スタッフ日記

2月8日 男の手料理

 今月は脂ののった旬の鯖を使ったお料理「揚げ鯖の野菜あんかけ」「かぶの柚子胡椒漬け」「焼き鯖の味噌汁」の3品です。

IMG_5723.JPG メインのお料理は鯖を竜田揚げにして、野菜たっぷりの和風あんをかけます。竜田揚げの油をしっかりきって、サクッとした食感を残すこと。野菜あんはおいしいだしをとること、雑味のないだしをベースにすることで、野菜の彩り、野菜本来の旨味を味わえます。油が邪魔をせず、あっさりとしたあんとマッチします。

 味噌汁は鯖をしっかり焼くことがポイントです。焼き方があまいと生臭さが残ってしまいます。鯖の旨味、香ばしさを味わえる贅沢なお味噌汁です。
 かぶの柚子胡椒漬けはちょっとした箸休めになるお料理です。
 今日は鯖のフィレ(3枚におろしたもの)を使いました。下ごしらえとして、腹骨と血合いの骨を取ります。ひと手間ですが、この作業が肝心。お料理をいただいたときに、骨を気にせず、お味をしっかり感じながらいただけます。

 作り方を知るだけではなく、注意するポイントを知ることで、ワンランク上のお料理になります。レシピには書かれていないポイントこそ、講師から直接学んでいただきたいことです。

 生徒さんから鯖はおろさないのですかと質問がありました。今日はお魚料理のレパートリーを増やし、お魚料理をたくさん作っていただくことを目標にしました。来期(5月から開始)に魚をおろしていただく回を予定しております。またご案内させていただきます。