスタです。お魚の食べ方として、ママたちの共感を得ること間違いなしです。
 副菜とスープはお野菜で。揚げ浸しは揚げる一手間がかかりますが、野菜の色を鮮やかにし、味もしみやすくなりますので、ぜひお試しください。スープは夏のお野菜きゅうりを使います。生でいただくことがおおいきゅうりの食べ方が広がりますね。だしできゅうりをさっと煮て冷やし、針しょうがをのせてすっきりと召し上がってください。

 

◇6月9日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 山田郁子
 メニュー:ジューシー(炊き込みご飯)・フーイリチー(麩の炒め物)・アーサー汁

▶ お申込みはこちらから!

otkonoteryouri6-IMG_7323.JPG 沖縄料理にチャレンジしていただきます。
 ジューシーは、豚バラ肉と野菜などを具に、豚肉のゆで汁とだしを合わせて炊く炊き込みご飯。冠婚葬祭に欠かせないメニューなのだそうです。材料を用意したらあとは炊飯器へ。栄養たっぷりのおいしい炊き込みご飯が出来上がります。
 主菜はフーイリチー。こちらは沖縄の食堂定番メニューで、車麩と卵、野菜などを炒め合わせたお料理。麩と卵のふわっとした食感と野菜のシャキシャキ感をお楽しみください。

 汁物はあおさのりを使ったアーサー汁。一番だしに豆腐とあおさのりを入れたすまし汁です。あおさのりも沖縄の海産物として有名です。春が旬ですが、一般的には乾燥したものが使われます。しょうが汁を加え味にアクセントをつけます。
 沖縄の青い海と空を思い浮かべながら、楽しくお食事なさってください。

   

◆6月15日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 小沼真里
 今月のテーマ:「純粋はちみつってなに?」
 
メニュー:中華風スペアリブ・もずくスープ
     
▶ 
お申込みはこちらから!
                        
 anzen6-IMG_7183.JPGはちみつに自給率をご存知ですか? 何と7%しかありません。どんな国から輸入されているかご存知ですか。そして店頭に並ぶはちみつの多くに「純粋はちみつ」と書かれていますが、「純粋」とは? はちみつ生産と消費の実態を知ってから、「純粋」と書かれていてもなにやら手がほどこされたものが多いらしい…というはちみつの裏側を探ります。調味料としても上手につかいたいはちみつ、きちんと選べるようになりましょう。

  お料理は、スペアリブ。味付けにはちみつを使います。スペアリブは豚や牛の骨付き肉のこと。その肉をローストしたり、煮込んだりした料理のことも「スペアリブ」と呼びます。教室では、下味をつけた豚のスペアリブを両面色よく焼いてから、煮汁でじっくり煮込みます。最後にはちみつを使ったたれに絡めていただきます。
 スープは季節の食材もずくを使い、しょうがの味を利かせてさっぱりといただけます。

  

◇616日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師: 石川美香 
 メニュー:biosupotop.png 青椒肉絲・春雨サラダ・冬瓜スープ

 お申込みはこちらから!

kiso6-IMG_7329.JPG 今月は家庭の中華料理を通じて、千切りに挑戦です。
 まずは、青椒肉絲。牛肉を細切りに、野菜類は千切りです。香味野菜のみじん切りは先月たっぷり実習しましたね。材料が切れたら調味料を合わせておきましょう。中華の炒め物のポイントは強火で一気に仕上げること。材料、調味料をコンロの横に準備してから炒め始めます。香味野菜で油に香りを移してから材料を炒めていきます。
 春雨サラダも、野菜とハムを千切りに。こちらもドレッシングを先にしっかり合わせておいて、材料を和えます。
 スープはこれから旬を迎える冬瓜で。冬瓜は水分たっぷりで淡泊な味なので、食感を残しつつ、味をしみこませる工夫をポイントとしてしっかり覚えましょう。

 

◆6月17日(日) 10時~12時 「キッズクッキングB」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:マーボー豆腐・小松菜のスープ 
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu5-IMG_7243.JPG 家庭の中華の定番、マーボー豆腐を作りましょう。豆板醤を使わず辛くないので、おいしく食べられます。大人はお好みで辛みオイルをかけて召し上がってください。
水切りした豆腐を切って、ねぎはみじん切りに、上手にできるかな。合わせ調味料は確認しながら混ぜておきましょう。水溶き片栗粉の準備も忘れずに。
やけどに気をつけて、順番に炒めて煮込んで、とろみをつけて、ごま油を回し入れればで出来上がりです。
 スープは冷凍の鶏がらスープをベースにします。にんじん、しいたけを入れ、調味をしたら最後に小松菜を入れます。こちらもごま油を回し入れて完成です。今日は大人のクラスのような中華メニュー。おうちのごはんにもぜひ作ってみてください。
(本クラスは満員です)

 

◇6月23日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 竹林雪
 メニュー:ポークピカタ・マカロニサラダ・ミネストローネ


▶ お申込みはこちらから!                     

ouchigohan6-IMG_7310.JPG 今月は栄養バランスがとれ、彩りも美しい洋食メニューです。
 ポークピカタは、下味をつけた肉に小麦粉を薄く、まんべんなくつけ、卵液を通して焼きます。おいしそうな焼き色をつけましょう。パウダーチーズの風味をお楽しみください。
 幅広い年代に喜ばれるマカロニサラダ。茹でたマカロニには油を回しておきます。きゅうりと玉ねぎは薄く切って塩をし、水気を十分に絞ることがポイントです。味付けはマヨネーズだけでなく牛乳と酢を合わせることで、なじみがよくなります。
 ミネストローネは、主にトマトを使ったイタリアの野菜スープ。具材は地方によっさまざま。米やパスタを加えたものもあります。
教室では、じゃがいも、セロリ、にんじんを1㎝角に切って使います。彩りがきれいで、野菜を食べられるのでうれしいですね。
 ご家族やお友だちにぜひごちそうしてください。

 

◆6月24日(日) 10時~12時 「キッズクッキングA」

 受講料:3,800円 講師: 小黒雅子
 メニュー:肉じゃが・すまし汁  
  
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu6-IMG_7490.JPG おうちの味、母の味の代表と言える肉じゃが。今回は、みんながおうちの方に作ってあげましょう。
まず、今回のポイントはだしをとることです。すまし汁では昆布とかつお節で一番だしをとります。取り方はもちろんですが、だしのいい香りをしっかり感じましょう。一番だしを取った後の昆布とかつお節を使って、二番だしをとります。こちらを肉じゃがに使いましょう。肉じゃがは水でも作れますが、よりおいしく作るため、二番だしを取ってみましょう。難しい切り物はありませんが、煮える時間を考えて大きさを決めることが大切です。
 すまし汁では、オクラの下処理、豆腐の切り方を覚えましょう。調味料の塩は全量入れずに加減して、必ずお味見をしてから味を決めましょう。
(本クラスは満員です)

