スタッフ日記

7月20日 セミナー&クッキング 食の安全

P1060428.JPG 今日のセミナーのテーマは、「魚を食べ続けるために~海の資源を考える」です。今年の夏は地球温暖化の影響をまともに受けていますよね、35℃を超える猛暑日がつづき、これだけ気温が上昇していれば、海水温だって上昇します。そこで今日のセミナーは、世界の海で海水温の変化により起きているさまざまな問題(獲れる魚の分布の変化や漁獲量の変化)、そして魚介類の国内消費量の推移や魚介類別の購入量の変化を30年前と現在で比較する等、とても興味深いお話が続きました。

P1060439.JPG 今日のお料理は「飫肥天(おびてん)」と「簡単冷汁」です。飫肥天は宮崎県日南市飫肥地区の郷土料理で、魚肉(アジ、シイラ、トビウオなど)をすり身にしたものに豆腐を混ぜ、味噌などで調味し、揚げたものです。一般的なさつま揚げと似ていますが、黒糖を加えるので(今日は素精糖を使用)独特な甘さを感じる一品です。そして、2品目は食欲が落ちる夏にぴったりの冷汁です。乾煎りした煮干しとごまをすり鉢でしっかりすることと、だしを加えたあとしっかり冷やすことがポイントです。そのままでももちろん美味しいのですが、ご飯にかけてお茶漬けのようにさらっといただくのもおすすめです。是非お試しください。