トピックス

2018年6月アーカイブ

 今週のベルでは、2つの《和》のお教室が続きます。

6月28日(木) 10:30~13:00 
これからの和食~ごはんを囲む食卓 【 講師:石川美香 受講料:4,200円 】

 wasyoku6-IMG_7035.JPG定番といわれる和食料理から、アレンジされた料理、数ある郷土料理まで、幅広くお伝えしているコースです。今月は沖縄の郷土料理。「タコライス」「にんじんしりしり」「車麩とゴーヤのスープ」の3品。沖縄を感じながらお料理を楽しみませんか。
 


6月30日(土)10:30~13:00
季節の和菓子 【 講師:上原智代 受講料:3,150円 】

wagashi6-IMG_7236.JPG 和食のお料理の後は、手作りで和菓子を楽しまれてはいかがでしょうか。
 こちらは2人一組で実習しますので、全工程に携わることができ、手順も技も身につきます。
 メニューは「すはま」「すあま」。えっと思わず聞き返してしまうかもしれませんね。名前は似ていても形もお味も全く違う和菓子です。
 お菓子の教室では、一部お持ち帰りいただきますので、おうちに帰ってからも楽しめますね。

 お申込みはこちらから!

笑顔をつくるおうちごはん 
【 講師:竹林 雪 受講料:4,200円 】

6月23日(土) 10:30~13:00
<メニュー> ポークピカタ マカロニサラダ ミネストローネ
E1-IMG_7295.JPG
卵の衣をまとったピカタ、サニーレタスやトマトなどを付け合わせると、色合いがよく、おいしさをさらに演出できます。

 

 

 

E2-IMG_7295.JPG子どもたちが大好きなマカロニサラダ、大人にとってはなつかしく感じるお料理ですね。具材はとてもシンプルですので、いつでも作れます。

ミネストローネは、野菜たっぷり、お豆も入ったバランスのよいスープです。トマトの旨味と酸味が調味料となり、さわやかなお味を楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 普通に店頭に並んでいるはちみつ。購入時にどの花の蜜かとか、どこ産かということを気にする方はいらっしゃるかもしれませんが、もっと深く考えたことってありますか? 

6月15日(金)10:30~13:00
【 講師(セミナー) 近藤惠津子 (クッキング) 小沼真里 】
<テーマ> 純粋はちみつってなに?
 はちみつ生産と消費の実態を知ってから、「純粋」と書かれていてもなにやら手がほどこされたものが多いらしい…というはちみつの裏側を探ります。調味料としても上手に使いたいはちみつをきちんと選べるようになりましょう。

<メニュー> 中華風スペアリブ もずくスープ

anzen6-IMG_7183.JPG

 中華のスパイスで煮込んだスペアリブ。仕上げの調味にはちみつを使います。甘味だけでなく深みも加わったお味を楽しめます。スープは、ミネラルと食物繊維が豊富で、最近話題のもずくを使ったスープ。今が旬です。

 お申込みはこちらから!

 

男性もキッチンでがんばってます

 ご家庭のお食事作りを分担なさっている男性が増えていますね。そんな方に即、役立つメニューがたくさん。一方、料理を趣味として楽しみたいという方には、素材にこだわり、おいしく調理し、盛り付けにも一工夫して、周りを大喜びさせましょう。もちろんお料理初めての方にも丁寧に指導いたしますので、安心して通っていただけます。
 きっかけはさまざま、どなたにも役立つのが、BELLEの男の手料理のお教室です。

6月9日(土) 10:00~12:30
注目度アップ!沖縄料理を楽しみましょう。
メニュー:ジューシー(豚肉と野菜をだしで炊き込んだご飯)
     フーイリチー(麩の炒め物)
     アーサー汁(あおさを使った汁)

*詳しくはこちらをどうぞ⇒「今月のベル」

otkonoteryouri6-IMG_7323.JPGいつも明るくやさしい雰囲気いっぱいの教室です。

otokonoteryouri-P1050741.JPG

 

2018年6月各クラスのご案内

6月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ 

8日(金)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪  ママ友ランチで活躍魚と野菜の料理

9日(土)10:00~12:30 男の手料理 だしをしっかりとって沖縄料理を楽しみましょう

15日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング食の安全  純粋はちみつってなに?

