トピックス

2016年1月アーカイブ

2016年2月各クラスのご案内

2月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ

4日(木)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪  子どもと一緒に手作りを楽しんで

6日(土)10:30~13:00 洋菓子  バレンタインのプレゼントに

7日(日)10:00~12:00 親子クッキング ソーセージにパイを巻いて焼きます

13日(土)10:00~12:30 男の手料理 ヘルシー素材でカラダにやさしいメニュー

18日(木)10:30~13:00  ぶりを使った料理のレパートリーを増やしましょう

19日(金)10:30~13:00  セミナー&クッキング 食の安全  食品の効能の真実は?

20日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん 中華食材の使い方も学びます

25日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 天ぷらをよりおいしく

27日(土)10:30~13:00  笑顔をつくるおうちごはん 皆が大好きなグラタンをお家で

28日(日)10:00~12:00  キッズクッキング みんなに自慢できる2品です


 

◆2月4日(木) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪

 受講料: 2,100円 講師: 石川美香
 今月のテーマ:子どもと一緒に手作りを楽しんで
 メニュー:メンチカツ・ゴボウのポタージュ・パスタサラダ
                               
mama2-IMG_7378.JPG メンチの材料をこね、パン粉をつけて、スープの材料を入れたミキサーのスイッチオン、ドレッシングをよ~くまぜまぜ…小さいお子さんにもお手伝いがたっぷりできる楽しいメニュー3品。お休みの日に、少し早めにお食事の準備を始めませんか。
 メンチカツには、粗みじん切りにしたキャベツを加え、野菜もとれて食感も楽しめます。パン粉をつけてから冷蔵庫で休ませることで、衣がはがれたり、割れたりすることなく上手に揚げることができます。
 ゴボウのポタージュは、ゴボウが苦手なお子さんでもおいしくいただけるスープ。ささがきにしたゴボウを素揚げしてトッピングし、おしゃれにオリーブオイルを飾りましょう。
 パスタサラダはマヨネーズとヨーグルトで作るドレッシングが味の決め手。ゆで卵は白身と黄身に分け、黄身は最後にふりかけます。春を思わせる彩りです。

(本クラスは満員です)

 

◇2月6日(土) 10時半~13時 「洋菓子」

 受講料: 3,700円  講師: 上原智代
 メニュー:チョコミント・プチシュー

 yougashi2-IMG_7134.JPG2月の声を待ち切れないように、街はバレンタインデー商戦に入りました。手づくり派の皆さんに、BELLEは今年、こんなプレゼントをご提案します。
 かわいらしいシューをつくり、その中においしいチョコミントクリームを詰めましょう。もちろん手作りのクリームです。生のミントを牛乳に入れて煮立て、こし、けずったチョコレートを溶かします。
 シューをタワーに積んで、プロフィットロールを作ります。いちごを添えて華やかに。
 2人1組で実習し、お一人ずつラッピングしてお持ち帰りいただきます。

 お教室で作ったプチシューはご家族へのお土産に。本番に向けては習ったポイントを思い出しながら、おうちでトライしてくださいね。
 

 

◆2月7日(日) 10時~12時 「親子クッキング

 受講料: 4,800円(2人1組)  講師: 小沼真里
 メニュー:ソーセージのパイ・お豆のスープ

oyako2-IMG_7300.JPG

 年中さんから小学生までのお子さんと、パパかママが一緒にお料理を楽しむ好評のクラスです。今回は、ご家庭で手軽に楽しめる冷凍のパイシートを使ったパイ。細長く切ったパイをウインナーソーセージにぐるぐるっと巻きつけ、卵黄でお化粧してオーブンで焼きます。
 お豆のスープには、さて何種類のお豆が使われているでしょう? お豆だけでなく、お野菜も入ります。赤い色をしているのは、トマトジュースを加えるから。

 焼きたてのパイとあったかいスープで、風邪知らず。おうちでもぜひ作ってくださいね。(本クラスは満員です)

 

  

◇2月13日(土) 10時~12時半 「男の手料理]