 

◇6月28日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:石川美香
 メニュー:タコライス・にんじんしりしり・車麩とゴーヤのスープ


▶ お申込みはこちらから!

wasyoku6-IMG_7035.JPG 和食の特色の一つに、全国各地の郷土料理があります。今回は沖縄料理を取り上げます。
 タコライスは、メキシコ料理のタコスの具材をご飯にのせ、ピリ辛のサルサソースをかけていただく料理です。
教室では、炒めてピリッと辛味をつけたひき肉、レタス、ダイスに切ったトマト、チーズ、ポテトチップスをご飯にのせます。全体をよくまぜていただきます。
 にんじんしりしりは、スライサーで細くおろしたにんじんと卵を炒めて調味料で味付けしたもので、沖縄の家庭でよく作られる料理です。にんじんがたっぷりいただけるのが魅力です。教室では、まぐろの油漬け缶を使い、味付けは塩だけで、シンプルに作ります。
 スープには、車麩とゴーヤを使います。一番だしをしっかりとり、その味と香りがしみこんだ車麩をおいしく召し上がってください。。
 

◆6月30日(土) 10時半~13時 「季節の和菓子」

 受講料:3,150円 講師: 上原智代
 メニュー:すはますあま  
  
▶ お申込みはこちらから!                   

wagashi6-IMG_7236.JPG お待ちかね、和菓子のクラスです。手作りを通して、和菓子の奥深い世界を味わっていただきます。
 今回はすはまとすあま…名前が似ているけれど、まったく違ったお菓子です。
 すはまは洲浜と書き、洲浜は浜辺の底に砂が堆積した地形を言い、その姿は昔からさまざまなものに意匠化されてきました。有名なのは、洲浜紋江戸時代に、この紋に形の似た大豆粉(きな粉)を使ったお菓子が登場し、すはまと名づけられました。その後、洲浜の形に関わらず、きな粉に似た形のお菓子であることからこの名がつけられま小さなすはま団子を串に刺したもの、そら豆に形作ったものなどが売られています。お教室では、青きな粉を使い、そら豆と枝豆の形に仕上げます。それぞれの中身は? お楽しみに。

 すあまは、「鶴の子」と呼ばれ、紅白のかまぼこ型のものは、おめでたい席の引き出物にも使われます。米粉(上新粉)に砂糖を加えて蒸したお菓子で。もちもちっとした食感と控えめな甘さが特徴です。今回は、白いものと抹茶で色をつけたグリーンのものを作ります。

 

 

2018年5月各クラスのご案内

5月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

11日(金)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪  休日のブランチをおしゃれに

12日(土)10:00~12:30 男の手料理 バジル、松の実、チーズで香り豊かなパスタを

18日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  醤油の値段の差のわけ

19日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん  今日から手作りしましょう

20日(日)10:00~12:00 キッズクッキングB 米とぎ、煮干しのだしとり始めます

24日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 魚の煮つけをきれいに

26日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん あこがれの太巻き寿司に挑戦

27日(日)10:00~12:00 キッズクッキングA 辛くないマーボ―豆腐を作ります

31日(木)10:30~13:00 夏の会席料理  旬の食材でこれからの季節のおもてなし

 

5月11日(金) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小沼真里 
 メニュー:フレンチトースト・ニース風サラダ・コーンチャウダー

▶ お申込みはこちらから!                     

mama5-IMG_6948.JPG お休みの日におしゃれなブランチを楽しませんか。2種類のフレンチトースト、サレは塩味でサラダとの相性もよくお食事向き。シュクレは甘く、デザートとして召し上がっていいただきます。焼く時にも、オリーブオイルとバターを使い分け、違った風味を楽しんでください。
 ニース風サラダは、じゃがいも、いんげん、トマト、オリーブ、ゆで卵、ツナなどをフレンチドレッシングで和えるサラダ。カラフルで見た目も楽しいサラダです。

 チャウダーは、小さく切った具材を入れた濃厚なスープのこと。今回はコーンたっぷりのチャウダーです。具材を炒めたら、小麦粉を振り入れて炒め、スープと牛乳を加えます。栄養たっぷりのスープです。
 お子さんたちも大喜びのメニューで、お休みの日のひとときをお過ごしください。

 

 

◇5月12日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:ジェノベーゼパスタ・ジャーマンポテト・玉ねぎのコンソメスープ

▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri5-IMG_6942.JPG 男の手料理クラスでは、半年に2回、お食事の時、希望される方にお酒を召し上がっていただいています。今期最初のお楽しみの回では、おしゃれなパスタランチにワインを添えます。
 ジェノベーゼパスタは、バジルペーストに松の実、チーズ、オリーブオイルなどを加えたイタリアリグリア州のジェノバ県で生まれたジェノベーゼソースで和えたパスタ。味はもちろん豊かな風味と美しいグリーンが魅力です。
 ジャーマンポテトは、ベーコン、玉ねぎとゆでたじゃがいもを炒め合わせた一品。手軽でおいしくボリューム感もあるので、食卓のアクセントになりますね。
 玉ねぎのコンソメスープは、大きめの玉ねぎの存在感と甘さをお楽しみいただくスープです。今回は新玉ねぎを使います。よりやわらかく、甘い玉ねぎをお楽しみください。
 
 

◆5月18日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 山田郁子
 今月のテーマ:「醤油の値段の差はどこから?」
 
メニュー:豚ひき肉の湯葉包み・うどのすまし汁
     
▶ 
お申込みはこちらから!
                        
 anzen5-IMG_6988.JPGスーパーにはたくさんの種類の醤油が並んでいますね。値段もさまざまです。同じ醤油なのになぜ?と思ったことはありませんか? 大豆と小麦食塩だけを使い、本醸造と書かれている醤油でも、値段はいろいろ。表示から違いはわかるのでしょうか? さらにお弁当や持ち帰り寿司などについているポーションの醤油はさて何もの?
 醤油の原材料、製造方法から値段のわけを探ってみましょう。

  お料理は、醤油味に煮込んだ主菜と薄口醤油で風味をつけたお吸い物の2品。
豚ひき肉ににんじんやきくらげを混ぜた肉あんを水でもどした湯葉に包み、表面を焼き付けてから煮汁で煮込みます。ご飯がすすむおかずとして、お弁当のおかずとして活躍しそうです。
 お吸い物には旬のうどと生わかめを使います。一番だしをしっかりとって、旬の食材でつくるすまし汁は、和食のグレードをぐっとアップしてくれます。おだしの味と季節感を感じてください。
 

