スタッフ日記

3月3日 親子クッキング

 今日はひなまつり。「手まり寿司」「春のおすいもの」の2品です。ママ・パパとお子様と一緒に楽しくお料理開始です。

IMG_0820.JPG 手まり寿司は、小さなお子様でもひとりでできるようにラップを使って丸めます。具材は2種類、スモークサーモンの上にちょこんとレモンをのせたものと、海苔の台座に花形に抜いたチーズをのせたもの。ラップでくるくる、お口のサイズに丸めて出来上がり。お教室では2種類しか作りませんが、おうちではえびやたまご、野沢菜のような大きな葉のお漬物など、いろいろな具材で作って並べてください。
 飯台でごはんに合わせ酢を混ぜてすし飯を作ります。<ごはんをきり混ぜる>という言葉を教えてもらいました。子どもたちも一生懸命すし飯を作っています。先生のデモをよく見ていたからとても上手にできました。

IMG_0810.JPGIMG_0811.JPG

 

IMG_0825.JPG

IMG_0828.JPG だしをとってお吸い物も作ります。花麩をいれました。お麩って水に戻すとすごく大きくなることにびっくり!「わー大きい」という声が聞こえてきました。おだしの香りにも「いいにおい」と感激してくれました。

 すぐにおうちで作りましたとメールをいただきました。本当にうれしかったです。楽しいおひなまつりのお祝いができたでしょうか。実習では、お子様の自主性を尊重しながら、ママ・パパがサポートする。親子の息もぴったりの教室でした。