 受講料: 4,200円  講師: 小黒雅子
 メニュー:biosupotop.png えびれんこんバーグ・大豆と生姜のご飯・海苔のスープ

 otokonoteryouri2-IMG_7433.JPGヘルシー素材を使ったやさしいお味のカラダにもやさしい和のメニューです。
 えびれんこんバーグは、名前の通り、細かく切ったり、包丁でつぶしたえびと、すりおろしたれんこんを使い、豆腐と玉ねぎも加えて作ります。ごまをすって作るごまだれは、ひと味アクセントをつけた特製だれ。こちらもお楽しみに。
 ご飯は、よく炒った大豆とみじん切りの生姜を入れて炊きます。風味がとても豊かなご飯になります。
 スープは、まず、しっかり一番だしをとりましょう。器によそってから、海苔をちぎって入れ、白ごまもふります。こちらは海苔とごまの風味が豊かです。
 滋養に満ちた3品は、和食好みの大人はもちろん、小さいお子さんにもぜひ食べていただきたいです。

 

◆2月18日(木) 10時半~13時 「魚

 受講料: 4,500円  講師: 上田美紀
 メニュー:ぶり寿司・ぶりはり鍋・春菊とうるいの和え物
                                   
 
sakana2-.JPGお魚料理のレパートリーを増やしていただくクラスです。冬が旬のぶり。皆さんはどのように召し上がりますか? オーソドックスなところでは、照り焼き、ぶり大根でしょうか。
 今回のクラスでは、ぶり寿司とぶりはり鍋をご紹介します。
 ぶり寿司は、薄く切ったぶりを酢につけ、その酢を使って寿司飯を作るのが特長です。寿司飯に、煮た具材とぶりを混ぜていただきます。ぶりの味がしみわたったお寿司です。
 ぶりはり鍋は、お味をつけただし汁にたっぷりの大根おろし、長ねぎ、しいたけ、ぶり、そして水菜を加えていただきます。いつもの切り身のぶりも野菜と共に、さっぱりいただけます。
 3品目は、冬が旬の春菊と、早春の香りのうるいの和え物。エスニックの香りのする味付けでお楽しみいただきます。

 


◇2月19日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 内田千里
 今月のテーマ:「食品の効果・効能の真実は?」
 
メニュー:甘酒豚肉じゃが・れんこんとブロッコリーの甘酒ソテー
                                   
 
anzen2-IMG_7322.JPGセ ミナーでは、機能性食品について取り上げます。体にいい、こんな効能がある…と言った食品が増えています。確かに効果効能が実証された成分は含まれていますが、そのほかの原料は? と注意してみると、いろいろ問題が見えてきます。キャッチに飛びついて気休めに終わることがないよう、表示に注目しましょう。

 クッキングは、甘酒を使った2品です。甘酒は昔から「飲む点滴」と言われていたそうで、発酵食品の一つとして、効果効能も言い伝えられています。お料理に上手に生かしたいですね。
 豚肉の肉じゃがでは、甘酒を肉にまぶしておき、煮汁にも甘酒を加えます。コクを味わってください。
 甘酒ソテーは、大きめに切ったれんこんとブロッコリーをごま油で焼き、甘酒ベースのたれでからめます。

 どちらも手軽にできるので、ご家庭で大活躍しそうです。残った甘酒はそのまま召し上がってもよいのですが、インストラクターが、特別にとってもおいしいドリンクを教えてくれます。
 

  

2月20日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円   講師: 小黒雅子 
 
 メニュー:あんかけ焼きそば・ワンタンスープ・きゅうりとザーサイの中華和え

 今月は中華の家庭料理です。kiso2-IMG_7345.JPG
 あんかけ焼きそばは、何と言ってもパリッとした麺が決め手。揚げずに、フライパンに焼きそばを広げ上から押さえて焼きます。あんの中身は、豚肉と野菜たち。ご家庭にあるものを上手に使っていただいてももちろんOKです。材料を準備し、スープと調味料を合わせ、水溶き片栗粉も用意して、炒め始めましょう。色よく焼けた焼きそばに、熱々のあんをかけていただきます。
 ワンタンスープも熱々をいただきたい一品。肉あんをよく混ぜ、皮に上手に包みましょう。ゆでたワンタンを器に入れ、調味した熱々のスープを注ぎます。
 3品目は中華の和え物。味付けのザーサイを使えば、塩抜きの手間が省けます。辛味オイルの効いたピリッとした和え物は、食欲をそそります。

 