 

◇519日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師: 石川美香 
 メニュー:スパゲティミートソース・マッシュルームのサラダ・ペイザンヌスープ

 お申込みはこちらから!

kiso5-IMG_7084.JPG お馴染みのスパゲティミートソース。レトルトや缶詰のものも多く、確かにお手軽。でも、手作りの味わいは格別ですよ。 まずは材料のみじん切り。ちょっと手間ですが、がんばりましょう。材料をそろえて炒めたら、あとはトマトの水煮、トマトケチャップなど調味料で煮込みます。スパゲティの茹で具合も確認して、おいしくいただいましょう。
 きのこ類では唯一生食できるマッシュルームとルッコラのサラダ。マッシュルームは新鮮なものであれば生でいただけます。サラダでは、手作りドレッシングがポイントです。BELLEではいろいろなドレッシングをお教えしますが、今回やプレーンヨーグルトとオリーブオイルベースのドレッシングです。食べる直前に和えていただきます。
 ペイザンヌは、野菜を1㎝角に切る切り方を言います。たっぷりの野菜を大きさをそろえて切り、バターでいため煮込みます。仕上げ手にトマトケチャップを入れ、風味をつけましょう。
 今回は、切りものがたくさんあるメニュー。包丁使いに慣れ、一日も早く切るのが楽しみ…になってくださいね。

 

◆5月20日(日) 10時~12時 「キッズクッキングB」

 受講料:3,800円 講師: 竹林 雪
 メニュー:きじ焼き丼・春キャベツと油揚げの味噌汁 
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu4-IMG_6722.JPG 今期から、キッズクッキングは2コースになりました! 年長さんから6年生までが4人グループで協力しながらお料理します。基本的には、全部の工程を経験します。グループごとにインストラクターがついて、丁寧に指導します。

 Bコースの初回もみんなが大好きな丼物。きじ焼きとは、鶏肉や魚の切り身などをしょうゆ、みりん、酒で造った漬け汁に漬けて焼いたもの。みんなが大好きなお味ですね。鶏肉の下ごしらえもしっかりします。とその前に、みんなでお米をとぎましょう。
 そして味噌汁は、煮干しのだしとりからです。おうちでもおいしいお味噌汁を作れるようになってくださいね。

 ごはんは、食べられる量だけよそいましょう。そしてお箸の持ち方、食べ方、食器の洗い方なども、少しずつ指導していきます。(本クラスは満員です)

 

◇5月24日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:石川美香
 メニュー:魚の煮付け・焼き椎茸と小松菜のポン酢和え・厚揚げとグリーンアスパラの味噌汁


▶ お申込みはこちらから!

wshoku5-IMG_6756.JPG 煮魚をきれいにおいしく作るポイントをしっかり学びましょう。ふっくらとおいしくできあがる火加減や、煮崩れしないコツを覚えれば、食卓にもっともっとのるようになりそうですね。
 ポン酢を使った和え物は手軽な一品ですが、しいたけをグリルで焼くことで、より風味が豊かになります。
 味噌汁は、煮干しだしをしっかりとりましょう。味噌汁の具材は季節に応じてさまざまですが、厚揚げとグリーンアスパラの組み合わせも絶妙です。味噌汁は沸騰させると風味が飛んでおいしさ半減。煮えばなをいただきましょう。
 和食はいただくタイミングが大切です。段取りよくお料理して、おいしくいただきたいですね。

 

◆5月26日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 竹林雪
 メニュー:太巻き寿司・揚げ出し豆腐・あさりのすまし汁


▶ お申込みはこちらから!                     

ouchigohan5-IMG_7001.JPG 太巻き寿司と揚げ出し豆腐…憧れのメニューですね。ポイントをしっかり学んでおうちでつくれるようになってください。ご家族やお友だちにごしそうしたら、みんなが笑顔になること、間違いなしです。
 太巻き寿司は、まずすし飯を作り、具材を準備します。ほうれん草を茹でて下味をつけ、卵焼きを作り、戻した干し椎茸を煮て、エビの下準備をします。そこまでできたらいざ、巻き始めましょう。しっかり負けたら、最後は上手に切り分けます。包丁をふきんで濡らしながら、ゆっくり切ってください。

 揚げ出し豆腐は水切りした豆腐に片栗粉をまぶして揚げます。だしの風味のきいた汁が味の決め手ですが、お教室では一手間省いて作りやすい方法をお教えします。
 汁物は、旬のあさりのすまし汁。あさりの砂だしのしかたをしっかり覚えましょう。
 今回は自分で作れたらとてもうれしい和食の3品。何度も作って調理法を身につけてください。

 
 

5月27日(日) 10時~12時 「キッズクッキングA」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:マーボー豆腐・小松菜のスープ  
  
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu5-IMG_7243.JPG 家庭の中華の定番、マーボー豆腐を作りましょう。豆板醤を使わず辛くないので、おいしく食べられます。大人はお好みで辛みオイルをかけて召し上がってください。
水切りした豆腐を切って、ねぎはみじん切りに、上手にできるかな。合わせ調味料は確認しながら混ぜておきましょう。水溶き片栗粉の準備も忘れずに。
やけどに気をつけて、順番に炒めて煮込んで、とろみをつけて、ごま油を回し入れればで出来上がりです。
 スープは冷凍の鶏がらスープをベースにします。にんじん、しいたけを入れ、調味をしたら最後に小松菜を入れます。こちらもごま油を回し入れて完成です。今日は大人のクラスのような中華メニュー。おうちのごはんにもぜひ作ってみてください。
(本クラスは満員です)

 

◆5月31日(木) 10時半~13時 「夏の会席料理」

 受講料:4,500円 講師: 石川美香
 メニュー:キスとれんこんの揚げ団子・そら豆の蜜煮・生姜のいい蒸し 牛肉の甘辛煮添え・みょうがのむら雲汁 
    
▶ お申込みはこちらから!                   

kaiseki5-IMG_6906.JPG キス、枝豆、もずく、そら豆、新生姜、みょうが、今がまさに旬のもの、これから旬を迎える食材を使った和食のおもてなしメニュー4品を作ります。

