スタッフ日記

9月28日 もっと学べるおうちごはん

IMG_3442.JPG 今日は中華です。下ごしらえと段取りをしっかりしていけば、あとは炒めるだけです。メニューは「酢豚」「中華炊き込みご飯」「もやしと大根のスープ」を作ります。

 まずは炊き込みご飯ですが、下味をつけておいたお肉や粗みじん切りにした野菜等を炊飯器に入れ、調味料を加えたスープと共にスイッチポン。あとは炊き上がるのを待ちます。

 酢豚は野菜が沢山ありますが、手分けして切っていきます。先程は粗みじん切り、酢豚は乱切りです。あちこちから先生を呼ぶ声が…乱切りをおさらいしました。竹の子は特に難しいようでした。水煮の竹の子は形も様々なので、乱切りはどこに包丁を入れるか迷いますね。
 調味料をすべて合わせておくことも大事です。今日は、計量も練習しました。大さじ1杯は液体の場合と、粉類は違いましたね。しっかりマスターしましょう。
 次に野菜や肉を油通しをして下準備が整ったら、中華鍋で一気に炒めていきます。炒める音も豪快に、調味料を加えると良いにおいが立ち込めます。仕上げにごま油を加えましょう。彩りもきれいな酢豚の完成です。

 スープは冷凍の鶏がらスープを使い、はじめに長ネギや生姜の皮を入れて、香りを出すことも忘れないように。大根が軟らかくなったら、もやしやザーサイを入れて味を調えます。美味しいスープが完成します。ぜひご家族が揃った時などに、作ってみてください。皆さんから「きれいで美味しそう!」の声がたくさん聞こえ、食べるのが待ちどおしいご様子でした。