スタッフ日記

12月20日 セミナー&クッキング 食の安全

IMG_4929.JPG  今日の講座のテーマは、「身体にいい油とは?」です。食用油を挙げてみると?と講師の質問に、皆さんスラスラ出てくる。あっという間に21品。こんなにあるんだと再確認。世界の食用植物油脂のトップはパームオイル。2位は大豆油。3位になたね油。日本では1位はなたね油、2位はパームオイル、3位が大豆油となります。しかし食用油生産現場で起きていることを考えてみると、土地や水、労働力などの点から、様々な環境破壊や農薬を撒く人への健康被害、水の汚染等あるようです。油は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられ、身体への影響も様々です。使用する際には気をつけたいものです。

 お料理は体に良い油を使っての「さんまの包み揚げ」「春菊とわかめのおひたし」です。春巻きの皮を三角に切り、ミンチにしたさんまをのせて揚げます。衣に先生のマル秘技がありました。パリパリの包み揚げ。美味しい音が響きます。
 おひたしは簡単ですが、もう1品欲しいときにうってつけ。かつお細削り1パックを使い即席お出だし作り梅干しで味付けをし、春菊とわかめに注ぐだけ。とてもやさしいお味です。つるむらさきやニラなど癖のある野菜が向いているそうです。ぜひ作ってみて下さい。