 初夏から夏にかけておいしいキスは、フードプロセッサーにかけ、すりおろしたれんこんなどとあわせて丸め、油で揚げます。食感のよい団子です。添え物のもずくは、三杯酢で、生姜をきかせていただきます。涼し気ですね。
 そら豆の蜜煮は、茹でたそらまめの薄皮をとり、だしにグラニュー糖とみりんを加えた汁で静かに煮ます。やさしいお味の箸休めにピッタリの一品です。
 日本料理のいい蒸しは、もち米とほかの食材を一緒に蒸したものをいいますが、お教室ではもち米を蒸し器で蒸し、生姜を混ぜて再び蒸すことで、ふんわりと仕上げます。甘辛く煮て山椒の風味をきかせた牛肉をのせていただきます。
 汁物は、溶き卵がふわふわのむら雲のように汁の中にひろがります。一番だしをしっかりとり、卵をふんわりと流し入れるコツを覚えましょう。
 一品ずつ作れば毎日の食卓に役立ちますが、4品そろえば初夏のおもてなしメニューになりますね。ご自宅にあるちょっと涼し気な器に美しく盛り付けてください。

 

2018年4月各クラスのご案内

いよいよ2018年度春・夏の教室スタートです! 4月の各教室のご案内です。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

13日(金)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪  お弁当のバリエーションに

14日(土)10:00~12:30  男の手料理 竹の子づくしで春を満喫します

15日(日)10:00~12:00  親子クッキング お肉を練って、ポテトをつぶして・・・

20日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  オリーブオイルあれこれ

21日(土)10:30~13:00  基礎から学べるおうちごはん料理の基本中の基本から

22日(日)10:00~12:00  キッズクッキングA  米とぎ、煮干しのだしとりから

26日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 和食の基本調理法を

28日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 野菜を料理にあわせて切ります

 

 

4月13日(金) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子 
 メニュー:ささみのごま衣焼き・春野菜のグリル・豚ひき肉の卵焼き
▶ お申込みはこちらから!                     

mama4- IMG_6532.JPG 新年度トップは、ママの楽しいキッチン♪コースです。小学校3年生までのお子さんをお持ちのママ・パパを対象に、各回にテーマを設けて、お料理を楽しんでいただきます。4月のテーマはお弁当です。4月からお弁当作りを始められる方、新年度を迎えこれまでと違うお弁当を作りたいと思っていらっしゃる方、そして、お弁当を持ってご家族でお出かけを楽しみたい方に…身近な食材を使ったお弁当のおかずをご提案します。

 ささみのごま衣焼きは、下味をつけたささみにたっぷりごまをまぶして焼いたもの。朝から揚げ物は大変という方も、これなら手軽にできますね。肉にしっかり火を通す焼き方を覚えてください。
 春野菜のグリルはドレッシングもこの季節ならでは。野菜は切ってオリーブオイルをまぶし、グリルで焼きます。お勧めのドレッシングにはみじん切りしたなばなを加えます。春の香りをたっぷりお楽しみください。
 3品目は、ひと手間かけた卵焼きです。豚ひき肉と玉ねぎを炒め味をつけておき、卵焼きを焼くときにまんべんなく散らします。ボリューム感が増し、味にアクセントもつくので、いつもの卵焼きのバリエーションとしてぜひお弁当箱に入れてください。

 

 

◇4月14日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:biosupotop.png 竹の子ご飯・竹の子と鯖缶の煮物・竹の子団子のかき玉汁
▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri4-IMG_6493.JPG お料理を始めてみたいと思っていらした方、奥様との役割分担で家族が喜ぶ料理を作りたい方、これからはお料理を趣味にしたいと考えていらっしゃる方…一緒にお料理いたしましょう。楽しいお仲間もでき、一つずつできることが増えてくるのはとても楽しみですよ。

 2018年度初回は、まさに春欄間。竹の子づくしのメニューです。時間の関係で、竹の子は茹でたものを使いますが、もちろん、茹で方はきちんとお教えします。でも、茹でたものを買って来ても大丈夫。いきなり背伸びせずに、とにかくお料理することを楽しんでください。

 竹の子料理と言えば、何といっても竹の子ご飯は欠かせませんね。竹の子を下煮せずに炊飯器で炊きますから、ぜひおうちでも作っていただきたいです。
 2品目は、竹の子と鯖缶を使った煮物です。こちらも材料の下ごしらえがほとんどいりませんので、手軽に作っていただけます。ちょっと珍しい組み合わせにご家族も喜ばれるのでは。
 そして汁物には、みじん切りの竹の子を鶏ひき肉に混ぜた団子と溶き卵が入ります。ここでは、一番だしをしっかりとりましょう。ひと手間かけておいしいだしを取ることは、お料理には欠かせません。

 

◆4月15日(日) 10時~12時 「親子クッキング」

 受講料:4,800円 講師: 小沼真里
 メニュー:アスパラつくね・ポテトサラダ     
▶ お申込みはこちらから!                   

oyako4-IMG_6473.JPG

 年中さんから小学校6年生までのお子さんと、パパかママが二人一組でお料理をするクラスです。今回は鶏ひき肉を使ってつくねをつくります。玉ねぎのみじん切りは子どもたちにできるでしょうか? お肉を練るのはお任せですね。粘りが出るまでよく混ぜましょう。今回は、肉をアスパラに巻き付けて焼きます。上手にお肉がつくでしょうか?
 ポテトサラダは、マヨネーズを使わずに作ります。茹でたじゃがいもとにんじんをを粗くつぶすのは子どもたちのお仕事です。ドレッシングの作り方を覚えましょう。じゃがいもとにんじんが冷めないうちにドレッシングで和えるのが、おいしさのポイントです。
(本クラスは満員です)

 

◇4月20日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 小沼真里
 今月のテーマ:「どんなオリーブオイルを選びますか?」
 
メニュー:海老とズッキーニのアーリオ・オーリオパスタ
      切り干し大根のマリネ
▶ 
お申込みはこちらから!
                        
anzen4-IMG_6735.JPG 食材選びの目を養うセミナーと、短時間でおいしく作れるクッキングを楽しんでいただくコースです。今年度もさまざまな食材を取り上げ、どんなものが売られていて、何を気をつけて選べばいいかを考えます。そして、問題点を解決した安心して使える食材で、楽しくお料理いたしましょう。

 今年度初回のセミナーでは、オリーブオイルを取り上げます。巷では「エクストラバージンオイル」と書かれたオリーブオイルに、ずいぶん値段の差があります。オリーブオイルの基準はどうなっているのでしょう? いろいろなオリーブオイルを比較してみましょう。

 クッキングは、オリーブオイルをたっぷり使ったパスタとマリネです。アーリオオーリオは、ニンニクとオリーブオイルを使ったソースのこと。シンプルなだけに、食材の風味を感じながらいただきたいパスタです。
 マリネには切り干し大根を使います。カラーピーマンときゅうりをあわせ、彩りもきれいです。切り干し大根の新しい食べ方をお楽しみください。
 

◆421日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師: 石川美香 
 メニュー:生姜焼き・ブロッコリーのごま和え・玉ねぎとわかめの味噌汁
 お申込みはこちらから!

