スタッフ日記

2018年5月アーカイブ

5月27日 キッズクッキングA

 P1060229.JPG 今日は「マーボー豆腐」と「小松菜のスープ」を作ります。
講師の先生の手先を興味深々に見ているキッズのみんな。デモが終了すると、いよいよ出番です。まず最初に水切りしたもめん豆腐を1.5cmの角切り、長ねぎとにんにくはみじん切り、続けてスープの具材(小松菜、にんじん、しいたけ、長ねぎ)それぞれを先生のデモの通りに上手に切れました。

P1060236.JPG そして今日はマーボー豆腐のとろみつけで使用した「片栗粉」についてお勉強します。片栗粉は、江戸時代には自生のカタクリの鱗茎(球根)から作られていましたが、自生が減少し、明治時代には北海道で馬鈴薯から作られるようになったそうです。

 片栗粉は天ぷらなどの揚げ物の衣に混ぜるとカラッと揚がりますし、えびの汚れをとる時にも使います。お料理にとろみをつける時には粉の粒子1つ1つに水が十分にいきわたるようあらかじめ用意しておきましょう。慣れるまでは一度火をとめてから加えてよく混ぜ、再び火にかけます。きっと大満足の仕上がりになりますので、ぜひ試してみてください。

5月26日 笑顔をつくるおうちごはん

 今月のメニューは、「太巻き寿司」「揚げ出し豆腐」「あさりのすまし汁」の3品。お料理ポイント満載の教室です。

 IMG_7470.JPG太巻き寿司は1人1本、まきすを使って作ります。ごはんをきる…寿司飯作りでよく使われる用語ですが、どういうことなのか先生のお見本を見ると合点がいきます。具材の準備も、ほうれん草の醤油洗い、卵を何度も重ねて焼いていく厚焼き卵、椎茸を煮るときに落し蓋をする意味などについて、なぜ、こうするのかわかるとお料理の手順ものみこめ、自然と作業がはかどります。皆さんの動きもテキパキと、次は〇〇するんですね~と声をかけ合いながら、お料理がどんどん仕上がっていきます。あちらこちらから声をかけられる講師でしたが、お顔はとてもうれしそう。
 揚げ出し豆腐も今まではハードルが高いと感じていた方も、こんなに手軽に作れたのと感じて下さouchigohan5-IMG_7468.JPGいました。揚げもの後の油の処理が大変と避けてしまうという方も多いでしょう。良質の油は使い捨てなどせず、何度も使えます。油をきれいにして保存する方法も聞けたので、これからは揚げ物料理にもたくさんチャレンジできますね。

 レシピだけではわからない部分はもちろん、レシピに出てくる料理用語の意味をひとつずつ知っていくことが、お料理上手につながっていくのだなと思っています。

wasyoku-IMG_7443.JPG 和食をもっと食卓に・・・今回はお魚を美味しくいただくメニュー「魚の煮付け」「焼き椎茸と小松菜のポン酢和え」「厚揚げとグリーンアスパラの味噌汁」です。

 まずは和食のお約束、おだし作りから。今日は味噌汁に使います。

 ポン酢和えは名前の通りポン酢で和えるのでとてもお手軽ですが、椎茸、小松菜の余計な水分は残さないようにきちんと丁寧な作業が大切です。

 wasyoku-IMG_7456.JPG形よくきれいに煮付けた煮魚はあこがれですね。今日はデモで内臓のとり方をお見せしますが、皆さんには処理済みの金目鯛を1尾づつ煮付けていただきます。生魚の扱い方、用意しておくと便利なもの、そしてふっくらと味をしませ、形をくずさないように仕上げるポイントを覚えてくださいね。皆さん、初挑戦の煮魚でしたがきれいに仕上がりました。試食は、骨に気をつけながらでとっても静かでした。
 なお、7月の基礎から学べるおうちごはんでは、鯵をお1人1尾づつ、内臓をとる下処理からしていただき塩焼きにします。ご興味のある方にはおすすめです。

