スタッフ日記

2012年8月アーカイブ

7月28日 男の手料理

 今回は夏にピッタリの“食べると沖縄に行きたくなるメニュー” 「タコライス」「ゴーヤの豆腐ごま和え」「黒糖かん」の3品です。

7gatu dannsei.JPG タコライスはレタスやトマト、玉ねぎなどの野菜たっぷりの上に、ピリッと辛味のきいた肉みそ、さらにチーズと目玉焼きを載せていただく、沖縄で生まれた丼です。
夏バテ防止にガッツリ食べたい夏の一品!

 ゴーヤの豆腐ごま和えは、豆腐とごまの和え衣に、ゴーヤとちくわを加えた、深みのあるクセになりそうなお味。おなじみのチャンプルーだけでなく、こんな食べ方もいいですよね。

 黒糖かんは冷たく冷やしてたべる水ようかんです。まさか自分で手作りできるとは!とみなさん感激の一品でした。

 これからが夏本番!どうか今日のメニューで、この暑さを乗りきって下さいね。
来月も元気な皆さまにお会い出来るのを楽しみにしています 

7月27日 子育て応援レシピ

 夏休みになりました。人が集まる機会も多いのでは…そんなとききっと役に立つメニュー、しかもえっ!?とびっくりさせることのできるメニュー。
今月は「パエリア」「緑のコーンスープ」です。

    kosodate-7CIMG9332.JPG

 パエリアはテーブルの中央に置けば、とても華やかになります。お子さんの世話に時間がとられてしまう毎日、できれば家事は手短に・・・なんて願っちゃいますよね。今日はフライパンで作るパエリアです。
 えびの切り方もポイント、華やかに見せる切り方を覚えます。

 緑のコーンスープ…色はきれいな薄い緑色、でもお味はコーンスープ???
緑の野菜をちょっと使うとおしゃれな緑色に変身…緑の野菜?皆さん想像してください。

 お教室では、料理の基本的な技術を学び、ポイントを学び、意外な食材の使い方も学べます。そこが魅力です。

 次回は美味しい豚肉のお料理。目でも楽しめるかわいいサラダ。きっと家族みんなの「おいしい!」が聞こえるはずです。
お教室の間、お子様を預けて受講できますので、ぜひ一度いらしてください。 

7月22日 キッズクッキング

 今回は「おにぎりランチ」と「フルーツポンチ」を作ります。

      kizzu 7gatu.JPG

 「おにぎりランチ」は梅干のおにぎりと、かつお節をまぶしたおにぎりをみんな上手に三角形ににぎりました。
梅干は苦手なお友だちが多くて、どうしようかと思いましたが、みんな「ちょっと食べてみる」「少しだけ入れてみる」とチャレンジして、全員食べられました。すご~い!
 BELLEで苦手なものにチャレンジして、おうちや給食でも、残さないで食べられるようになったら嬉しいです。

 おにぎりの他は、鶏の手羽を甘辛に焼いたおかずと、ピンチョスを作りました。

 赤い器に盛りつけたら、「わぁ~素敵な器!」と感激してくれたお友だちもいて、デモで見本が出来上がったら、拍手が沸き起こりました。
キッズのクラスでは初めての事。先生も嬉しかったと思います!