◇2月25日(木) 10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料: 4,200円  講師: 石川美香
 
メニュー:芽吹き野菜の天ぷら・炒り豆腐・みぞれ汁

 和食に欠かせない調理の一つに天ぷらがありますが、最近はご家庭で揚げ物をしない方も多いようです。また、天ぷらをカラッと揚げられないという声もたびたび耳にします。今月の教室では、早春ならではの食材を使い、天ぷらのコツをマスターしてください。
 
wasyoku2-IMG_7630.JPG ふきのとう、うど、こごみ、たらの芽…まさに早春の香りです。山菜や春の野菜には独特に苦味があります。この苦味成分には抗酸化作用が含まれていると言われています。この季節ならではの食材を楽しみましょう。衣のつけ方、油の温度、揚げ方、ポイントを習得いたしましょう。
 炒り豆腐は、数種類の食材を炒り煮する、ご飯に合う惣菜です。豆腐、鶏ひき肉、卵といったタンパク質と、野菜や食物繊維が一度にとれます。

 みぞれ汁は、調味した一番だしに、霜振りしたかきと大根おろしを加え、とろみをつけた汁物で、体が温まりまだまだ肌寒い日の多い早春にピッタリの一品です。
 多様な食材を使い、ご飯がすすむ3品は、まさに家庭の和食です。季節を感じる食卓をお楽しみください。

 
 
 
◆2月27日(土) 10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師: 内田千里
 メニュー:マカロニグラタン・キャベツとベーコンのスープ・ブロッコリーのサラダ

 ouchigohan2-IMG_7115.JPG幅広い年代の方に喜んでいただけるメニューです。
 マカロニグラタンのポイントは、何と言ってもホワイトソース作り。失敗しない作り方をしっかり覚えてください。これでもう、グラタン作りはOKです。

 一緒にいただくスープは、ベーコンと野菜を炒めてスープで煮たもの。洋風だしの素を使えば、手軽に作れます。
 サラダは、ブロッコリー、ハムとみじん切りのゆで卵を合わせた春らしい彩りです。粒マスタードを加えたマヨネーズで和えていただきましょう。ブロッコリーの水気をよく絞ること、マヨネーズをつけるのではなく和えること…これがマヨネーズを余分に使いすぎないコツです。
 

 

◇2月28日(日) 10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料: 3,800円  講師: 上田美紀
 メニュー:やきめし・ミニどら焼き

 今月は、焼きめしを作ります。kizzu2-IMG_7092.JPGネギとハムを炒めたフライパンに卵液を流し入れたら、半熟の状態で、ごはんを加えて手早く炒めるのがポイントです。仕上げに鍋肌からしょうゆを回し入れると、香ばしくて一層おいしい焼きめしができあがります。
 お楽しみのミニどら焼きは、ホットケーキミックスを使って作ります。みりんとしょう油を少々加えるのがポイントです。ホットプレートに上手に丸くタネをのせて色よく焼きます。両面焼けたら、冷ましてあんこをはさみましょう。おうちで作ったら、家族やお友だちが大喜びしそうですね。
 今回は、特別メニューとして、簡単スープがつきます。(本クラスは満員です)

 

2016年1月各クラスのご案内

1月のBELLEの各教室をご紹介するページです。お早目にお申し込みください。


      日時       コース・クラス       今月のテーマ

9日(土)10:00~12:30 男の手料理 野菜もたっぷりいただける中華メニュー

14日(木)10:30~12:30 ママの楽しいキッチン♪ 持ち寄りの会にピッタリメニュー

15日(金)10:30~13:00 セミナー&クッキング 食の安全 牛肉料理でTPPを考える

16日(土)10:30~13:00 基礎から学べるおうちごはん わが家の味にしましょう

23日(土)10:30~13:00 笑顔をつくるおうちごはん 皆が大好きなグラタンをお家で

24日(日)10:00~12:00 キッズクッキング 牛肉ととろっと卵でおいしいどんぶり

28日(木)10:30~13:00 これからの和食~ごはんを囲む食卓 小豆粥で厄病撃退!

