スタッフ日記

2月9日 ママの楽しいキッチン♪

 今日のメニューは「キャベツのニョッキ」「にんじんとオレンジのサラダ」「蒸しプリン」です。
 イタリアでは、曜日によって食べるものが決まっているとご存知ですか? 木曜日はニョッキの日、金曜日はバッカラ(干し鱈)、土曜日はトリッパ(牛の胃袋を煮込んだ料理)を食べるそうです。今日は木曜日なので、ニョッキの日。ニョッキとは小麦粉とじゃがいもなどで作る団子状のパスタのことです。

mama-P1040687.JPGmama-P1040702.JPG じゃがいもを茹でてつぶしたら、粉を混ぜてオリーブオイルを加えて少しねかせます。棒状にのばして、2~3cmに切り分けます。ニョッキは3分ほど茹でたら、茹でたキャベツとしらすでフライパンで炒め合わせます。オイルには赤唐辛子とにんにくで香りづけをしておきましょう。ピリッと辛いおいしいニョッキが出来上がります。
 にんじんのサラダはスライサーを使って細く切って塩水につけたにんじんをオレンジ果汁で作ったドレッシングで和えます。さっぱりとしているのですが、甘いオレンジがしょっぱいにんじんとマッチしていて最高に美味しいです。
 蒸しプリンは、カラメル作りから教わりました。グラニュー糖と水を鍋に入れ、火にかけますが、怖がらずにじっと煙が出るまで待ちましょう。大人の味のカラメルは、結構焦がした方がよいようです。
 バニラビーンズの使い方も習いました。包丁で縦に切れ目を入れて、包丁の先で、中の種をこそげてそのまま使います。使い終わったバニラビーンズも捨てずに、お砂糖などにいれて保存しておくと、香りがついてお菓子作りに役に立ちますよ。卵と牛乳を混ぜたら、丁寧に濾すことも忘れずに。蒸し器の火加減にも気をつけましょう。すの入ったプリンにならないよう、気を抜かずに細心の注意を心がけましょう。

 ニョッキは、お子さんと一緒に作るのにもとてもよいですね。ぜひ楽しんで作ってみてください。