16日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん  きれいな千切りをマスター

17日(日)10:00~12:00 キッズクッキングB 辛くないマーボ―豆腐を作ります

23日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 彩りもきれいな洋メニュー

24日(日)10:00~12:00 キッズクッキングA 一番だし、二番だしでおいしくお料理

28日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 沖縄の郷土料理

30日(土)10:30~13:00 季節の和菓子  名前は似ていても全く違う2種

 

6月8日(金) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 小黒雅子 
 メニュー:biosupotop.png 鯵のスパゲティ・なすとパプリカの揚げ浸し・きゅうりの冷製和スープ

▶ お申込みはこちらから!                     

mama6-IMG_7052.JPG ママたちも大好きなパスタのランチはいかがですか? 今回は和テイストのパスタランチです。
 旬の鯵をソテーして、パスタを合わせさっぱりとした塩味にみょうがも加えた夏向きのパスタです。お魚の食べ方として、ママたちの共感を得ること間違いなしです。
 副菜とスープはお野菜で。揚げ浸しは揚げる一手間がかかりますが、野菜の色を鮮やかにし、味もしみやすくなりますので、ぜひお試しください。スープは夏のお野菜きゅうりを使います。生でいただくことがおおいきゅうりの食べ方が広がりますね。だしできゅうりをさっと煮て冷やし、針しょうがをのせてすっきりと召し上がってください。

 

◇6月9日(土) 10時~12時半 「男の手料理」

 受講料:4,200円 講師: 山田郁子
 メニュー:ジューシー(炊き込みご飯)・フーイリチー(麩の炒め物)・アーサー汁

▶ お申込みはこちらから!

otkonoteryouri6-IMG_7323.JPG 沖縄料理にチャレンジしていただきます。
 ジューシーは、豚バラ肉と野菜などを具に、豚肉のゆで汁とだしを合わせて炊く炊き込みご飯。冠婚葬祭に欠かせないメニューなのだそうです。材料を用意したらあとは炊飯器へ。栄養たっぷりのおいしい炊き込みご飯が出来上がります。
 主菜はフーイリチー。こちらは沖縄の食堂定番メニューで、車麩と卵、野菜などを炒め合わせたお料理。麩と卵のふわっとした食感と野菜のシャキシャキ感をお楽しみください。

 汁物はあおさのりを使ったアーサー汁。一番だしに豆腐とあおさのりを入れたすまし汁です。あおさのりも沖縄の海産物として有名です。春が旬ですが、一般的には乾燥したものが使われます。しょうが汁を加え味にアクセントをつけます。
 沖縄の青い海と空を思い浮かべながら、楽しくお食事なさってください。

   

◆6月15日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 小沼真里
 今月のテーマ:「純粋はちみつってなに?」
 
メニュー:中華風スペアリブ・もずくスープ
     
▶ 
お申込みはこちらから!
                        
 anzen6-IMG_7183.JPGはちみつに自給率をご存知ですか? 何と7%しかありません。どんな国から輸入されているかご存知ですか。そして店頭に並ぶはちみつの多くに「純粋はちみつ」と書かれていますが、「純粋」とは? はちみつ生産と消費の実態を知ってから、「純粋」と書かれていてもなにやら手がほどこされたものが多いらしい…というはちみつの裏側を探ります。調味料としても上手につかいたいはちみつ、きちんと選べるようになりましょう。

  お料理は、スペアリブ。味付けにはちみつを使います。スペアリブは豚や牛の骨付き肉のこと。その肉をローストしたり、煮込んだりした料理のことも「スペアリブ」と呼びます。教室では、下味をつけた豚のスペアリブを両面色よく焼いてから、煮汁でじっくり煮込みます。最後にはちみつを使ったたれに絡めていただきます。
 スープは季節の食材もずくを使い、しょうがの味を利かせてさっぱりといただけます。

  

◇616日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師: 石川美香 
 メニュー:biosupotop.png 青椒肉絲・春雨サラダ・冬瓜スープ

 お申込みはこちらから!

kiso6-IMG_7329.JPG 今月は家庭の中華料理を通じて、千切りに挑戦です。
 まずは、青椒肉絲。牛肉を細切りに、野菜類は千切りです。香味野菜のみじん切りは先月たっぷり実習しましたね。材料が切れたら調味料を合わせておきましょう。中華の炒め物のポイントは強火で一気に仕上げること。材料、調味料をコンロの横に準備してから炒め始めます。香味野菜で油に香りを移してから材料を炒めていきます。
 春雨サラダも、野菜とハムを千切りに。こちらもドレッシングを先にしっかり合わせておいて、材料を和えます。
 スープはこれから旬を迎える冬瓜で。冬瓜は水分たっぷりで淡泊な味なので、食感を残しつつ、味をしみこませる工夫をポイントとしてしっかり覚えましょう。

 

◆6月17日(日) 10時~12時 「キッズクッキングB」

 受講料:3,800円 講師: 山田郁子
 メニュー:マーボー豆腐・小松菜のスープ 
   
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu5-IMG_7243.JPG 家庭の中華の定番、マーボー豆腐を作りましょう。豆板醤を使わず辛くないので、おいしく食べられます。大人はお好みで辛みオイルをかけて召し上がってください。
水切りした豆腐を切って、ねぎはみじん切りに、上手にできるかな。合わせ調味料は確認しながら混ぜておきましょう。水溶き片栗粉の準備も忘れずに。
やけどに気をつけて、順番に炒めて煮込んで、とろみをつけて、ごま油を回し入れればで出来上がりです。
 スープは冷凍の鶏がらスープをベースにします。にんじん、しいたけを入れ、調味をしたら最後に小松菜を入れます。こちらもごま油を回し入れて完成です。今日は大人のクラスのような中華メニュー。おうちのごはんにもぜひ作ってみてください。
(本クラスは満員です)