 次回はガラリ変わって沖縄の郷土料理です。お楽しみにいらしてください。

5月20日 キッズクッキングB

kids-IMG_7406.JPGのサムネイル画像  今期からキッズクッキングは、全6回のAコースと全4回のBコースになります。Bコースは5月が初回です。メニューは4月のAコースと同じ「きじ焼き丼」と「キャベツのみそ汁」です。お米のとぎ方、だしのとり方が今回のポイントです。

kids-IMG_7413.JPGのサムネイル画像 今コースでは、兄弟で受講のキッズが数組いらっしゃいます。ようやく年長さんになって参加の弟さんを優しくいたわるおにいちゃん、おねえちゃん。デモ中、その後も気にかけている様子・・・ほっこりしますね。
 上級生のおにいさん、おねえさんグループは、手際よくアッというまにできてしまいます。テーブルセッティングのお手伝い、他のグループの洗い物、そしてスタッフの手伝いも! 何でもニコニコ笑顔でお手伝いする姿、素敵ですね。kids-IMG_7414.JPGできあがりは、みんな合わせて一緒に試食開始です。踏み台にのって頑張った初めてのクッキング挑戦。さぞ美味しかったことでしょう。おうちでもご兄弟で、またママと一緒に、きじ焼き丼とお味噌汁を作ってください。

 お勉強クイズはメインの食材の鶏肉。鶏肉の名前の由来や歴史的なことはちょっと難しいけれど、グーチョキパーを選択するのは楽しいですね。皆さんとっても元気よく答えてくださいました。

 kiso -P1060214.JPGミートソースもドレッシングも今日から手作りしませんか?いつものミートソースよりもっと美味しい作り方を習います。「スパゲティミートソース」「マッシュルームのサラダ」「ペイザンヌスープ」を作ります。
 今日は切り方のポイントが2種類です。みじん切りと角切りです。
まずミートソースのにんにくを細かいみじん切りにして、香りが出るまでしっかり弱火で炒めます。生徒さんも身を乗り出してお鍋を確認します。イタリアンの基本だそうです。にんにく臭を超えると甘い良い香りがしてきます。焦がさないように丁寧に炒めます。みじん切りのお野菜を順番に炒め、お肉を入れたら煮込んでいきますが、お水は入れず、お野菜の水分で煮ていきます。
 サラダは、マッシュルームを生でいただくことに驚いている方もいらっしゃいましたが、新鮮なものを使いましょう。ドレッシングはヨーグルトを使ったさっぱりとしたものです。覚えておくといろいろに使えます。
 スープは切りものが多いですが、冷蔵庫に残っているお野菜を使ってもいいですね。たっぷりのお野菜がいただけます。
 栄養も満点。彩りも満点なお食事をご家族で是非お楽しみください。

 

IMG_7360.JPG 今日のセミナーのテーマは「醤油の値段の差はどこから?」です。醤油は大豆と小麦で作った麹に塩水を加えた諸味を発酵、熟成させたもので、こいくち、うすくち、たまり、再仕込み、白(しろ)醤油の種類があり、製造方法には本醸造、混合醸造、混合方式があります。
 では、醤油の値段に差ができるのはどうしてでしょう? 原料、醸造期間、添加物の使用、主にこれら3点が値段に大きく反映されているとのこと。実際に添加物がたくさん使われている醤油もあり、表示を見て皆さんびっくり。舐め比べもしてみました。においと味に二度びっくり、やっぱりシンプルで自然な醤油を使いたいものです。

IMG_7386.JPG 今日のお料理は「豚ひき肉の湯葉包み」と「うどのすまし汁」です。豚ひき肉の湯葉包みはみじん切りにした野菜と豚ひき肉で作った肉だねを湯葉で包み、焼き目をつけ、醤油、みりん、酒などの調味料を加え煮ることでしっかりと味がしみこんだご飯がすすむ一品です。
 うどのすまし汁はうどや生わかめの切り方を工夫し、薄口醤油と塩で調味することで、色合いや食感も楽しめます。
 はっきりとした味の湯葉包みとやさしい味のすまし汁、とてもほっこりする組み合わせです。どうぞ、お試しください。

