スタッフ日記

8月25日 笑顔をつくるおうちごはん

 egao-P1060637.JPG今日は小鰺を一人3尾ずつ手開きし、夏にさっぱりといただけてうれしい南蛮漬けを作ります。
 メニューは「鯵の南蛮漬け」「ひじきの煮物」「かきたま汁」の三品です。今日の学習ポイントは野菜の千切り、鯵の手開き、お出汁の取り方(一番だしと二番だし)と盛りだくさんです。先にひじきの煮物をつくっておき、その間に野菜手分けして千切りし、合わせ酢を準備しておきます。

egao-P1060600.JPGのサムネイル画像 鯵は10センチくらいのかわいい鯵です。先生より丁寧なご指導があったように、下処理をしっかりしましょう。生臭さを残さないように。はじめはお魚を触るのが苦手とおっしゃった方も、内臓をとり、さらに指を骨に沿って開いていくうちに、「結構楽しいかも」と変化していかれました。3尾目には上手にできるようになりました。揚げ方も火の通り具合も学びました。揚げすぎないタイミングは難しいですね。熱いうちに合わせ酢につけていきます。

egao-P1060609.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像egao-1060613.JPGのサムネイル画像 かきたま汁は卵を流しこむやり方を習いました。きれいなかきたま汁が出来上がります。針しょうがの切り方も、ポイントの一つ。針のように細く切ることが大切です。しょうがを薄く切ることと、繊維を考えるなど、たかが千切り、されど千切り。美味しそうに仕上げるには、ひと工夫が必要ですね。たくさん練習してみてください。