 「フルーツポンチ」も夏に冷やして食べたら、最高ですね。

 夏休みに、BELLEで習ったお料理を作るお友だち、いるかなぁ…たくさん食べて、夏を元気に過ごしてくださいね。 

 今月の基礎は和食。メニューは「鶏肉の竜田揚げ」「いかときゅうりの酢味噌和え」「しじみ汁」です。
    
           kiso-7.JPG
 

 鶏肉の揚げ物といったら、から揚げがポピュラーですが、竜田揚げもおいしいですよ。下味は、お醤油、酒、生姜汁だけなのにとっても美味しくなるんですね。まず鶏肉を一口大に切りますが、ただぶつ切りするだけじゃありません。ここで先生が切り方も丁寧に教えてくださいます。ほんのちょっとのことですが、下処理がお味を左右するんですね。油の片づけが面倒で、揚げ物をするお家は少なくなったようですが、家で揚げると、あつあつがいただけます。また、揚げているときのいい香りがたまらないですよね。
 酢の物の中でも、酢味噌和えはあまり食卓に出てこないメニューなのではないでしょうか。酢の物はさっぱりしていて、これからの時期にピッタリの副菜です。酢味噌さえ作っておけば手軽にできるので、ぜひ覚えてほしい一品です。今日はいかときゅうりとわかめで作りました。
 夏の汁物といったら貝汁を思い浮かべる方多いと思いますが、しじみ汁は貝汁でも代表選手ですね。でも、しじみの下準備や火にかけるタイミング、どうしたらいいのか、わからないことが多いのでは。ベルでしっかりお勉強して美味しいしじみ汁、お家でも作ってください。
 竜田揚げのいい香りにつられ、お腹が空いたのでしょうか、お食事では皆さん、あっという間に食べ終わってしまいました。

 

 今日のセミナーのテーマは<もどき牛肉を探る>です。
  昨年の日本の牛肉の自給率は42%です。さらにエサまで国産となると11%だそうです。でも、今から47年前の1965年は、なんと自給率95%でした。エサまで国産と限っても84%。そのころ牛肉と言えばめったに食卓にのぼらない、ごちそうでした。焼肉屋さんも今日のようにたくさんなかったですね。高価なものだったから消費量も少なかったとは思いますが、国産の比率がこんなに高かったんですね。それが、1991年に牛肉・オレンジの関税が撤廃されてから、牛肉が身近な食材になりました。本当に牛肉かしらと疑ってしまうほど、安く売っているお店がありますね。大量に仕入れて安く提供しているところもあると思いますが、もどき牛肉を使っているところもあるようです。もどき牛肉と言うのは、赤身の肉に機械で牛脂などを注入し、人工的にサシを入れたり、端肉と牛脂などを混合して結着剤などでくっつけてステーキ肉にしたり…というものです。成形牛肉と書いてあるようですが、うっかり見落としてしまいそうです。

seminar&cooking7.JPG さて、クッキングは「牛スライス肉でシュラスコ」と「とうもろこしのトロトロプリン」です。
シュラスコというのはブラジルのお料理です。本当は大きい肉の塊を焼いてナイフで薄く切っていただくものですが、きょうはスライスしてあるお肉を使ってお料理します。上にたっぷりのお野菜をのせていただきます。シュラスコ用のソース「モウリョ」です。

 もう一品は「トロトロプリン」。とうもろこしをミキサーで細かくして、お鍋であたためます。するとあら不思議。とろみがついてきます。 コーンスターチってとろみがつきますよね。同じなんですね。冷蔵庫で冷やしていただきます。トウモロコシのお味がぎゅっとつまった、とっても美味しいデザートでした。
 

7月14日 おうちごはん

今月のメニューは、ちょっとスペシャルなおうちごはん。話題の「ケーク・サレ」を実習します。
「スタッフドレタス」と「シュリカンド」の3品です。

 ケーク・サレって?
<サレ>は、フランス語で塩という意味。つまり塩ケーキです。
砂糖を使わない甘くないケーキですから、お食事としていただけます。
休日のブランチに・・・
友人を招いてランチに・・・
お腹を空かせたお子さんのおやつに・・・
どんなときでも喜ばれるおうちごはんです。
 
ouchigohan-7CIMG9015.JPGケーク・サレの中身は旬の野菜やチーズなどいろいろアレンジできますが、今日は、4種類の野菜とベーコン、チーズ。 焼き上がりを見てください!かわいいでしょう!
 
スタッフドレタスは、芯をくり抜いたレタスの器にコロコロカットのサラダを詰めます。 最後にレタスをカットして並べれば、さらにスペシャルなおうちごはんに!

インド料理のデザートとして有名なシュリカンドは、ヨーグルトの使い方がポイント。 ヨーグルトとドライフルーツの美味しいコンビネーションを楽しみます。
 
次回は和メニュー、いわしを手開きすることから実習し、ハンバーグにします。 お魚メニューも是非おうちごはんの仲間に入れていただきたいです。