スタッフ日記

7月22日 キッズクッキングA

P1060495.JPG 今日のキッズクッキングは「天ぷら」と「ざるそば」を作ります。

 夏休みに入っているキッズたちが大半だったためか、スタジオに入ってくるときから、みんないつもよりも3割増?!くらい元気で楽しそうな雰囲気。
 小さい子グループは切った野菜やえびを1人づつ手にもって衣をつけ、そーっと油に投入、大きい子グループは菜箸をつかってなかなかの手つきです。えびはどうしてもぱちぱちと油がはねてびっくりしてしまった子もいましたが、みんな上手に天ぷらを揚げることが出来ました。
 ざるそばはだしをとるところからスタート。前日から昆布水を作っておけば、簡単に美味しいめんつゆが作れます。しっかり冷やしためんつゆとおそば、そしてカラッと揚がった天ぷら、出来上がりのタイミングをそろえるようにすると、より美味しくいただけると思いますよ。

P1060504.JPGP1060518.JPGP1060521.JPG そして今日は蕎麦についてお勉強します。日本では縄文時代にすでに栽培されていたそうで、高知県で蕎麦の花粉が出土したとのこと。現在のような麺(蕎麦切り)としては江戸時代から、それ以前は蕎麦粥やそばがきとして食べられていました。

 今日はお蕎麦や天ぷらをもっと食べたーいと、うれしい声が聞こえてくるとっても元気なお教室でした。