スタッフ日記

2020年1月アーカイブ

1月30日 おうちパン

outipan-IMG_5479.JPG 今期のおうちパンは、「ハンバーガーバンズ」と「ハンバーガー用パテ」、「ハーブビスケット」を作ります。ご家庭でのパン作りは、生地作りのこねや発酵等やはりお時間がかかります。今日はグループで交代にこねて頑張りましょう。

 バーガーバンズには全粒粉が入り、混ぜただけで独特の風味が広がります。こねていくうちの生地の変化を感じ...イーストの香り、そして焼きあがっていく何とも言えない香ばしいパンの香り。幸せな気持ちになりますね。美味しいパンは手軽に購入できますが、手間をかけ、時間をかけて作ったパンは格別です。合間にパテも作ります。全てが手作りのハンバーガー、最高ですね!

 ハーブビスケットは、たっぷりのハーブを入れて、フードプロセッサーで生地を作ります。ポイントはよく冷えたバターを使うこと。スタジオ中にハーブの香りがただよい癒されますね。朝食にアフタヌーンティーにぴったり。

 休日はパン作りをお楽しみください♬

1月26日 キッズクッキングA

  今日のキッズクッキングは「チャーハン」「ワンタンスープ」を作ります。

 今日の2品には長ねぎが入りますので、みんなでみじん切りを頑張りましょう!!具材それぞれ切り方が違うので注意してくださいね。すべて切り終えたらひき肉に塩、酒を入れて粘りがでるまでよく混ぜ、ワンタンの皮で包みます。一人3個づつ丁寧に包んでいきましょう。あとはスープを沸かしてワンタン、小松菜を入れ、醤油、塩で調味して出来上がり。IMG_5436.png
 
 IMG_5443.JPG次はチャーハン、今日はパラパラチャーハンを目指します。パラパラにするには、温かいご飯にあらかじめ溶きほぐした卵をしっかりまぶすこと、これが1つ目のポイント。2つ目のポイントはフライパンで炒めるとき、卵をまとったご飯を根気よくほぐすように炒めること。この2つのポイントをおさえるとパラパラチャーハン、きっと成功しますよ。

 来月はさわらの煮付け、白和えを作ります。キッズの皆さんには少々見た目が地味かとは思いますが、ご飯にぴったりな2品なので、楽しみにしていてください。

1月25日 もっと学べるおうちごはん

IMG_5410.JPG 今日はヘルシー韓国料理を作ります。メニューは「スンドゥブチゲ」「チャプチェ」「大根とせりのナムル」です。
 スンドゥブとは、純豆腐、日本では柔らかいおぼろ豆腐のこと、チゲは鍋料理を意味します。あさりのスープにコチュジャンや唐辛子で辛く味付けします。今日はキノコ類ネギやにらなどを入れて、煮込みます。韓国の代表的な鍋です。
 チャプチェは野菜と春雨の炒めものです。
 ナムルは大根と今が旬のせりを使いました。大根を塩を振りかけるのではなく、塩水につけて柔らかくします。塩を振りかけると、水分が出たところに塩が入り、味が濃くなるので、塩水につけます。
 2品がこってりしているので、さっぱりといただけます。
 寒い冬にはうれしいメニューです。ぜひ作ってみてください。

1月23日 季節を感じる和のごはん

 今日は「さわらの梅マヨ焼き」「かぶの白酢和え」「節麺のお吸い物」。メニュー名をご紹介したところで、皆さん節麺が気になったご様子。節麺の説明から始まりました。wagohann-IMG_5391.JPGのサムネイル画像節麺は、手延べ麺を棒につるして乾燥させる時にできる、曲線の部分です。なるほどと皆さん納得のご様子。本来の手延べそうめんとは違う食感や風味をお楽しみください。今日はおだしに入れて召し上がっていただきます。

 メインのさわらの梅マヨ焼きは、こんがりと焼いたさわらの下に、梅干しとマヨネーズという意外な組み合わせのソースをしいていただきます。とてもお手軽にできる、きれいなピンク色のこのソースを添えるだけでワンランクアップの一品になります。魔法のようなソースですね。