kiso4-IMG_6445.JPG 4期2年間(24回)のお教室で、お料理の基礎をしっかり身につけ、基本的な和洋中のお料理をおいしく作れるようになっていただくコースです。もちろん、毎回丁寧にお教えしますので、いつからでも始めていただけます。食材の扱い方、道具の使い方、そしておいしく作る方法…一つひとっつ身につけていきましょう。

 初回は、一人暮らしを始められる方たちにも、まず作っていただきたいお夕飯のメニューです。生姜焼きでは、漬け汁に漬けた肉が、焦げすぎないように上手に焼きましょう。
 野菜の副菜は、ごま和えです。和え衣を覚えて、いろいろな季節の野菜で作ってみてください。ブロッコリーはゆですぎず、水気をしっかり切ることがおいしさの決め手です。
 味噌汁も和食の食卓には欠かせません。煮干しでだしをしっかりとりましょう。この一手間が、お料理のレベルをぐ~んと上げてくれます。だしを取る生活をぜひ楽しんでください。 

 

4月22日(日) 10時~12時 「キッズクッキングA」

 受講料:3,800円 講師: 竹林 雪
 メニュー:きじ焼き丼・春キャベツと油揚げの味噌汁    
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu4-IMG_6722.JPG 年長さんから6年生までが4人グループで協力しながらお料理します。基本的には、全部の工程を経験します。グループごとにインストラクターがついて、丁寧に指導します。

 初回はみんなが大好きな丼物。きじ焼きとは、鶏肉や魚の切り身などをしょうゆ、みりん、酒で造った漬け汁に漬けて焼いたもの。みんなが大好きなお味ですね。鶏肉の下ごしらえもしっかりします。とその前に、みんなでお米をとぎましょう。
 そして味噌汁は、煮干しのだしとりからです。おうちでもおいしいお味噌汁を作れるようになってくださいね。

 ごはんは、食べられる量だけよそいましょう。そしてお箸の持ち方、食べ方、食器の洗い方なども、少しずつ指導していきます。(本クラスは満員です)
 

 

◆4月26日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:石川美香
 メニュー:鶏手羽元の竜田揚げ・うどとわかめの酢の物・茶碗蒸し

▶ お申込みはこちらから!

wasyoku4-IMG_6514.JPG BELLEでは、和食の定義をごはんと汁もののある食卓と位置づけ、ごはんをおいしくいただくメニューをご紹介します。また、和食の基本的な調理法をお教えし、多くの方のあこがれである和食の食卓づくりをすすめていかれたらと考えています。

 今年度初回は、鶏肉の竜田揚げです。竜田揚げは、食材に醤油などで下味をつけてから、片栗粉をまぶして揚げたお料理です。今回は手羽元を使います。揚げ物の基本を覚えてください。
 和食ではとくに季節感を大切にします。季節の食材を使った酢の物は、これからの季節にうれしい副菜です。食材の扱い方などのポイントを押さえればよりおいしい酢の物を召し上がっていただけます。
 今回はお吸い物に替わりに言わずと知れた茶碗蒸しです。一番だしの取り方、卵液をこし、上手に蒸します。蒸し物は和食に欠かせませんが、おうちでなさる方は少なくなっているようです。蒸し物を上手に取り入れたいですね。

 

◇4月28日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 竹林雪
 メニュー:回鍋肉・トマトのサラダ・肉団子と青菜のスープ

▶ お申込みはこちらから!                     

 egao-IMG_3361.JPG本コースは、「基礎から学べるおうちごはん」を終えた方たちに、お料理の基礎を復習しながらレパートリーを広げ、4期2年間(24回)で和洋中の基本的な家庭料理を網羅していただくことを目的にしています。「こんなお料理を作れるようになりたかった」というメニューも登場するはずですので、ぜひ、ご家族やお友だちにごちそうして、みんなを笑顔にしてください。

 初回は、中華のメニューです。回鍋肉の「回鍋」とは一度調理したものを再び鍋に戻して調理するという意味で、茹でた豚肉を使います。春キャベツのおいしい季節、たっぷりいただきたいですね。中華料理の基本は、調味料も含めた材料をしっかり準備しておき、一気に火を入れて仕上げることです。
 肉団子と青菜のスープでは、肉あんをしっかり練ります。スープは冷凍の鶏がらスープを使います。添加物のない安心しておいしくいただけるスープです。
 トマトの中華サラダでは、何といってもトマトを薄くきれいに切って並べるのがポイントです。ポイントを教わって上手に切れるようがんばってください。中華のドレッシングは覚えておくと便利です。季節ごとにいろいろな野菜を使って楽しむことができます。


 
 

 

2018年3月各クラスのご案内

3月のBELLEの各教室をご紹介するページです。いよいよ今期最終月です。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

3日(土)10:30~13:00 和菓子  春の訪れを感じる和菓子2種を作ります

4日(日)10:00~12:00  親子クッキングクラス 栄養バランスのよいメニューです

8日(土)10:30~13:00 春の会席 春の香りを丁寧なお料理で楽しみます

10日(土)10:00~12:30  男の手料理 野菜がたっぷりいただける韓国料理

13日(火)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ 彩りのよいお寿司を持ち寄りに

15日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓  乾物をもっと食卓に

16日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  命を頂く意味を考えます

17日(土)10:30~13:00  基礎から学べるおうちごはん  彩りもバランスも抜群です

24日(土)10:30~13:00  笑顔をつくるおうちごはん  茶巾寿司を自慢の一品に

25日(日)10:00~12:00  キッズクッキング   お寿司がきれいにできるかな?

 

◆3月3日(土) 10時半~13時 「和菓子」

 受講料: 3,150円 講師: 上原智代
 メニュー:うぐいすもち・夏かん糖                  

▶ お申込みはこちらから!

wagashi3-IMG_6143.JPG 季節を感じる和菓子2品を作ります。

 うぐいすもちは、その名のイメージ通り、春の代表的な和菓子の一つ。
和菓子作りとしてのポイントは、求肥づくり。求肥にはやわらかみのある特有の粘りがあり、餅に比べて固くならないので、和菓子には欠かせませんね。しっかり作り方を覚えてください。

 夏柑等糖は、京都の和菓子店の季節限定のお菓子として有名になりました。夏みかんの果汁を使った寒天菓子で、器には丸ごとの夏みかんの皮を用います。BELLEでは、甘夏みかんを使います。寒天の上には、葛あんをかけ、香りと自然な甘み、そして食感を楽しめるこの季節ならではのお菓子です。

 