5月12日 男の手料理

otoko-IMG_7275.JPG 今日は、ご希望の方にお酒と一緒にお食事していただく楽しみな回です。おしゃれな「ジェノベーゼパスタ」、「ジャーマンポテト」、「玉ねぎのコンソメスープ」に合う白ワインをお出しします。いつも以上に楽しみにいらした方もいらっしゃるようですね ♪

 とは言え、デモ、実習はいつもの通り。メモをとり、時にはお鍋をのぞきこみ、皆さんとっても熱心です。このクラスでは、今までにいろいろなパスタをご紹介してきました。「あとは、イカ墨スパゲティーかなぁ?」と講師を驚かせる方も。otoko-IMG_7272.JPGのサムネイル画像ジェノベーゼは、バジルをペーストにしてパスタに和えたもの。ボウルいっぱいのバジルを1度に使うことは、なかなかありませんね。スタジオ中にバジルの香りが漂いできあがりが楽しみです。外でいただくことはあっても、手作りできるとは思わなかったというジェノベーゼ。ミキサーを使いとても手軽にできました。「一番簡単そうだから、まずジェノベーゼから作ってみようかな」と言う声に講師もにっこりです。

 ドイツが由来ではないというジャーマンポテト、丸く顔を出す玉ねぎがかわいいスープ、ワインと一緒に会話もはずみました。

 

5月11日 ママの楽しいキッチン♪

mama-P1060197.JPG 今日のメニューはちょっとおしゃれな休日のブランチにいかがでしょう。mama-P1060182.JPG

 「フレンチトースト」「ニース風サラダ」「コーンチャウダー」を作ります。フレンチトーストはシュクレタイプ(甘いもの)とサレタイプ(塩味)の2種です。卵液は、こしを切るように卵をしっかり溶くことがポイント。前の晩から漬けておくこともおすすめです。サレタイプにはパセリを加えます。
 彩りの良いニース風サラダと一緒にいただきます。ドレッシングはホイッパーを使ってしっかり乳化させることが大切です。
 コーンチャウダーはとろみのつけ方についてしっかり学びました。
 お友だちをお招きしてのランチでもとてもおしゃれで喜ばれそう。シュクレタイプの果物はブルーベリーでもキーウイでもお好きなものを選んでみてください。

4月28日 笑顔をつくるおうちごはん

 コースの名前通り、笑顔でお料理を作り、食べる人みんなを笑顔にしてあげましょう・・・講師のこんな挨拶から始まりました。今月は「回鍋肉(ホイコーロー)」「トマトのサラダ」「肉団子と青菜のスープ」の中華ごはん。

 ouchigohan4-IMG_7162.JPGホイコーローは漢字でなぜ回鍋肉と書くのか。皆さんご存知ですか。実はお料理の仕方に由来しています。豚肉を先に茹でてから鍋に戻し、野菜と共に炒め合わせる…回という文字は戻すという意味で使われているそうです。なるほど!と納得です。お料理の名前について知ることも、お料理好きになる秘訣のような気がします。お料理への興味がさらに沸いてきますね。
 今日はお料理の出来栄えを考えながら野菜を切ることがポイント。皆で神経を集中させて切りました。トマトがうすーく切れて感激!細かいみじん切りができて感激!生徒さんもにっこり。そんな様子に講師もにっこり。笑顔というスパイスが効いて、お料理もさらに美味しくなりました。
 柔らかい春キャベツが出回るこの季節には、がっつりとホイコーローで白いごはんをいただだきたいですね。

 次回は、太巻き寿司と揚げだし豆腐。こちらもとっても魅力的なメニューです。太巻き寿司は、1人1本巻きます。寿司飯の作り方、まきすの使い方もマスターしましょう。お楽しみに。

wasyoku-IMG_7134.JPG このコースは、ごはんと汁物で食事の形を大切に、季節の食材を使ってごはんを美味しく召し上がっていただきます。1回目は揚げる、和える、蒸すの基本の調理法を使った、「鶏手羽元の竜田揚げ」「うどとわかめの酢の物」「茶碗蒸し」です。今回は初めて参加される方が多く、どことなく緊張された雰囲気が漂っています。