 白酢和えは、豆腐をしっかり水切りし、白ごまをすり、和え衣を滑らかになるよう丁寧に作ります。具材も、干し椎茸を煮て、かぶや海老をひとつずつ丁寧に手間を惜しまずに下処理します。そしてしっかりそれぞれの水気をとることが大事なポイントです。

 まずはおいしいおだしをとることから、ぜひお試しください。

1月19日 キッズクッキングB

kidsB-IMG_5274.JPG 今日はおしゃれなメニュー、「トマトシチュー」と「りんごケーキ」を作ります。シチューを煮込むのもケーキを焼くのも時間がかかりますので、段取りよく協力して頑張りましょう。

 ケーキを焼くのは難しそうですが、りんごケーキはお手軽に作れます。卵→砂糖→薄力粉→バター→りんごと順に混ぜてオーブンへ。デモはここまでです。皆さんが実習している間に焼きあがりますのでお楽しみに~♪

kidsB-IMG_5261_LI.jpgのサムネイル画像kidsB-IMG_5272_LI.jpg シチューは野菜を切る下準備から。じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、それぞれ形の違うものを切りそろえるのは大変ですが、にんじんの型抜きは楽しいですね。材料を炒めてからじっくり煮込みます。

 ケーキとシチュー、できあがりが待ち遠しいですね。今日のクイズは小麦粉。日本で消費されている小麦粉の約9割が外国産の小麦から作られているのにビックリ。今日は貴重な国産小麦粉で作りました。

 「おいしい!!」と皆さん完食。ママと一緒に作ってくださいね。

kiso-IMG_5226.JPGのサムネイル画像 今日は和食のメニュー、「鯖の味噌煮」「かぶの酢の物」「けんちん汁」を作ります。始めに「ご家庭で煮魚を作る方?」という講師の質問に皆さんそろって「作ったことありません」の答え。でも鯖の味噌煮はお好きとのこと。ポイントをマスターしてご家庭の定番メニューにしてくださいね。

   鯖は下準備が大切です。霜降りにして魚臭さを抜きます。そして落し蓋をして煮ます。だんだん食欲が増す良いにおいがしてきますね。一緒に煮た生姜も是非おめしあがりください。

 かぶの酢の物にはフルーツを加えます。今日はいちごを使います。酢の物にいちご?とちょっぴり不安気な皆さん。赤と白のあざやかな仕上がりにおもてなしにもなりそう、試食では甘酸っぱくておいしい!の声に講師もホッとしています。

 けんちん汁は、いちょう切り、うす切りと野菜の切り方、そして水にさらしたり、塩で洗ったりと野菜に応じての下準備をていねいにします。じっくり旨味をだした昆布だしで作ります。

 時折みぞれの降る寒い一日、けんちん汁で身体の中からあたたまりましたと皆さんお帰りになりました。

 IMG_5210.JPG新年はじめのお教室。今年もよろしくお願いたします。
 今日の講座は、「うどんの原材料と表示」について探ります。麺類の分類では餃子の皮も麺類になるそうです。都道府県別生産量のトップは香川県。2位は埼玉、3位は群馬県。国産の小麦はもともとパンづくりには向かないので、うどんなどのめん類を多く作っているようです。形態では生めん乾めんに分かれますが、添加物が入らないので冷凍麺は比較的安全と言われています。調味済みのうどん類には日持ちさせるために、添加物がたくさん入っています。気をつけたいものです。表示をみてから購入しましょう。

 今日のお料理は、安全な冷凍うどんを使った「あんかけうどん」、もう1品は「せりとお揚げの辛子ごま和え」です。
 今日はみりんを煮切るという作業が出てきます。お酒やみりんに含まれているアルコール分を飛ばす(取り除く)ことを、「煮切る」という言葉で表現します。この言葉は、みりんと日本酒だけに限って使う言葉で、和食の独特な作業だそうです。うどんに載せる具を一つ一つ丁寧に作りましょう。しいたけを甘辛く煮て、卵焼きを作ります。いつもより沢山のおだしを取ってとろみをつけ、ゆでたおうどんに注ぎます。アツアツをいただきましょう。
 旬のせりもお揚げさんととても良い組み合わせです。もう1品ほしいときなどに作ってみてください。

