スタッフ日記

2月18日 基礎から学べるおうちごはん

 なぜかご家庭で作るのは難しくて大変と思われている方の多い焼売。今日は「焼売」作りをマスターしましょう。同じく覚えて嬉しい中華の定番「白菜の甘酢漬け」「中華炊き込みご飯」を合わせて作ります。

 kiso-IMG_1956.JPGのサムネイル画像まず、炊き込みご飯をセットします。うるち米ともち米を同量使います。もち米はわざわざ買うことになるかも知れませんが、もちもちしたおこわの食感は、もち米がなければ味わえませんので、ぜひ入れて欲しいと講師より。具材を切り、調味料と一緒に炊飯器に入れてスイッチオン!あとは炊きあがるのを待つだけです。

 甘酢漬けは白菜の芯を使います。芯はせんいに沿って細長く長さを揃えます。調味料は合わせて煮立て、熱いうちに白菜にまわしかけたら落としラップをして味をしみこませます。あとは時間が調理してくれますと講師の一言です。

 さあ、ここから焼売作りです。豚ひき肉、玉ねぎ、調味料はよーく混ぜ合わせることでふんわりと仕上がります。指の間に皮をのせて、皮がやぶけないよう、慎重に肉あんを包みます。お1人6個づつ、最初は「難しーい」の声も出ていましたが、包んでいくうちにきれいに納得いくよう出来上がっていきます。先程芯だけ使った白菜の葉を蒸し器に敷き詰めて、焼売を並べます。湯気があがって美味しい香りのしてくる頃には、ご飯も炊きあがり、甘酢漬けもよいお味に出来上がっています。

 買うものと思われていた焼売も、案外手軽に、そして数段美味しくできることに、皆さんとても喜んでくださいました。寒い毎日、ご家庭でも蒸気のあがった蒸し器で手作り焼売を楽しんでください。