トピックス

2016年10月アーカイブ

2016年10月各クラスのご案内

いよいよ2016年度秋・冬の教室がスタートです! 10月の各教室のご案内です。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ

8日(土)10:00~12:30 男の手料理 野菜をおいしくいただく中華メニュー

13日(木)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ お弁当定番おかずをおいしく

15日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん 煮魚と野菜でヘルシーに

21日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング食の安全 「コンビーフいろいろ」

22日(土)10:30~13:00  笑顔をつくるおうちごはん 家庭料理に欠かせない洋食3品

23日(日)10:00~12:00 キッズクッキング  下準備をしっかりしましょう

27日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 季節の食材で秋を満喫

 

◇10月8日(土) 10時~12時半 「男の手料理]

 受講料:4,200円 講師: 小沼真里
 メニュー:麻婆茄子・青梗菜のクリーム煮・きくらげと春雨のスープ

 

otokonoteryouri10-IMG_9919.JPG 今期初回は、野菜が主役の中華メニューです。中華料理のポイントは、材料の下ごしらえ、調味料の準備を万端にして、一気に仕上げること。手順もしっかり覚えてください。

 麻婆茄子は、中華料理の麻婆豆腐を日本でアレンジした料理だそうです。ひき肉と中華の醤を炒めたところに茄子を合わせます。春雨を合わせれば麻婆春雨ですね。
 通常のレシピでは、茄子は揚げておくのですが、教室では多めの油で炒めます。揚げ物はガードルが高いという方にも作っていただきやすくしています。茄子の切り方、ひき肉、香味野菜、醤の炒め方もポイントです。

 青梗菜のクリーム煮は、栄養価も高く、幅広い年代に葉物をおいしく召し上がっていただけるメニューです。仕上げの水溶き片栗粉は、煮立ったフライパンに様子を見ながら入れましょう。
 さっぱりした塩味のスープは、お料理を引き立てます。中華料理に欠かせない春雨ときくらげに、卵、長ねぎも加えます。
  

 

◆10月13日(木) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪」

 受講料:2,100円 講師: 石川美香
 メニュー:肉詰めピーマン・厚焼き玉子・きんぴらごぼう                                                              

mama10-IMG_9940.JPG お弁当のおかずの定番をとびっきりおいしく作っていただきます。
 肉詰めピーマンは、ひき肉をしっかりこねることはもちろんですが、ピーマンにしっかり詰めて焼いてから、甘辛だれで煮ることで、味がしみて、冷めてもおいしくいただけます。
 お弁当の定番玉子焼き。ご家庭にそれぞれの味があると思いますが、とにかく、ふんわりきれいな玉子焼きが作れるよう、ポイントをしっかり身につけてください。

 きんぴらは、和食の常備菜の定番ですね。切り方にはご家庭の特徴があると思います。お教室では、ごぼうとにんじんをせん切りにします。汁気がほとんどなくなるまで煮てから時間を置くことで、味がしみ込みます。

おいしいお弁当を作って、ご家族やお友だちと行楽にお出かけください。(本クラスは満員です) 

 

 

◇10月15日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円  講師: 小沼真里 
 
 メニュー:biosupotop.png 鯖の味噌煮・けんちん汁・かぶの酢の物

 

kiso10-IMG_9946.JPG

 家庭の和食で欠かすことのできない3品です。
魚の料理を覚えたいと思っていらっしゃる方、多いのではないでしょうか。切り身を使ったお料理なら手軽ですね。鯖の味噌煮では、下ごしらえの霜降りを覚えると、よりおいしくつくることができます。

 具だくさんの汁物は、一品のおかずにもなりますね。火通りを考えて具材を切りましょう。豆腐は手でちぎって、軽く炒めることで、味がしみやすくなります。
 酢の物は、季節の食材を使ってバリエーションできます。今回は、かぶに秋の味覚柿を合わせます。かぶの葉も上手に使いましょう。
 魚と野菜をたっぷりいただける、和食ならではのヘルシーで季節感のあるメニューをお楽しみください。

 

 

◆10月21日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 竹林雪
 今月のテーマ:「コンビーフにもいろいろある?」
 
