スタッフ日記

4月26日 これからの和食~ごはんを囲む食卓

wasyoku-IMG_7134.JPG このコースは、ごはんと汁物で食事の形を大切に、季節の食材を使ってごはんを美味しく召し上がっていただきます。1回目は揚げる、和える、蒸すの基本の調理法を使った、「鶏手羽元の竜田揚げ」「うどとわかめの酢の物」「茶碗蒸し」です。今回は初めて参加される方が多く、どことなく緊張された雰囲気が漂っています。

 最初に和食の基本の基本、おだしをとります。火を止めるタイミング、かつおを取り出すタイミング、煮出すちょっとした時間等々でお味が変わります。お味見することも大切ですね。おだしを使った茶碗蒸しの蒸しあがりに合わせて、鶏手羽元を揚げ、和え物はいただく直前に和えます。

 今日の食材では、皆さん、うどを扱うのが初めてでした。皮は厚くむき酢水につけます。むいた皮の食べ方も教わりました。シャキシャキとした歯ごたえ、「早速買います!」という声も。買ったことのない食材にも是非チャレンジしてくださいね。
 ご家庭での揚げ物は敬遠されがちですが、揚げたてのサクサク感は手作りならではの美味しさ!良い油を使って、ご家庭での揚げ物を定番にしてみませんか。
 ハードルが高いと思われていた茶碗蒸しもきれいに蒸しあがり、やさしいお味に満足していただきました。