トピックス

2018年11月各クラスのご案内

2018年11月の各教室のご案内です。お早目にお申し込みください。
特設ページもあわせてチェック!

\ 秋冬レッスンのお申し込み・ご確認はこちらをクリック! /

BELLE_LPbannar.png

 


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

9日(金)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪  お魚をもっと食べましょう

10日(土)10:00~12:30  男の手料理  家族に人気、ヘルシー食材で作る和食

16日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  ポストハーベスト農薬って

17日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん  バランスのよい家庭の中華

18日(日)10:00~12:00 キッズクッキングB チヂミのたれもドレッシングも手作り

22日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 栄養もバランスも抜群

24日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 野菜たっぷり人気の韓国料理

25日(日)10:00~12:00 キッズクッキングA お魚を上手に焼き野菜はできるだけ細く


 

11月9日(金) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小沼真理 
 メニュー:biosupotop.png 鯖のカレー竜田揚げ・引き菜炒り・さつま汁

▶ お申込みはこちらから!                     

mama11-IMG_9159.JPG お魚をおいしく食べられるメニューを知りたいと思っていらっしゃる方が多いようです。お子さんも喜ぶ竜田揚げはいかがでしょうか。カレー粉が鯖の臭みを消してくれますが、量はお好みで。下味をつけたら、汁気をよく切って、粉をまぶしましょう。カラッとおいしく揚がるコツも学んでください。
 引き菜炒りは福島県の郷土料理です。引き菜とは、大根やにんじんの千切りのこと。油揚げも加えて炒め、甘辛く味付けます。ご飯によく合うおかずです。
 さつま汁は言わずと知れた薩摩(鹿児島)の郷土料理。豚肉か鶏肉、根菜類と芋を加えた具だくさんの味噌汁です。寒さに向かう時期にうれしいお料理です。

 このメニューで、お子さんたちもたっぷりのお野菜を食べられますね。

 

 

◆11月10日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:biosupotop.png 豆腐ハンバーグ・切り干し大根の酢の物・簡単納豆汁

▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri11-IMG_9136.JPG 今月はヘルシーな食材を使ったヘルシーな和食です。ほっとするお味にご家族にも喜ばれますね。ヘルシーでもボリューム感はありますから、若い皆さんにも気に入っていただけることでしょう。
 豆腐ハンバーグのポイントは、豆腐の水切りをしっかりすること。方法と加減を覚えてくださいね。れんこんが加わるので食感も楽しみです。今日は一番だし、二番だしをとります。豆腐ハンバーグにかけるあんには二番だしを使います。
 2品目は、普段に煮物にすることの多い切り干し大根を使った酢のものです。きゅうり、にんじん、ハムと合わせ、三杯酢で和えます。サラダ感覚の和え物はたっぷりいただけそうです。
 汁物は、一番だしを使った納豆汁。納豆、豆腐、油揚げ、味噌…なんと大豆三昧です。本来は、納豆をすり鉢ですって使うのですが、今回は手軽にチャレンジしていただくため、ひきわり納豆を使います。これならそのまま入れることができます。

 

 

◇11月16日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 小沼真里
 今月のテーマ:ポストハーベスト農薬から輸入果実の安全性を探る
 
メニュー:
レモン鶏・レモンの皮のかき揚げ
     
▶ お申込みはこちらから!
                        
anzen11-IMG_8985.JPG ポストハーベスト農薬ってご存知ですか? 読んで字のごとく「収穫後にかける農薬」のことです。輸入の農作物が保管や輸送の途中で、かびたり、腐ったり、虫がついたりしないためのものですが、残留性が心配です。食料の輸入国日本、どんなポストハーベスト農薬が使われているのでしょうか。対策はないのでしょうか。セミナーで考えてみましょう。

  お料理は、ポストハーベスト農薬の心配のない、国産レモンを使った2品です。
最初はレモン鶏。スライスしたレモンをのせた鶏肉を蒸し煮します。たれにもレモンをたっぷり使い、ふんわり蒸したお肉をさっぱりいただけます。
 2品目はレモンの皮のかき揚げ。メニュー名だけで興味津々ではありませんか? 千切りのさつまいもとにんじん、彩りの三つ葉と共に、せん切りしたレモンの皮を加えて、かき揚げにします。早く食べてみたい! ぜひぜひお楽しみに。

 ごま酢和えの長芋はめん棒で軽くたたいて味がしみ込みやすくします。春菊の葉は生でいただきます。さっと湯通しした豚肉と共にごま酢で和えますが、このごま酢オリーブ油を使うのが特徴です。

 

 

11月17日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師:
石川美香 
 メニュー:麻婆豆腐・中華風焼きなす・中華コーンスープ

 お申込みはこちらから!

kiso11-IMG_8950.JPG 家庭での中華の定番、麻婆豆腐を作ります。材料を準備したら、手早くどんどん炒め、煮込んでいきましょう。ひき肉の炒め方、香味野菜や豆板醤・甜麺醤を炒めるタイミングなど、しっかり覚えてください。そして仕上げに水溶き片栗粉で上手にとろみがつけば、大成功。
 中華風焼きなすは、まずなすをグリルでしっかり焼きます。つけ汁は前もって用意しておき、皮をむいて切ったなすを熱いうちに漬けるのがポイントです。
 スープも中華の定番、コーンスープです。こちらも水溶き片栗粉でとろみをつけ、溶き卵を回し入れます。卵がふんわりしておいしいスープのできあがりです。
 この3品が作れれば、中華のおいしい食卓がしっかり完成です。(本クラスは満員です)

 

 

◇11月18日(日) 10時~12時 「キッズクッキングB」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:チヂミ・ささみと春雨のサラダ
   
▶ お申込みはこちらから!                   

