トピックス

2018年8月アーカイブ

8月後半のBELLEは、食べて!元気に!夏の暑さに疲れたカラダを回復させましょう。

★8月23日(木)10:30~13:00

 これからの和食~ごはんを囲む食卓 【講師:石川美香 受講料:4,200円】

<メニュー>・冷やし粥 ・冬瓜の鶏そぼろあんかけ ・いんげんのクルミ和え

暑さに疲れた胃腸にやさしい…
wasyoku8-IMG_8075.JPG

 猛暑日が続き、冷たいものをたくさん召し上がったのではないでしょうか? 胃腸もちょっとお疲れでは? まだ暑い日が続く今、おすすめメニューです。夏にお粥!?と思われますか? いえ、夏だからこそ召し上がっていただきたいお粥です。

 

 

★8月24日(木)10:30~13:00

 セミナー&クッキング 食の安全 

 【講師:(セミナー) 近藤惠津子(クッキング)小沼真里  受講料:4,200円】

 <メニュー>・バターチキンカレー・グリーンサラダ&アーモンドドレッシング

人気のカレー、スパイス効果で夏疲労回復…

anzen8-IMG_8137.JPG

 みんな大好き、バターチキンカレー。レストランの味をおうちの味にしてください。サラダのドレッシングには、アーモンドスライスを使い、香ばしさが魅力的、病みつきになるお味です

 

 

 

★8月25日(土)10:30~13:00

 笑顔をつくるおうちごはん【講師:竹林雪 受講料:4,200円】

<メニュー>・鯵の南蛮漬け・ひじきの煮物・かきたま汁

甘酢でさっぱり、南蛮漬けで食欲回復…

ouchigohan8-IMG_8157.JPG

 小鯵を手開きすることから実習します。しっかり身につければ、鰯の手開きもOK。お料理の幅が広がりますね。ご飯をしっかり召し上がっていただくメニューです。

 

 

2018年8月各クラスのご案内

8月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

4日(土)10:00~12:30 男の手料理 鯵、なす、スープの下ごしらえがポイントです

18日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん ルウを使わないカレーです

23日(木)10:30~13:00 れからの和食~ごはんを囲む食卓 夏の疲れをとるお料理

24日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング食の安全 トマト加工品はどこから?

25日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 小鯵を開いて揚げて南蛮漬けに

26日(日)10:00~12:00 キッズクッキングA ごはんをおにぎりにしてのばします


 

◆8月4日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:鯵の中華照り焼き・焼きなすサラダ・糸寒天スープ

▶ お申込みはこちらから!

otokonoteryouri8-IMG_7880.JPG

 男の手料理クラスでは、半年に2回、お食事の時、希望される方にお酒を召し上がっていただいています。今期は5月と9月の2回を予定していましたが、受講生からの声とこの猛暑、暑気払いは必要との判断から、急遽、「ビールの日」にすることに。お料理のおいしさがより引き立ちますね。

 お楽しみの前に、しっかりお料理いたしましょう。何と言っても鯵の三枚おろしが本日のメインです。以前実習生から、魚をおろしてみたいとご要望をいただき、今回、実現の運びとなりました。三枚おろしの実習です。そこまでできれば、あとは粉をまぶしてソテーし、調味料を加えて煮つめるだけです。
 続いての焼きなすサラダ、このポイントはなすをグリルでしっかり焼くこと。皮が焦げるほど焼けば、簡単に皮をむくことができます。ドレッシングの材料を煮たてた中で鶏肉を煮て、なすのうえにのせます。トマトと香菜を散らし、色も鮮やかです。
 糸寒天のスープでは、鶏がらスープに香味野菜を加えて煮立て、スープベースを作ることがポイントです。こうすれば、手軽に中華スープのベースができます。
 さあ、三枚おろしで達成感に満ちた皆さん、いつも以上にお料理もおいしく、ビールも格別なことでしょう。

 

818日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
 受講料: 4,200円  講師:
石川美香 
 メニュー:チキンカレー・かぼちゃのサラダ・トマトのヨーグルトスムージー

 お申込みはこちらから!

kiso8-IMG_7889.JPG 基礎クラスに通ってくださる皆さんは、おうちでカレーを作る時、ルウを使っていらっしゃるのではないでしょうか。お教室では、ルウは使わず、基本のスパイスとカレー粉を使ってつくります。
 まず油にクミンシードを入れ、玉ねぎをよく炒めます。じっくりじっくり炒めてください。カレー粉と小麦粉は焦がさないように炒めます。骨付きの鶏肉は別鍋で焼いておきましょう。鶏骨からもいいだしが出ますからお勧めです。仕上げのスパイスはガラムマサラ。香りをつけるミックススパイスです。
 サラダは、蒸し煮したかぼちゃを使います。マヨネーズで和え、乾煎りしたスライスアーモンドを飾れば、ちょっとおしゃれな夏向きサラダです。
 カレーによくあうスムージー。今回は完熟トマトを使います。トマトは前日のうちにカットして凍らせておいてください。プレーンヨーグルトを合わせてミキサーにかけていただきます。トマトの酸味がさっぱり感を増してくれます。
 