 

 

 

 

1月16日 ごちそう中華

 日頃手に入りやすい食材で作るごちそう料理。少しだけ手間と時間をかけて作ってみると見た目も味もおもてなしの食卓になります。もちろん人をお招きするときだけではなく、今日のお夕食にもぜひ作っていただきたいお料理です。メニューは、「豆腐の中華ステーキ」「帆立と菜の花の中華ご飯」「大根ワンタンスープ」の3品です。

 今日の一番のポイントはねぎ油を作ること。長ねぎ、玉ねぎ、生姜、にんにくなど香味野菜を低温で揚げて、油に香りをうつします。下味に、炒める時に、仕上げに使うと、普通の油を使ったときとは格段に味が違います。中華料理は油で美味しく食べるということがよくわかります。
 乾物も上手に使いましょう。旨味がたっぷり凝縮されています。戻し汁にも旨味が出ているのでしっかり使います。丸ごと全部使うということですね。IMG_5173.JPG

 豆腐のステーキは彩り鮮やかな野菜たっぷりの中華あんをかけます。干し貝柱で味を出します。
 ワンタンには大根を入れて包みます。冬の大根は美味しいし、食感を楽しめて、一挙両得ですね。こちらは干し貝柱をワンタンのたねに混ぜ込みます。
 中華ご飯はごちそうのっけご飯。帆立、椎茸、竹の子、菜の花、温玉子…華やかな丼ごはんです。こちらは干し椎茸を使います。長ねぎ、大葉、生姜、薬味もたっぷりのせました。バランスのとれた一品です。

 下ごしらえもたくさんあるし、計量もちょっと大変かもしれません。ただ中華料理は準備さえしておけば一気に仕上げることができます。まずは一品ずつ、作っていただければうれしいです。

1月11日 男の手料理

IMG_5157.JPG  今日の男の手料理のクラスは「チャーハン」「豆もやしの中華ごま和え」「春雨と白菜のスープ」を作ります。

 まず初めに豆もやしの中華ごま和えに入れるささみを茹でます。そのささみを茹でている間に豆もやしのひげ根を取ります。豆もやしのひげ根をとるのは気が遠くなる作業ですが、このひと手間をおしまないでください。出来上がりと食感がワンランクアップ間違いなしです。ささみは茹であがったら、乾燥をふせぐため、ふたをした鍋に入れたまま冷ましてください。
 次はスープとチャーハンの材料を切ります。材料によって切り方が違いますので気をつけましょう。
 IMG_5161.png今日のチャーハンは温かいご飯にといた卵をまぶし、ほぐすように炒めます。だんだんパラパラになっていくのが見ていてよくわかります。生徒の皆さんもとても楽しそうにされていました。

 来月は和食のステップアップメニュー、揚げ鯖の野菜あんかけ、かぶの柚子胡椒漬け、焼き鯖の味噌汁です。お楽しみに。

 

 

 

1月10日 ママの楽しいキッチン♪

IMG_5141.JPG 本年初めてのお教室です。よろしくお願いいたします。今日は中華でママ友ランチのテーマです。

 「もち米シュウマイ」「白菜のクリーム煮」「なめこと卵の中華スープ」を作ります。
おせち料理やお正月料理にあきてくると、中華が食べたくなりますね。しゅうまいは、のお肉はいつもと同様ですが、皮を使わず、1時間ほどふやかしたもち米をつけて、蒸します。モチモチとした食感が楽しめます。
 冬は白菜がお鍋などで沢山登場しますが、クリーム煮は、牛乳で煮た後、生クリームを入れることで、こくも出てとてもおいしくいただけます。
 スープは、香味野菜を使って、味も香りもぐ~んとアップ。なめこを煮すぎないように注意しましょう。
 お持たせにも打ってつけ。またお子様と一緒に作るのも楽しいと思います。