31日(日)10:00~12:00 キッズクッキング特別  本格中華の雰囲気を味わって


◇1月9日(土) 10時~12時半 「男の手料理]

 受講料: 4,200円  講師: 小沼真理
 メニュー:もち米のシュウマイ・酸辣湯(サンラータン)・花野菜の塩蒸し

 otokonoteryouri1-IMG_6808.JPGのサムネイル画像今年の年初めのクラスは、バランスのよい中華の3品を作りましょう。
 もち米のシュウマイは、皮の替わりにもち米を使った変わりシュウマイです。もっちりして、ボリュームもあり、お隣のシュウマイとくっつかないので扱いやすいです。肉あんをよく練ってから、まんべんなくもち米をつけて蒸しましょう。
 酸辣湯は、読んで字の如く、
、酢と唐辛子で酸味と辛味を効かせたスープです。しかも、肉、野菜、豆腐に卵も入って栄養満点。まず、がんばって材料を千切りしましょう。 器に酢と辛味オイルを入れてからスープを注ぐので、お好みの酸味と辛味に調節してください。
 3品目、花野菜の塩蒸しは、ブロッコリーとカリフラワーを手軽にたくさん食べられるレシピ。短時間で仕上げ、食感もお楽しみください。

 

 

◆1月14日(木) 10時半~12時半 「ママの楽しいキッチン♪

 受講料: 2,100円 講師: 石川美香
 今月のテーマ:みんなの歓声が聞こえる持ち寄りメニュー
 メニュー: 中華ちまき・かぶの中華漬物・りんごの春巻き
                               
mama1-IMG_6866.JPGのサムネイル画像  持ち寄りの楽しいお集まり、でも何を持っていこうかと悩むことはありませんか。こんな中華のメニューはいかがでしょうか。
 中華ちまきは、フライパンで豚肉、野菜ともち米を炒め、そのままスープで煮ます。それをアルミホイルで包んで蒸し器で蒸せば出来上がり。冷めてもおいしいので、持ち寄りにピッタリです。
 ちまきによく合う中華の漬物は、重石をして短時間で味をしみこませましょう。
 最後は、バターで炒め、しょうが汁を加えて甘く煮たりんごのデザート春巻き。
 
 お集まりの皆さんの「おいしい!」の歓声が聞こえて来そうです。 

(本クラスは満員です)

 

 
◇1月15日(金) 10時半~13時 「セミナー&クッキング 食の安全

 受講料: 4,200円  
 セミナー講師: 近藤惠津子 クッキング講師: 内田千里
  今月のテーマ:「TTPについて考えましょう」
  
メニュー:赤味噌シチュー・しいたけのディップ
                                   
 
anzen1-IMG_6842.JPGのサムネイル画像セ ミナーでは、昨秋、基本合意の報道がされたTPP問題について、真相を探ります。消費者メリットが言われていますが、本当なのでしょうか? 中長期的に見て、私たちの食料は大丈夫なのでしょうか? 牛肉や米の問題を中心にTPPの裏側を考えます。

 クッキングは、この季節にうれしいシチューをちょっと変わった赤味噌で。ごぼう、にんじん、しめじが入り、ほうれん草とゆで卵を添えて…ごはんに合うシチューです。
 もう1品は、しいたけのディップ。細かく切ったしいたけをじっくり炒め、カリカリに炒めたパン粉をふりかけ、クラッカーなどにのせていただきます。しいたけも、パン粉もにんにくの風味がきいて、食欲をそそります。
 お友だちを誘ってのランチにもいかがでしょうか。

 

 

月16日(土) 10時半~13時 「基礎から学べるおうちごはん」
  
 受講料: 4,200円   講師: 小黒雅子 
 
 メニュー:肉じゃが・白和え・茶碗蒸し

  今月は、これぞ家庭の和食の3品を実習します。ぜひ、定番料理として、何度も作って、おいしく召し上がってください。
 まず、家庭料理の定番中の定番、肉じゃが。肉じゃがの肉は、地域によって、ご家庭によって牛肉だったり、豚肉だったりしますね。 BELLEでは牛肉を使います。kiso1-IMG_6839.JPGのサムネイル画像肉を炒め、野菜、しらたきに油が回ったら、二番だしと調味料で煮込みます。
 水でもできますが、二番だしのとり方も覚えてください。調味料では、醤油は最後に入れます。これもポイントです。煮汁がなくなるまで煮てから、少し置くこと、これば煮物の味をしみこませるポイントです。
 白和えもぜひ継承したい和食のメニューです。和え衣の作り方を覚えて、野菜はバリエーションを楽しんでください。
 茶碗蒸しもぜひおうちでつくってみたい一品ですね。こちらはかつおと昆布でおいしい一番だしをしっかりとりましょう。蒸し器を上手に使って、きれいな茶碗蒸しを作りましょう。