IMG_8789.JPGのサムネイル画像    今月は、韓国料理でおなじみのチヂミを作ります。

 チヂミは、水で溶いた小麦粉に野菜や魚介類を加えて丸く焼く、韓国風お好み焼き。お教室では、豚肉を使います。具材を分担して切り、交代で粉と水を混ぜ具材も加えたら、二人で1枚焼きます。片面が焼けたら上手にひっくり返しましょう。こんがり焼き上げます。甘酸っぱいたれを作っておきましょう。焼きあがったチヂミを切ってお皿に並べ、たれを添えます。

 サラダはささみがふんわりするようにさっと煮て、にんじんを余熱で蒸します。ドレッシングをシッカリ混ぜておいて、全部の材料と合わせましょう。いりごまをふれば、一層韓国の香りがしますね。きゅうりは斜め薄切り、にんじんは短冊切り。いろいろな切り方を少しずつ覚えていきましょう。(本クラスは満員です)

 

 

◆11月22日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:石川美香
 メニュー:biosupotop.png
 カキフライ・ひじきの五目煮・豆腐の葛引き

▶ お申込みはこちらから!

wasyoku11-IMG_9316.JPG カキのおいしいシーズンになりました。カキフライは日本で生まれた洋風メニューと言われます。和のおかずと合わせてもしっくりするお料理ですね。カキの扱いをしっかり覚え、衣はサクッと、中はふんわりおいしいフライを作りましょう。
 ひじきの煮物は常備菜としてもお役立ちメニューです。「五目」には、5種類のということではなく、たくさんのと言う意味があります。ですからこのお料理にもご家庭の冷蔵庫にあるほかの材料を加えていただいてもかまいません。煮物はできたてもおいしいですが、冷める家庭で味がしみていきますので、早めに作っておくとよいですね。
 豆腐の葛引きはちょっとしたおもてなしにも使えるお上品な汁物です。くず粉のとろみはこれから迎える寒い季節にぴったりです。葛引きでおいしい一番だしをとり、続けて二番だしをとって、ひじきの五目煮に使います。だしの薫りがただようお教室です。

 


◇11月24日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 竹林 雪
 メニュー:ピビンパ・チョレギサラダ・牛バラ肉のスープ


▶ お申込みはこちらから!                     

ouchigohan11-IMG_9061.JPG 人気の韓国料理を作ります。
 ピビンパはご飯とナムルや肉、卵等の具をよくかき混ぜて食べる料理で、日本でもおなじみですね。豚にひき肉はコチュジャンを利かせて炒め、豆もやし、にんじん、ほうれん草はそれぞれ調味料で和えてナムルにします。今回はチョレギサラダで使わない春菊の茎も加えましょう。

 チョレギサラダの「チョレギ」は浅漬けキムチの意味だとか。このサラダ、韓国では食べられていないとか、生野菜を使ったサラダだとか…いろいろ言われていますが、日本ではにんにくやごま油を利かせたドレッシングで生の葉っぱ類を和え、のりやごまをかけていただくものとして親しまれています。BELLE でも生の春菊の葉やサニーレタスを使います。
 牛バラ肉のスープは、牛のブロック肉と大根を棒状に切ってボリューム感を出します。韓国料理はお野菜をたくさんいただけ、満足感も高いので、ご家庭でぜひ楽しんでください。

 

 

◆11月25日(日) 10時~12時 「キッズクッキングA」

 受講料:3,800円 講師: 竹林 雪
 メニュー:ぶりの鍋照り・沢煮椀風すまし汁
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu10-P1060940.JPG 今月は和食、ちょっと渋いメニュー? そんなことはありません。みんな、意外とお魚好きです。汁物は野菜の千切りが待っています。

 まず、みんなで順番にお米をとぎましょう。ポイントをしっかり覚えましょうね。
 ぶりの鍋照りは、切り身の魚を使います。塩をしてしばらく置いてから水気をしっかりふき取ります。これがお魚料理の大切なポイント。フライパンに油を温め(温まった合図も覚えてね)、ぶりを両面焼きます。ひっくり返すタイミングも大切。両面に焼き色がついたら調味液を入れます。美味しく煮詰めて出来上がりです。魚の盛りつけ方、あしらえの置き方も覚えましょう。

 沢煮椀風すまし汁は、かつおと昆布でおだしをとることと、お野菜を細く切るのがポイント。
だしはぜひおうちでもとってほしいです。おうちの方に、教えてあげてくださいね。そして、包丁の持ち方をしっかり覚えてください。包丁がちゃんと持てれば、切り方はどんどん上達します。
 自分たちで作ったお料理のお味は格別。おうちでも作ってみてくださいね。
 (本クラスは満員です)