 最初に和食の基本の基本、おだしをとります。火を止めるタイミング、かつおを取り出すタイミング、煮出すちょっとした時間等々でお味が変わります。お味見することも大切ですね。おだしを使った茶碗蒸しの蒸しあがりに合わせて、鶏手羽元を揚げ、和え物はいただく直前に和えます。

 今日の食材では、皆さん、うどを扱うのが初めてでした。皮は厚くむき酢水につけます。むいた皮の食べ方も教わりました。シャキシャキとした歯ごたえ、「早速買います!」という声も。買ったことのない食材にも是非チャレンジしてくださいね。
 ご家庭での揚げ物は敬遠されがちですが、揚げたてのサクサク感は手作りならではの美味しさ!良い油を使って、ご家庭での揚げ物を定番にしてみませんか。
 ハードルが高いと思われていた茶碗蒸しもきれいに蒸しあがり、やさしいお味に満足していただきました。

4月22日 キッズクッキングA

kids-IMG_7105.JPG お陰様でキッズコースはアッというまに満席になりました。全員でキッズクッキング3つのお約束を確認してデモが始まります。今日のメニューは「きじ焼き丼」「春キャベツのみそ汁」。お米のとぎかた、だしのとり方をしっかり教わります。

 kids-IMG_7091.JPG「おだしに使ういりこって何でしょう?」という問いかけに即「いわしの子!」と答える物知りキッズに講師もびっくり。いりこは、頭と内臓をとって水につけておきます。「食べたーい!」という声も聞こえてきます。お約束思い出して、あとでお味見しましょうね。具は、甘くて柔らかい春キャベツと油揚げです。

 kids-IMG_7119.JPGきじ焼き丼のきじ焼きとは、漬け汁につけて焼いたもののこと。今日は鶏肉を使います。焼く時には油がはねるので気をつけて。甘辛いたれの鶏肉をご飯にのせたきじ焼き丼。いくらでも食べられそうですね。

 食後のお楽しみ、クイズも元気よく答えられました。クッキングだけでなく、テーブルセッティング、お箸の持ち方、食器の洗い方も教わり、盛り沢山の2時間でした。

P1060164.JPG 今期第一回目の基礎から学べるおうちごはん。このクラスは2年間のカリキュラムで、しっかりお料理の基礎が学べるようになっています。本日はお肉の焼き加減、和え物、煮干しだしのとり方を学びます。メニューは「生姜焼き」「ブロッコリーのごま和え」「玉ねぎとわかめの味噌汁」です。
 初めて参加くださった方もいらっしゃいましたので、お米のとぎ方、煮干しだしのとり方、計量の仕方、包丁の持ち方、立ち方、野菜の切り方、ごまのすり方、とても丁寧な説明が受けられました。皆さんも真剣そのもの。しっかり講師のいうことを守って実習をなさっています。
 生姜焼きのにおいが立ち込める中、どんどんお料理が出来上がっていきます。合間に洗い物もしてくださいました。ブロッコリーの茹で加減、つい茹ですぎてしまいがちですが、気をつけて。美味しいごま和えができました。味噌汁も美味しくできて、いつもはインスタントなんだけどな、とおっしゃる方も、煮干しだしの美味しさに感動しておられました。P1060159.JPG

 

  今日のセミナーのテーマは「どんなオリーブオイルを選びますか?」です。P1060113.JPG

  セミナーはオリーブオイルの特徴についてのお話からスタートです。オリーブオイルはオレイン酸をたっぷり含み、免疫力向上、抗酸化作用、ダイエット効果、整腸作用など体にいい油と言われていますが、加熱せず果汁を搾る油なので、微量の栄養素も損なわれることのない優れものです。スーパーには、かなりお安いエキストラバージンオイルと書かれたオリーブオイルが売られていますが、これは日本にきちんとした基準がないから。あまりに安いもの、プラスチック容器に入れられているものは、国際基準のエキストラバージンオイルではないかもしれない…というお話に、参加者一同びっくりでした。なお、BELLEで使用する生活クラブのオリーブオイルは、ギリシャ産のオリーブ品種コロネイキを搾った正真正銘のエキストラバージンオイルです。