  

◆8月23日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:石川美香
 メニュー:冷やし粥・冬瓜の鶏そぼろあんかけ・いんげんのクルミ和え


▶ お申込みはこちらから!

wasyoku8-IMG_8075.JPG 夏の疲れた身体を癒してくれるメニューをご紹介します。
 おかゆは米から弱火で静かに炊きましょう。時間はかかりますが、これがふっくらおかゆの決め手です。炊き上がったら冷やしておき、あんとつるむらさき、薬味をたっぷりのせて召し上がっていただきます。やさしいおいしさにご家族がきっと笑顔を見せてくれます。
 夏が旬の冬瓜。下ごしらえのし方を学んでください。鶏ひき肉はさっと霜降りにしておき、調味しただしで冬瓜を煮てからさっと煮ます。とろみをつけ、しょうが汁を加えれば、こちらも夏向きのメニューです。
 くるみは、薄皮をむいて乾煎りしてからすります。くるみの風味がたまらない和え物です。
 今年の夏はいつも以上に身体を痛めつけていますよね。ぜひ、このメニューで、皆さま、元気回復してください。

 

◇8月24日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 小沼真里
 今月のテーマ:「トマトの加工品はどこから?」
 
メニュー:バターチキンカレー・グリーンサラダ&アーモンドドレッシング
     
▶ 
お申込みはこちらから!
                        
anzen8-IMG_8137.JPG 皆さんはトマトの加工品というとどんなものを思い浮かべますか? トマトケチャップ、トマトジュース、トマトソース…でしょうか。ほかにトマトピューレ、トマトペースト、そして調整したトマト(加熱殺菌したもの)などがあります。統計を見ると国産が多く見えるのですが、実はこの国内生産加工品の原料は、ほとんどが輸入です。数字のマジックのようですが、では、どんな国からどんな形でトマトは日本にやってきているのでしょう。そしてそれは表示でわかるもの? 探ってみましょう。
 
 お料理は、ブームの続く「バターチキンカレー」。スパイスの風味やマイルドな味わいが人気の秘訣のようです。コンビニやレトルト商品での展開が続きましたが、おうちで安心な食材を使い、手軽に作ることができます。ぜひお試しください。
 サラダはドレッシングが絶品です。はちみつ、白ワインビネガー、オリーブオイル…質のよい材料がおいしさを引き立てます。アーモンドの風味豊かなドレッシングをぜひお楽しみください。

 

◆8月25日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 竹林雪
 メニュー:鯵の南蛮漬け・ひじきの煮物・かきたま汁


▶ お申込みはこちらから!                     

ouchigohan8-IMG_8157.JPG

 南蛮漬けは、魚などを油で揚げ、ねぎや唐辛子と一緒に酢漬けにしたお料理です。まずは小鯵を手開きすることから。何尾か繰り返すうちに、きっと上手に開けるようになります。
 合わせ酢の材料を温め、いっしょに漬け込む野菜を先に入れておきましょう。鯵は衣をつけてこんがり揚げ、合わせ酢に漬けます。お魚料理のバリエーションとして、ぜひ覚えていただきたいお料理です。
 ひじきの煮物には、にんじん、油揚げ、大豆も加え、不足しがちな海藻、豆を一度に摂れる魅力的な副菜になります。

 かきたま汁は、なんといってもふんわりきれいな卵が魅力。コツをしっかり覚えてください。
 今回は、かきたま汁で一番だしを使い、ひじきの煮物に二番だしをつくります。だしとりにはもうすっかり慣れてくださったでしょうか。すまし汁と煮物を同時に作れば、二番だしまでしっかりとって活用することができますね。

 

◇8月26日(日) 10時~12時 「キッズクッキングA」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:ライスバーガー・トマトとベーコンのスープ
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu8-IMG_7905.JPG 楽しかった夏休みの締めくくりに楽しくお料理しましょう。
 ライスバーガーは、段取りが大切です。まずご飯を炊いておきます。ご飯に味をつけ、片栗粉を合わせて丸いおにぎりを作り、それを平らにのばします。ごま油をぬってオーブンで焼きます。
 焼いている間に、具材を準備しましょう。漬け汁を準備して豚肉を漬けておき、野菜を切り、肉と野菜を炒めます。
 全部準備ができたら、ご飯、レタス、豚肉、野菜、ご飯の順に重ね出来上がりです。

 スープはベーコン、玉ねぎ、トマト、レタスの入ったさっぱり味なので、ライスバーガーにとってもよく合います。包丁使いはもうお手の物ですね。(本クラスは満員です)