メニュー:ハッシュドコンビーフ・たこのマリネonポテト

                           
anzen10-IMG_0156.JPG セ ミナーでは、コンビーフを取り上げます。コンビーフは塩漬けにした牛肉のこと。お教室で使うものには、「無えんせき」と書かれています。これは、発色剤を使用していないという意味。ということは…巷で売られているコンビーフの中身を探ると共に、肉の缶詰全体についてもウオッチングしてみましょう。

  クッキングは、コンビーフを使ったハッシュドコンビーフ。ハッシュドビーフは、薄切りの牛肉と玉ねぎをデミグラスソースで煮込んだ、日本で誕生した洋食メニュー。これを常備食品であるコンビーフで作ります。
 今回のレシピでは、にんじんとぶなしめじも加え、ソースにはトマト缶とケチャップを加えて、アレンジしています。
 もう一品のたこのマリネ on ポテトは、ゆでたじゃがいもの上に、マリネしたたこをのせ、一緒にいただくもの。マリネしたたこが味のアクセントになり、じゃがいもをたっぷり、おいしくいただくことができます。

 

10月22日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円 講師: 小黒雅子
 メニュー:ポークピカタ・マカロニサラダ・にんじんのポタージュ

 

ouchigohan10-IMG_0214.JPG 家庭で作る洋食メニューにぜひ加えていただきたい3品です。
 ポークピカタは、卵が豚肉に上手につくよう、塩こしょうした豚肉に、小麦粉をまんべんなく、うっすらつけることがポイントです。卵液にパウダーチーズを加えて、アクセントに。
 マカロニサラダは、茹でだマカロニがくっつかないように、油を回しておくこと、玉葱やきゅうりから出る水分をしぼってから和えうrことがポイントです。
 美しい色が食欲をそそるにんじんのポタージュは、にんじん臭さがなく、どなたにもおいしく召し上がっていただけます。玉ねぎはこがさないように、しっかりいためて甘みを出します。米を加えることで、とろみがつきます。

 普段の食卓にはもちろん、お友だちをお呼びしてのお食事にもピッタリのメニューですね。 

 

 

◆10月23日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料:3,800円 講師: 小黒雅子
 メニュー:八宝菜・もやしと卵の中華スープ                                                            

  happousai.png今期初回は中華メニューです。八宝菜は、たくさんの具材を使った炒め物。肉と野菜を大きさを揃えて切り、スープと調味料を合わせておきます。仕上げに水溶き片栗粉を入れ、ごま油を回し入れます。おいしい中華の炒め物、ぜひおうちで作ってください。
 スープは、まず、もやしのひげ根とりにがんばります。卵はよく溶いておきましょう。

 今期も、和洋中華のメニューをみんなで力を合わせて作ります。道具の使い方、きれいな盛りつけの方法、そしてお食事の姿勢やお箸の持ち方、洗い物の仕方まで、少しずつ身につけていきましょう。(本クラスは満員です) 

混ぜて準備しておくこと、それが終わや今期最後のクラスは、揚げものです。みんな、もう怖がらずに上手に揚げものできますね。さんまに下味をつけ、お粉を上手にまぶして、順番に揚げましょう。カリッとおいしく揚げてくださいね。  おみそ汁には、5種類の具材が入ります。それぞれの切り方もしっかり覚えて、包丁もしっかり持って、さあ、これまでの復習です。

 秋の気配を感じる竜田揚げとおみそ汁で、ごはんも美味しくいただけますね。(本クラスは満員です) 

 

 

◇10月27日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料: 4,200円 講師: 石川美香
 
メニュー:むかごご飯・つくねと揚げなすの煮浸し・さつま汁

 
mukago.png ごはんと汁物のある食卓を和の基本と考え、季節の食材を生かしたお料理をお教えするコースです。今期初回は、まさに秋満載のメニューです。
 むかごは、秋になると、やまのいもの蔓の葉の付け根辺りにたくさんつく、種と同じ働きをする肉芽です。秋の味覚の一つです。煎茶の茶飯とほのかな塩味、むかごの食感を一度に楽しめるむかごご飯は、まさに秋ならではです。
 秋なすのおいしい季節に煮浸しはいかがでしょうか。鶏のむね肉をたたいて作るつくねは、歯応えも楽しんでいただけます。おいしい煮物も和食の基本です。
 汁物は、これも季節の食材を使ったさつま汁。具たくさんのみそ汁に、旬のさつまいもが加わります。
 和食の基本を身につけ、秋の味覚をご堪能ください。