スタッフ日記

2020年8月アーカイブ

8月28日 1DAYセミナー&クッキング

anzen8-IMG_6648.JPG 8月も最終週となりました。短い夏、どこにも行けなかった夏、早く通常の生活に戻りたいものです。
 今日の講座のテーマは、「基準内なら大丈夫なの?輸入牛肉のホルモン剤」を探ります。世界の牛肉の生産と消費、断トツトップはアメリカ。人口も違いますが、消費の量も半端ではないです。日本の輸入相手国はオーストラリア・アメリカなど18か国です。今回の気になる問題は肥育ホルモン剤についてです。よく、成長ホルモンと呼ばれますが、成長促進を目的とした肥育ホルモン剤です。天然と合成があるようですが、それを食べた子どもたちへの影響が懸念されます。早い初潮や男女ともに乳房が膨らんだり、大人は乳がん・前立腺がんの増加との関係も言われています。国内では使われていませんが、輸入牛肉には残留基準内とはいえ、使われています。安い牛肉にはそれなりの理由があるのですね。

 今日のお料理は牛肉を使ったお料理「牛肉と蓮根のピリ辛煮」と「砂肝ときゅうりの和え物」です。見た目はちょっと地味ですが、2品ともご飯や、お酒が欲しくなるとっても美味しいおかずです。味付けもシンプルです。
 砂肝はスライスしたものを使ってきゅうりやネギで和えますが、ここに隠し味がありました。講師の味の決め手や味付けを皆さん絶賛していました。

 

 今日のおうちごはんは「天茶」「博多漬け」「なすの呉汁」を作ります。wagohan8-IMG_6431.JPG

 天茶は生のホタテ、三つ葉、玉ねぎで作ったかき揚げに煎茶をかけていただきます。ところで、お家でかき揚げやてんぷらを作ったことはありますか?お店のようにサクッ、からっと揚がったてんぷら、もしできるようになったら...うれしいですよね。そこで今日はそんなかき揚げのコツを教わります。
 2品目は博多漬け、キャベツと大葉を何層にも重ねて、上から重しをしてしばらく置きます。しんなりしてきたら、食べやすい大きさにカットして器に盛り付けます。グリーンの濃淡がとっても涼し気なお漬物です。 
 最後は、なすの呉汁、一晩水につけておいた大豆を煮て、ミキサーにかけ、ペースト状にしたものにだし、味噌で調味します。食欲がなかなかわかない暑い夏でもさらっと飲める、栄養満点の呉汁が出来上がりました。

 とてもバランスのいい3品です。ぜひお試しください。

 来月の1DAY おうちごはん(木曜)は鶏ひき肉と揚げの鳴門煮・小松菜のえびあん・けんちん汁を作ります。和食の基礎が盛り沢山、お楽しみに!!

 

8月23日 キッズクッキングA

kizzu6-IMG_6324.JPGのサムネイル画像 連日の暑さがは少し和らいだ涼しい朝でした。今日で夏休みが終わりのお子さん、まだ一週間あるお子さん、いろいろでしたが夏休みの報告をしながら皆さん元気にお越し下さいました。
 夏の定番「冷やし中華」とその具になる「蒸し鶏」を作ります。
 手を洗い消毒をしっかりして、お料理開始です。

 まず、お鍋鶏肉を入れて、蒸します。火加減が大事。ゆっくり火を入れることで柔らかく出来上がります。
 中華めんの野菜はきゅうりにトマト。薄切り玉子も作ります。きゅうりは千切りに、トマト薄切りにします。たれも手作りです。余計なものの入らない美味しい簡単たれです。お家の方にも教えてあげてくださいね。
 用意が出来たら、麺を茹で、よく冷やして、お皿に盛り付けていただきます。蒸し鶏を割くのが大変だったかな?でもきれいに、繊維に沿って割くお子さんもいらして、先生からお褒めのお言葉がありましたね。

 みんな一生懸命作りました。ぜひ、お父さんお母さんにも、ごちそうしてあげてくださいね。きっと喜ばれますよ。

IMG_6982.JPG 連日猛暑が続いていますが、暑い日にはやっぱりカレーですね。カレーに含まれるスパイスは新陳代謝をよくする効果があり、夏バテ防止にも最適です。今日は「チキンカレー」「カボチャのサラダ」「トマトのヨーグルトスムージー」です。

 カレーはルーを使わずに作ります。みじん切りにした玉ねぎをじっくり炒めることが最大のポイントです。量が多いので切るのも炒めるのも大変ですが、頑張りましょう。鶏肉は骨から美味しいおだしの出るぶつ切りを使います。焦がさないよう時間をかけて煮込みます。

 サラダに使うカボチャは、皮がとても固いので、包丁の入れ方に気をつけて慎重に切ります。トッピングのアーモンドは、ひと手間を惜しまず炒ることによって香ばしくなり、歯ごたえも香りも倍増します。

 スムージーは、トマトとヨーグルトの意外な組み合わせですが、さっぱりといただけて暑い日のカレーにとてもよく合いますね。大好評でした。

 まだまだ暑い日が続きますが、美味しいカレーで元気に猛暑を乗り切りましょう!

 

8月8日 男の手料理

otokonoteryouri8-IMG_6593.JPG 夏に食べたくなる、本格的タイ料理のご紹介です。「ガパオライス」「トマトとパクチーのサラダ」「桃のヨーグルトデザート」を作ります。

 まず、冷やしていただきたいサラダから作ります。トマトとパクチーを切っておき、マーマレードを使った甘じょっぱいドレッシングを作り、食べる直前まで冷やしておきます。

 ガパオは、野菜を1センチ角に切って用意しておきましょう。お肉を炒め野菜を炒め、ここにバジルが入ります。さっと炒めたら、ご飯の上に盛り付けます。別のフライパンで目玉焼きを揚げ焼きしながら作ります。ご飯の上に載せて出来上がりです。「簡単だね~」と嬉しそうなお言葉です。
 デザートは桃を4等分にしてココットに載せ、グリルで軽く焦げ目をつけます。ヨーグルトを載せ温かいデザートの出来上がりです。 
 サラダもドレッシングであえ、タイ料理の完成です。皆さんがパクチーが苦手でなくてよかったです。たっぷりのパクチーとトマトがとてもきれいで暑~い夏に食べたくなります。ぜひご家族にも作ってあげてください。ちなみにパクチーは、身体の毒素を出してくれるそうですよ。根っこはスープを取るとよい香りがします。捨てるところなしです。わたしのおすすめ食材です。

8月2日 キッズクッキングB

 kizzu7-IMG_6376.JPG 8月に入り、外に出るのもかなり危険な暑さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

  夏休みに入ったからか、元気いっぱいで来るキッズ、ねむーいと言って少し元気がないキッズ、さまざまでしたが、実習が始まり、調理がすすんでくるとすっかり元気、今日作るドライカレーもラッシーも作っている最中から食べたい~、飲みたい~と声がします。

 キッズクッキングに通っている子どもたちは、野菜を切るのも、新しく教わることもすぐに吸収して上手になりますね。毎回感心します。

  そして試食が終わるころに毎回使用する食材から1つ、マネージャーがクイズを出しています。今日はラッシーに使った「はちみつ」、はちみつ~みつばち~養蜂と短い時間でしたが、ミニ知識、楽しく学べたと思います。砂糖(素精糖)とはまた違った甘さなので、ドレッシングや煮物、お肉のソテーのソースなどなど、いろんなメニューに使ってみてください。