スタッフ日記

8月28日 1DAYセミナー&クッキング

anzen8-IMG_6648.JPG 8月も最終週となりました。短い夏、どこにも行けなかった夏、早く通常の生活に戻りたいものです。
 今日の講座のテーマは、「基準内なら大丈夫なの?輸入牛肉のホルモン剤」を探ります。世界の牛肉の生産と消費、断トツトップはアメリカ。人口も違いますが、消費の量も半端ではないです。日本の輸入相手国はオーストラリア・アメリカなど18か国です。今回の気になる問題は肥育ホルモン剤についてです。よく、成長ホルモンと呼ばれますが、成長促進を目的とした肥育ホルモン剤です。天然と合成があるようですが、それを食べた子どもたちへの影響が懸念されます。早い初潮や男女ともに乳房が膨らんだり、大人は乳がん・前立腺がんの増加との関係も言われています。国内では使われていませんが、輸入牛肉には残留基準内とはいえ、使われています。安い牛肉にはそれなりの理由があるのですね。

 今日のお料理は牛肉を使ったお料理「牛肉と蓮根のピリ辛煮」と「砂肝ときゅうりの和え物」です。見た目はちょっと地味ですが、2品ともご飯や、お酒が欲しくなるとっても美味しいおかずです。味付けもシンプルです。
 砂肝はスライスしたものを使ってきゅうりやネギで和えますが、ここに隠し味がありました。講師の味の決め手や味付けを皆さん絶賛していました。