3月4日(日) 10時~12時 「親子クッキング」

 受講料:4,800円 講師: 小沼真里
 メニュー:ミニトマトの茶碗蒸し・小松菜とシラスののっけご飯     
▶ お申込みはこちらから!                   

oyako3-IMG_6042.JPG  年長さんから小学校6年生までのお子さんと、パパかママが二人一組でお料理をするクラスです。今回は茶碗蒸しに挑戦です。まずだしをきちんととって、その香りを感じてください。なめらかな卵液を上手に蒸し、おいしい茶碗蒸しを作りましょう。ミニトマトが見た目とお味のアクセントです。
 のっけ丼は見た目は渋いですが、栄養満点でお箸が進む丼です。カロテンを初めとするビタミンが豊富で、ミネラルや食物繊維も含んだ小松菜とカルシウムたっぷりのシラスは最強の組み合わせ。楽しく作って栄養たっぷり…おうちで活躍しそうなメニューですね。(本クラスは満員です)

 

◆3月8日(木) 10時半~13時 「春の会席料理」

 受講料: 4,500円 講師: 石川美香
 メニュー:飛竜頭と竹の子の含め煮・椎茸の蕗味噌焼き
      春の貝とうるいのいちご酢・生麩とひし形豆腐の白酒椀
▶ 
お申込みはこちらから!

kaiseki3-IMG_6365.JPG 江戸時代の茶懐石料理を同じ配置でお弁当にしたのが松花堂弁当。汁物をつければ、立派なおもてなし料理です。
 今回は春満載のメニューたち。豆腐に大和芋や卵白を加えて丸めて揚げた飛竜頭と、春を代表する竹の子を煮含めます。塩ゆでしたこごみを付け合わせれば、さらに春の香り。
 早春の香りはふきのとう。塩ゆでして刻んだふきのとうに白味噌を合わせて練り上げれば、手作りふきみそが出来上がります。使い道いろいろで楽しいですね。
 湯引きしたつぶ貝と今が旬の山菜うるいは、いちご酢で召し上がっていただきます。彩りも美しく、いちごのほのかな甘酸っぱさが活きた一品です。

 椀物は、ひし形に切った焼き豆腐ときれい生麩を使った白酒椀。だしをしっかりとり、酒粕と白味噌を合わせて加えます。菜の花を添えれば、春爛漫のテーブルが出来上がります。
 
  季節感、彩りを大切にする和食の真髄を感じていただきたいメニューです。

 

◇3月10日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小沼真里
 メニュー:biosupotop.png スンドゥブチゲ・野菜のジョン・大根とせりのナムル
▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri3-IMG_6286.JPG 今期最終回は、ご家族もきっと大好きな韓国料理にチャレンジします。
 「スンドゥブ」は日本のおぼろ豆腐のような韓国のやわらかい豆腐。これを辛いスープで煮込んだ鍋料理がスンドゥブチゲです。豆腐が辛いスープをマイルドにしてくれ、野菜もたくさんいただけます。
 ジョンはうす切りやみじん切りにした肉や魚、野菜に味つけをし、小麦粉をつけて焼いた料理。
今回は、タラの芽を使い、春を感じていただきます。
 ナムルはいろいろな種類がありますが、今回は大根とせりを使います。せりもこの季節ならではの食材。
 お野菜がたっぷりとれ、春をしっかり感じられるメニューに、ご家族は大喜びされるのではないでしょうか。
 

 

3月13日(火) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子 
 メニュー:biosupotop.png かざり寿司・沢煮椀・大根のお漬物
▶ お申込みはこちらから!                     

mama3-IMG_5852.JPG 持ち寄りをテーマにした今月のメニューは、お寿司です。汁物を持って行くのはちょっと大変かもしれませんが、人気メニューになることは間違いなしです。

 飾り寿司は、ラップを広げ、出来上がりをイメージしながら、具材を置き、薄焼き卵を置き、寿司飯をのせ、包んで手でぎゅっと形を整えて作ります。型を使わなくてもきれいにできますね。
 沢煮椀は具材をとにかくそろえてせん切りに。うどが春らしさを添えています。一番だしをしっかりとって、具材を煮て、調味します。吸い口に黒こしょうをふるのが特徴です。

 大根の漬物は、箸休めにもなり、作っておくと便利な一品です。唐辛子、きざみこんぶ、そしてゆずが風味を引き立てます。
 和食の持ち寄り、きっと喜ばれますよ。(本クラスは満員です)

 

◇3月15日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:石川美香
 メニュー:車麩の変わり揚げ・タコのわさび和え・豆腐の豆乳汁

▶ お申込みはこちらから!

wasyoku3-IMG_6276.JPG 乾物を使うことがすくなっている昨今ですが、和食には欠かすことのできないです。今回のメニューは車麩の揚げ物ですが、青のり、桜えび、かつお節を混ぜた衣をつけることで、違った風味を楽しむことができます。
 和食の副菜には欠かせない和え物、今日はわさび和えです。たこ、大根の下ごしらえもしっかり覚えてください。さっぱりした味わいが揚げ物によくあいます。
 汁物は、栄養たっぷりの豆腐の豆乳汁。大豆の味の生きたおいしい豆腐、おいしい豆乳を使うことはもちろんですが、やはりだしをしっかりとることが大切です。細ねぎをたっぷり入れて温かいうちに召し上がっていただきましょう。

 

◆3月16日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 山田郁子
 今月のテーマ:「動物福祉(アニマルウェルフェア)を考える」
 
メニュー:太平燕(春雨入り五目のスープ)
      一文字のぐるぐる(わけぎの酢味噌がけ)
▶ 
お申込みはこちらから!
                        
anzen3-IMG_6304.JPG 皆さんは、アニマルウェルフェアという言葉と聞いたことがありますか? 日本語に直すと「動物福祉」となります。以前から、人間の食べものの安全性を動物実験で確かめることの是非が言われることがあり、その時動物福祉という言葉が登場していました。最近では、私たちの命を育む家畜の飼育についてもこの観点が問題にされるようになりました。
 日本ではまだまだ広がっていない考え方ですが、来年の東京オリンピックに向けて、食のあり方も問題になりそう。何が問題なのか、どう食べて行けばよいのか、ぜひご一緒に考えてみましょう。

  お料理は、熊本料理2品。太平燕(タイピーエン)は、日本でアレンジされた中華料理の一種だそうです。春雨スープに海老やいか、豚肉、野菜類などの五目炒めを合わせ、揚げ玉子を添えたものが本場のレシピです。春雨も具材もたっぷり入ったご馳走感のあるスープです。
 二品目はネーミングも楽しい一文字(ひともじ)のぐるぐる。わけぎの一種のひともじをさっと茹で、根本の白い部分を二つ折りにして、青い葉先をぐるぐる巻きつけます。酢味噌や辛子酢味噌をつけていただく箸休めやお酒におつまみになる一品です。