 

 

◇1月23日(土)10時半~13時 「笑顔をつくるおうちごはん」

 受講料: 4,200円  講師: 内田千里
 メニュー:スンドゥブチゲ・キンパ・即席カクテキ

 ouchigohan1-IMG_7047.JPGお楽しみ、韓国メニューです。
 スンドゥブは、おぼろ豆腐のようにやわらかい韓国の豆腐のこと。スンドゥブチゲは、その豆腐を辛いスープで煮込んだ韓国の鍋料理です。あさりと野菜を入れて、熱々をいただきましょう。
 キンパは韓国ののり巻き。酢飯でなく普通のご飯で作ります。のりにはごま油を薄くぬって使います。味をつけて炒めた牛ひき肉とナムルをごはんにのせて巻きましょう。
 3品目のカクテキは、角切りにした大根のキムチ。即席カクテキを覚えて、大根のおいしいこの季節にたくさんいただきたいものです。

 

 

◆1月24日(日)10時~12時 「キッズクッキング」

 受講料: 3,800円  講師: 上田美紀
 メニュー:牛玉どんぶり・かぶの漬物

 

 kizzu1-IMG_7037.JPG今年初のキッズクッキングはどんぶりです。甘しょっぱく煮込んだ牛肉をふんわり卵でとじて、ご飯にかけていただいます。
 お肉と玉ねぎを切り、順番に炒め物をして、溶き卵を上手に回し入れましょう。
 かぶの漬物は、かぶをがんばって薄く切って、塩もみします。細切りこんぶとあわせると、おいしさが増します。

(本クラスは満員です)

 

 

◇1月28日(木)10時半~13時 「これからの和食~ごはんを囲む食卓」

 受講料: 4,200円  講師:石川美香
 
メニュー:鶏の粕漬け焼き・菜の花の煮浸し・小豆粥

 昔から伝わる伝統の料理や調理法の意味を知り、次世代につないでいきたい…そんな思いの詰まった今月のメニューです。
 日本では昔から、小正月の1月15日に邪気を払い、一年の健康を願って小豆粥を食べる風習がありました。また、地方によっては、小正月に限らず、ハレの日を小豆粥で祝う所もあるそうです。
 今回はその小豆粥を作ります。栄養いっぱいの小豆で体の調子を整えましょう。
 

wasyoku1-IMG_7064.JPG 粕漬けは、食材の長期保存を可能にする方法として、古く奈良時代や平安時代から伝わっています。酒粕によって、食材のおいしさも引き出します。今回は鶏のむね肉を漬け込みグリルでこんがり焼きます。 
 最後は春の訪れを感じさせる菜の花の煮浸びたし。だしと調味料を煮立てた中で菜の花を煮るので、味が程よくしみこみます。

 
 
 
 

◆1月31日(日) 10時~12時 「キッズクッキング特別

 受講料: 3,800円  講師: 小沼真里
 メニュー:えびの中華ケチャップ炒め・白菜のクリーム煮

kizzu12-IMG_6701.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像 人気のキッズクッキングと同じメニューを実習する特別クラスです。今回のメニューはキッズ向きの味つけながら、本格中華の雰囲気の漂う二品です。
 えびは下ごしらえで背開きすることで、ボリュームもアップし、ぜいたくな装いに。
中華では、火を入れる前に、下準備を整えておくのが鉄則です。材料の下ごしらえはもちろん、ソースの材料もきちんと合わせておきましょう。水溶き片栗粉のご準備もお忘れなく。エビは先に多めの油で揚げ焼きにして取り出しておきます。これもポイントです。皆で順番に炒め、仕上げましょう。
 白菜のクリーム煮は、白菜とハムをまずスープで煮て、牛乳を加えます。最後に水溶き片栗粉でとろみをつけるのは2品共通。とろみをつけると、食べやすくなるし、冷めにくくもなります。