P1060128.JPG  本日のお料理は「えびのアーリオオーリオパスタ」と「切干し大根のマリネ」です。オリーブオイルをたっぷり使い、見た目も鮮やかで香り豊かなパスタを作ります。切干し大根のマリネにもオリーブオイルを加えることで、酸味がマイルドになり、加えた野菜もしゃっきり、とてもさっぱりとしたマリネに仕上がります。身体にうれしい効能が期待できるオリーブオイル、お料理に上手に使っていきたいですね。


 

4月15日 親子クッキング

 P1060089.JPG今期初めての親子クッキングです。今回は小さなお友だちが集まりました。何を作るのか興味津々。今日のメニューは「アスパラつくね」「ポテトサラダ」です。
 ポテトサラダでは、熱々のじゃがいもの皮をがんばってむきました。今日の味付けはドレッシングでしたが、「パパが作るのはマヨネーズだよね!」との声も。よく観察しているな~と感心しました。
 お野菜のアスパラガス。「はかま」って知ってる?の講師の問いに???まだ難しいかな? はかまの処理をしてから、ひき肉をこねました。この二つがどうつながるのかが、不思議だったようで、アスパラに巻くんだよと説明すると「へ~~」と驚きの表情になりとてもかわいかったです。
 フライパンで焼いて合わせ調味料を入れる時、じゅーっという音がすると「美味しそう~」歓声が上がりました。「早く食べた~い」の合唱。作らないと食べられないんだよ~と講師の声に促されて実習に入ります。
 保護者の方のリードが素晴らしく、切る、こねる、焼く、頑張って作れました。たれが美味しすぎて、おかずがないのに、ご飯をおかわりして食べていたお子さんもいて、嬉しそうな笑顔が微笑ましかったです。アスパラが苦手と言っていたお子さんも完食していました。みんなで食べると食べられるんですね。偉い!

P1060079.JPGP1060092.JPG


P1060096.JPGP1060094.JPGP1060097.JPG

4月14日 男の手料理

otoko-IMG_6974.JPG  早々に桜も散ってしまいましたね。今期第1回目は、竹の子づくしの三品。「竹の子ご飯」「竹の子と鯖缶の煮物」「竹の子団子のかき玉汁」です。

 竹の子はお好きでも、生でお買いになることはないようですね。下準備もちょっと大変です。まず買う時の選び方、アクをぬくゆで方を教わります。otoko-IMG_6959.JPGデモ中「近所に竹林があるんだよ」等とついつい竹の子話でもりあがってしまいました。皆さんに竹の子の皮もむいていただきました。どんどん固い皮がむかれていき・・・「そんなにむいちゃうの?」「食べられそうなのに」といろいろな声が飛びかう中、ようやく食べられる形になりました。お買い求めの時は、こんなに小さくなってしまうこと、お忘れなく。

 竹の子ご飯は炊飯器におまかせ。手のひらでパンッとたたいた木の芽をのせます。プ~ンと木の芽の香りが広がり、板前さんになったような気分!? 煮物はちょっと意外な鯖缶を使って、かき玉汁は竹の子入りの鶏団子を作ります。

 この時期ならではの竹の子。講師より、茹でたものも売っていますので手軽に利用されて、まずはクッキングチャレンジしてくださいねとの励ましの(?)言葉もありました。

 

4月13日 ママの楽しいキッチン♪

P1060063.JPG 今期のベルのスタートはママの楽しいキッチン♪コースです。参加メンバーも少し変わり新しいスタートです。ママの楽しいキッチンは毎月テーマを決めています。今月は「お弁当のおかずのバリエーションを広げましょう」で、お弁当のおかずにお勧めのメニューをご紹介します。
 「ささみのごま衣焼き」「春野菜のグリル」「豚ひき肉の卵焼き」を作ります。
 ささみを美味しく柔らかく焼くコツを習いました。春野菜を香ばしくグリルで焼き、春らしいドレッシングを添えます。
そして今日のメインは具入り卵焼きです。毎日お弁当を作っているベテランママもいらっしゃいますが、卵焼きを上手に焼けたらうれしいですね。コツを習得しました。中の具をいろいろ変えてチャレンジしてみてください。
 さあ、お弁当箱に詰めて、春のおでかけを楽しんでくださいね。