スタッフ日記

3月15日 セミナー&クッキング 食の安全

 P1070462.JPG 今期最後のセミナーは「サンドイッチを買って食べますか?その驚くべき裏側」をテーマのお話から。

 初めに、日本人は長らく米を主食としてきましたが、2011年、パンの購入金額が初めて米を上回る!とニュースになったこと、ご存じでしたか?食の欧米化や核家族化が進むにつれ、手軽に食べられるパン(食パンや調理パン)は忙しい朝やランチタイムにはもってこいの存在です。天然酵母や産地にこだわった小麦粉だけを使用していますというパン屋さんもよくみかけるようになりましたが、その一方でスーパーやコンビニでは、きれいにパッキングされ、新鮮な野菜たっぷりのサンドイッチや思わず買いたくなるような調理パンが多数ならんでいます。でも食品表示をみると???話をきけばきくほど、知らないことってまだまだたくさんあるのですね。

 今日は「ポケットサンド」と「大豆入りチキンナゲット」を作ります。
 まずはポケットサンドです。5枚切りの食パンをたてに半分に切り、その断面に切れ目をいれ、ポケットを作り、そこに丸めたアルミホイルをつめトースターで焼きます。ここに十分な大きさのポケットをつくることで、かなりボリュームのある具材(豚肉を味付けして玉ねぎと炒めたもの、清見タンゴールいりキャロットラぺ)をつめても穴があくことはまずありません。食パン1枚でもとっても食べごたえのあるものに仕上がります。

 もう1品は「大豆入りチキンナゲット」。鶏むね肉、大豆(缶)、木綿豆腐、玉ねぎをフードプロセッサーでなめらかにし、成形してフライパンで焼きます。油で揚げていないので、まったくしつこくないです。手軽に食べられ、ヘルシーな一品です。P1070489.JPG

 ふと頭に浮かんだ???を知ることができるのが、「セミナー&クッキング 食の安全」です。来期も皆さまにお会いできること、楽しみにしております。