 

◇317日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師: 石川美香 
 メニュー:にんじんピラフ・ロールキャベツ・ミモザサラダ
 お申込みはこちらから!

kiso3-IMG_6077.JPG 今期最後のメニューは、食卓に春を感じる洋の3品です。ロールキャベツはキャベツの上手なはがしかた、ゆで方から、肉あんの巻き方などのポイントがたくさん。しっかり覚えてくださいね。
 ミモザサラダでは、もう何度も出て来たドレッシングの作り方の復習。そしてゆで卵を白身と黄身に分けてきれいに飾りましょう。
 にんじんピラフは、にんじんのみじん切りとすりおろしがちょっと大変ですが、あとは、炊飯器にお任せの簡単で、きれいで、栄養たっぷりのメニューです。

 この3品を基礎クラスのまとめとして、どなたかにご馳走しませんか?きっとあなたのお料理の腕が高い評価を受けること、間違いありません。

 

◆3月24日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:茶巾寿司・せりと鶏肉の和え物・はんぺんのすまし汁

▶ お申込みはこちらから!                     

egao3-IMG_6323.JPG お寿司にはいろいろな形がありますね。今回は上手に作れたらきっとだれかに食べてもらいたくなる茶巾寿司を作りましょう。寿司飯の作り方は大丈夫ですか? にんじん、干ししいたけ、かんぴょうを見て、寿司飯に混ぜます。かんぴょうの扱い方もしっかり覚えましょう。
 そして何といってもメインは薄焼き卵です。これがきれいに焼けると茶巾寿司の成功も間近。一人ずつがんばって薄焼き卵に挑戦です。
 マヨネーズを使った和え物はだれもが大好きですね。鶏むね肉をやわらかく茹でる方法、マヨネーズを和え衣として伸ばす方法など、こちらのメニューにも覚えておきたいポイントがたくさん。
 すまし汁は、一番だしが決め手です。海女のりを加えることで磯の香りがうれしいすまし汁ができあがりです。
 
 

3月25日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 竹林 雪
 メニュー:ハートのサラダ寿司・ちくわのすまし汁    
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu3-IMG_6016.JPG いよいよ今年度最後のお教室です。サラダ寿司は炊いたご飯にドレッシングを合わせます。ドレッシングの作り方はもう何度も出てきましたね。ご飯をつぶさないように上手に合わせましょう。そこに、ミックスベジタブルとお魚のソーセージを混ぜて、ハートの形に整えます。飾りは炒り卵。もちろん、みんなで作りますよ。
 お吸い物は昆布とかつお節でだしをとることからスタートです。昆布を取り出すタイミング、かつお節を入れて火を消すタイミング…などなどお家の方にも教えてあげてくださいね。
 だしのいい香りがお教室に広がることでしょう。シンプルでおいしい吸い物の味をBELLEに通っている皆にはぜひ覚えておいてほしいです。

 3月のお教室でBELLE最後のお兄さん、お姉さんたちがいます。卒業おめでとう! 
そして来月進級した元気な皆に会えることを楽しみにしています。
(本クラスは満員です)
 

2018年2月各クラスのご案内

2月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

3日(土)10:30~13:00 洋菓子  チョコレートたっぷりザッハトルテを作ります

4日(日)10:00~12:00  キッズクッキングクラス 家族も喜ぶ和食の定番メニュー  

10日(土)10:00~12:30  男の手料理 休日のランチメニューにぴったりです

13日(火)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ おしゃれメニューでママ友ランチ

15日(木)10:30~13:00これからの和食~ごはんを囲む食卓 ひな祭りに温かいお寿司

16日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  世界のうま味調味料を探る

17日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん  家庭の中華の腕が上がります

24日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはんる煮は野菜たっぷり高知の料理

25日(日)10:00~12:00 キッズクッキング  みじん切りやせん切りをがんばります

 

◆2月3日(土) 10時半~13時 「洋菓子」

 受講料: 3,700円 講師: 上原智代
 メニュー:ザッハトルテ                   

▶ お申込みはこちらから!

yougashi2-IMG_5877.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像 年に2回のお楽しみ洋菓子クラス。今回は、オーストリアが発祥の古典的なチョコレートケーキの一種、ザッハトルテを作ります。ザッハトルテは、チョコレート味のスポンジケーキにあんずのジャムを塗り、表面全体をチョコレートでコーディングしたもの。チョコレートの品質やおいしさが決め手になりますね。
 チョコレートの溶かし方、ふんわりしたメレンゲの作り方、材料の混ぜ具合などなど、ポイント満載のレッスンで、お一人1台のザッハトルテを仕上げ、お持ち帰りいただきます。

 間もなくやってくる2月14日に向けて、おうちで作って、大切な方に召し上がっていただいてください。(本クラスは満員です)

 

2月4日(日) 10時~12時 「キッズクッキングクラス」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:鯖の味噌煮・野菜たっぷり豆乳味噌汁      
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu1-IMG_5715.JPG 大好評のキッズクッキングの特別クラスです。お魚の和食メニューです。
 鯖の味噌煮は、まず、鯖の切り身に熱湯をかけ霜降りにし、血合いをきれいにする下処理が大切です。まず調味液で火を通してから、味噌を溶き入れましょう。
 豆乳味噌汁は、だしをとり豆乳を加えることで、やさしい味わいになります。野菜類は、それぞれの切り方をしっかり確認して、上手に切りましょう。
 今年もお友だちと協力し、楽しく、おいしくお料理しましょう。

 

◆2月10日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小沼真里
 メニュー:カレーうどん・手羽先の甘辛だれ・長芋の梅肉和え
▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri2-IMG_5919.JPG お蕎麦屋さんのカレーうどん、寒い季節にはたまりませんね。それをご家庭で作ってみませんか。うどんに絡まるやさしいカレーは、だし汁と牛乳の絶妙なバランスによるもの。片栗粉でとろみをつければ、より冷めにくくなります。
 手羽先の甘辛だれは、片栗粉をまぶしてあげた手羽先を煮立てたたれにからめたもの。名古屋中心に手羽先というとこの唐揚げを意味するそうで、パリパリっとした食感と甘じょっぱい味付けが、お酒の肴にもなりそうです。

 3品目は、さっぱり味の長芋の梅肉和え。長芋をたたくことで、味がしみ込みやすくなります。簡単でおいしい箸休めとして、活躍しそうな一品です。

 

◇2月13日(火) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子 
 メニュー:ポークホワイトストロガノフ・ごぼうとまいたけのホットサラダ
      アフォガード                     
▶ 
お申込みはこちらから!

