スタッフ日記

3月24日 笑顔をつくるおうちごはん

 春になるとなぜかお寿司が食べたくなるねと、朝、教室前の準備をしながら、インストラクターと話していました。
 今日は、そんな春を感じていただくメニュー、「茶巾寿司」「せりと鶏肉の和え物」「はんぺんのすまし汁」の3品です。がんばりポイントは茶巾寿司。他の2品は比較的簡単なメニューにしましたと、まず講師から説明がありました。

 ouchigohan3-IMG_6808.JPG継続して受講されている方は、飯台の使い方もよく覚えていらして、お教室での実習が自分のものになっている証拠ですね。何だか感動してしまいました。ご飯にすし酢を合わせる作業も、自然にできていて、実習を重ねることで料理の腕が着実に上がっているのを感じます。これってすごいことですね。次の関門は薄焼き卵。破れないように焼くこと…皆さん、ちょっと不安そうに始められましたが、大成功! 拍手がおきたり、歓声があがったり、盛り上がっていました。最後の関門は包むこと。ひだひだを作りながらすし飯を包みます。ちょっと気に入らないときは再トライ! 包みなおし。皆さんの熱意でかわいい茶巾寿司が出来上がりました。
皆さんのテーブルの黒いお皿に黄色い茶巾寿司が並んで、なんて可愛らしい。和え物とすまし汁をつけて、春のおもてなし料理になりますね。

 4月からもコースは継続します。今よりさらに一段上をめざしていきましょう。