 

◇6月23日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 竹林雪
 メニュー:ポークピカタ・マカロニサラダ・ミネストローネ


▶ お申込みはこちらから!                     

ouchigohan6-IMG_7310.JPG 今月は栄養バランスがとれ、彩りも美しい洋食メニューです。
 ポークピカタは、下味をつけた肉に小麦粉を薄く、まんべんなくつけ、卵液を通して焼きます。おいしそうな焼き色をつけましょう。パウダーチーズの風味をお楽しみください。
 幅広い年代に喜ばれるマカロニサラダ。茹でたマカロニには油を回しておきます。きゅうりと玉ねぎは薄く切って塩をし、水気を十分に絞ることがポイントです。味付けはマヨネーズだけでなく牛乳と酢を合わせることで、なじみがよくなります。
 ミネストローネは、主にトマトを使ったイタリアの野菜スープ。具材は地方によっさまざま。米やパスタを加えたものもあります。
教室では、じゃがいも、セロリ、にんじんを1㎝角に切って使います。彩りがきれいで、野菜を食べられるのでうれしいですね。
 ご家族やお友だちにぜひごちそうしてください。

 

◆6月24日(日) 10時~12時 「キッズクッキングA」

 受講料:3,800円 講師: 小黒雅子
 メニュー:肉じゃが・すまし汁  
  
▶ お申込みはこちらから!                   

kizzu6-IMG_7490.JPG おうちの味、母の味の代表と言える肉じゃが。今回は、みんながおうちの方に作ってあげましょう。
まず、今回のポイントはだしをとることです。すまし汁では昆布とかつお節で一番だしをとります。取り方はもちろんですが、だしのいい香りをしっかり感じましょう。一番だしを取った後の昆布とかつお節を使って、二番だしをとります。こちらを肉じゃがに使いましょう。肉じゃがは水でも作れますが、よりおいしく作るため、二番だしを取ってみましょう。難しい切り物はありませんが、煮える時間を考えて大きさを決めることが大切です。
 すまし汁では、オクラの下処理、豆腐の切り方を覚えましょう。調味料の塩は全量入れずに加減して、必ずお味見をしてから味を決めましょう。
(本クラスは満員です)

 

◇6月28日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料:4,200円 講師:石川美香
 メニュー:タコライス・にんじんしりしり・車麩とゴーヤのスープ


▶ お申込みはこちらから!

wasyoku6-IMG_7035.JPG 和食の特色の一つに、全国各地の郷土料理があります。今回は沖縄料理を取り上げます。
 タコライスは、メキシコ料理のタコスの具材をご飯にのせ、ピリ辛のサルサソースをかけていただく料理です。
教室では、炒めてピリッと辛味をつけたひき肉、レタス、ダイスに切ったトマト、チーズ、ポテトチップスをご飯にのせます。全体をよくまぜていただきます。
 にんじんしりしりは、スライサーで細くおろしたにんじんと卵を炒めて調味料で味付けしたもので、沖縄の家庭でよく作られる料理です。にんじんがたっぷりいただけるのが魅力です。教室では、まぐろの油漬け缶を使い、味付けは塩だけで、シンプルに作ります。
 スープには、車麩とゴーヤを使います。一番だしをしっかりとり、その味と香りがしみこんだ車麩をおいしく召し上がってください。。
 

◆6月30日(土) 10時半~13時 「季節の和菓子」

 受講料:3,150円 講師: 上原智代
 メニュー:すはますあま  
  
▶ お申込みはこちらから!                   

wagashi6-IMG_7236.JPG お待ちかね、和菓子のクラスです。手作りを通して、和菓子の奥深い世界を味わっていただきます。
 今回はすはまとすあま…名前が似ているけれど、まったく違ったお菓子です。
 すはまは洲浜と書き、洲浜は浜辺の底に砂が堆積した地形を言い、その姿は昔からさまざまなものに意匠化されてきました。有名なのは、洲浜紋江戸時代に、この紋に形の似た大豆粉(きな粉)を使ったお菓子が登場し、すはまと名づけられました。その後、洲浜の形に関わらず、きな粉に似た形のお菓子であることからこの名がつけられま小さなすはま団子を串に刺したもの、そら豆に形作ったものなどが売られています。お教室では、青きな粉を使い、そら豆と枝豆の形に仕上げます。それぞれの中身は? お楽しみに。

 すあまは、「鶴の子」と呼ばれ、紅白のかまぼこ型のものは、おめでたい席の引き出物にも使われます。米粉(上新粉)に砂糖を加えて蒸したお菓子で。もちもちっとした食感と控えめな甘さが特徴です。今回は、白いものと抹茶で色をつけたグリーンのものを作ります。