mama2-IMG_5679.JPG 今月は、ママたちが大喜びのおしゃれなメニュー。ママ友ランチのおしゃべりもますます弾みそうですね。
 ロシアのストロガノフ家で生まれた料理としてビーフストロガノフが知られていますが、本場ロシアでも、鶏肉や豚肉でアレンジしたメニューがあるそうです。お教室では、豚の薄切り肉に生クリームと牛乳を使い、ご家庭で作りやすくしています。
 サラダは、うまみのあるごぼうとまいたけを炒め、温かいうちにドレッシングで和えたホットサラダ。いつものサラダと一味違い、とくに、ママたちには人気メニューになりそうですね。
 デザートはアフォガード。バニラ風味のアイスクリームに飲料をかけていただくイタリアのデザートです。「溺れた(アイスクリーム)」と言う意味があるとか。お教室では、混じりけのないおいしいアイスクリームに熱々のコーヒーをかけていただきます。おしゃべりをちょっとストップして、溶けないうちに召し上がっていただきましょう。(本クラスは満員です)
 

◆2月15日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:石川美香
 メニュー:蒸し寿司・うるいの和え物・かまぼこと春菊のすまし汁

▶ お申込みはこちらから!

wasyoku2-IMG_5783.JPG まだまだ寒い日が続くとは言え、桃の節句も近づき、そろそろ食卓に早春の香りを漂わせませんか。
 一品目は、寿司飯に錦糸卵、あなごをのせて、蒸し器で蒸したお寿司です。三つ葉やしょうがの甘酢漬けをかざり、彩りもきれいで、温かさにほっとする味わいです。
 うるいは春が旬の山菜です。くせがないので、おひたしや和え物、サラダなどに使えます。春にしか出回らないものなので、ぜひ、召し上がってください。
 本コースでは、これまでもきちんとだしをとってお料理することを大切にしてきました。今回も昆布とかつお節で一番だしをとり、おいしいすまし汁を作ります。かまぼこの切り方にちょっと工夫し、へぎ柚子を浮かべるだけで、趣きのある汁ものが出来上がります。
 
 

◇2月16日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 竹林雪
 今月のテーマ:「世界のうま味調味料を探る」
 
メニュー:豚肉のしょっつる漬け焼き・野菜のしょっつる鍋
▶ 
お申込みはこちらから!
                        
anzen2-IMG_5748.JPG 今月のお料理は、日本の魚醤の一つ、秋田のしょっつるを使った2品。そこで、セミナーでは、世界のうまみ調味料を探ってみましょう。ナンプラー、ニョクマムなどは日本にも浸透しつつありますが、市販品の中には、食品添加物が使われているものもあります。選ぶなら、促成製造のものより、シンプルで本来の味わい深いものがいいですね。

  クッキング一品目は、豚肉のしょっつる漬け焼き。しょっつるを利かせた調味液に豚肉をつけて焼くだけの手軽なものですが、少量でうまみが出るので、ご家庭で何度も作りたくなるメニューです。
 しょっつる鍋は、まさにしょっつるのうまみを鍋に凝縮していただくもの。昆布水にしょっつる、酒、みりんを加えて煮立て、今回はたっぷりの野菜と豆腐を召し上がっていただきます。今がやわらかくておいしいセリを具材としても薬味としても使います。

 

◆2月17日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円  講師: 石川美香 
 メニュー:あんかけ焼きそば・青梗菜のスープ・りんごの春巻き
 お申込みはこちらから!

kiso2-IMG_5901.JPG 今月は、だれかにご馳走したくなるメニューです。「全部作ったの?」と驚かれるかもしれません。

 あんかけ焼きそばのポイントは、麺をパリパリに焼くこと。蒸し焼きそばを押さえながら、ゆっくり焼いていきましょう。具材は、材料を切り、調味料を合わせ、一気に炒めます。水溶き片栗粉でとろみをつけ、パリパリの麺の上にのせれば、お店でいただくような焼きそばの出来上がりです。
 青梗菜のスープのベースには、冷凍の鶏がらスープを使います。香味野菜を加えてひと煮立ちさせるだけで、中華スープのベースになります。鶏がらスープは、塩味だけのシンプルなものが適切。市販品を使う時は、表示をよく見て選んでください。
 デザート風の春巻きは、煮たりんごを包んで揚げます。りんごはバターで炒め、水、グラニュー糖、しょうが汁を加えて煮ることで、風味も豊かになります。

 

◇2月24日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 竹林雪
 メニュー:豚肉の甘酒漬け焼き・ぐる煮・長芋蒸し                     
▶ 
お申込みはこちらから!

ouchigohan2-IMG_6083.JPG 素材の味を生かした3品、ご飯もすすむメニューです。
 豚肉の甘酒漬け焼きは、甘酒と味噌をあわせ、豚肉を漬け込んで焼いたもの。保存袋を使えば手軽にできます。最低でも1時間は漬けましょう。焦げるので、焼く前に味噌を取ることをお忘れなく。グリルできれいに焼きましょう。
 ぐる煮は高知県の郷土料理。根菜を中心に、その時ご家庭にある材料で作るそうです。材料をサイコロ状に切り、シンプルな味付けで「仲間=グル」にして煮込む…のでぐる煮というとか。命名にうなづいてしまいます。お野菜がたっぷりいただけます。
 2月も間もなく終わりとは言え、まだまだ寒い日が続きます。そんな時、ピッタリなのが長芋蒸し。長芋をたっぷりすって器に入れ、そこにえのきだけをさして蒸します。蒸し上がったら、だしを生かしたあんをかけ、おろし生姜をのせていただきます。やさしいお味で、心も体も温まる一品です。

 

◆2月25日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 竹林雪
 メニュー:スパゲティミートソース・キャベツのサラダ    
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu2-IMG_6038.JPG 今月は、皆が大好きなスパゲティミートソースに挑戦です。実は…サラダも含めて切り物がたくさん! みんなの腕の見せ所です。
 ミートソースは、おいしい豚ひき肉を使って作ります。玉ねぎ、にんじん、にんにくはみじん切りにします。なるべく細かく…がんばりましょう。具材を炒めたら、トマトの水煮を入れて時々混ぜながら煮込みます。あとはお味を調えるだけ。茹で上がったスパゲティは、しっかりお湯をきって、油をまわしかけておきましょう。

 キャベツのサラダは、キャベツ、玉ねぎ、にんじんを切ります。できるだけ薄く、細く切る練習です。野菜に塩をしてよくもみ、ドレッシングを混ぜる前に、しっかり水気をしぼります。ちょっとしたコツが出来上がりをぐ~んとおいしくしてくれます。(本クラスは満員です)