スタッフ日記

2012年6月アーカイブ

6月23日 男の手料理

 これからの季節おいしくなると言えばっ “Beer!”
 今日のメニューは<ビール片手に楽しむガーデンパーティ>をイメージした「手づくりピザ」「スパイシーチキン」「ハーブサラダ(カレードレッシング)」
の3品です。
   otoko①.JPG

 ピザの生地作りからスタート、こねていると段々滑らかになり、弾力も増してきます。生地を発酵させている間に、トッピングの準備や、チキンやサラダの調理をしました。サラダはひんやりシャキシャキ、チキンは熱々、ピザはとろ~りチーズの絶妙なタイミング!
 インストラクターは、全品ベストな状態で食べていただけるように、念入りにタイムスケージュールを組み立てています。

 そして、今月は半年に1回のお楽しみ…そう、Beerで「かんぱ~い!」みなさん会話が弾み、楽しそうな笑顔です。この笑顔が見られることが、私たちの何よりの「ごちそーさまっ!」です。
otoko②.JPG otoko③.JPGのサムネイル画像 otoko④.JPG
otoko③.JPG 

6月22日 子育て応援レシピ

 今月は和食。美味しいだしのとり方、きれいな薄焼き卵の焼き方を学びます。
小さいお子さんと一緒に過ごす忙しいママたちには、できるだけ手作りで安心して食べさせたいけど、ゆっくりお料理する時間がない…という悩みがつきまといますね。そんな皆さんに、ぜひ身につけていただきたいポイントです。

 メニューは「黒米入り押し寿司」と「はんぺんとみょうがのすまし汁」です。   

kosodate-6CIMG8405.JPG 黒米入り押し寿司は、ケーキ型を利用したデコレーション寿司。アントシアニンたっぷりの黒米入りのお寿司ごはんで、りっぱな3段重ねを作ります。
薄焼き卵をきれいに焼いて、錦糸玉子に。にんじんはうっすらあまーいお味つけに。仕上げはサーモンのバラ飾り。
皆さんのセンスが光ってます。

 はんぺんとみょうがのすまし汁は、なんと言っても昆布をじっくり水につけて、昆布の旨みをたっぷり含んだかつおだしが決め手。 こちらはグルタミン酸がたっぷりです。 ママがとっただしで、小さい時からほんものの味を!

次回は、夏休みに人が集まるときにぴったりのメニューです。スープの食材には、ちょっぴり驚きが・・・
お楽しみに。

 

 今日の基礎おうちごはんのテーマはせん切り。せん切りがいっぱい出てくる中華に挑戦です。メニューは「青椒肉絲」「春雨サラダ」「中華風コーンスープ」の3品です。
    kiso-6.JPG
 青椒肉絲は、たいてい緑色のピーマンだけで作りますが、今日は赤いピーマンも入れて目でも楽しめる仕上がりです。ピーマン、たけのこ、お肉は細切りに。にんにく、長ねぎはみじん切りに。切り方のこつをしっかり先生に教わりました。
 春雨サラダは、生でにんじんをいただくので、出来るだけ細いせん切りにして下さい、でも、ゆっくりでいいですよ、という先生の声に皆さん真剣にせん切りに取り組んでいました。ハムを切る時のアドバイスもあり、もうせん切りはバッチリです。薄く切ったトマトをまわりに並べ、見た目も美しいサラダのできあがりです。
 コーンスープは、クリーム状のスイートコーン缶を使って手軽だけど、本格的なお味のスープです。手早く出来ちゃうのに美味しい。嬉しいですね。

 このクラスでは、切りものにちょっと自信のない方には、先生が包丁の持ち方から丁寧に教えてくださいます。ほんの少しのアドバイスでどんどん上達されるのがわかります。来月は揚げものに挑戦。ご参加お待ちしています。 

 今日のセミナーのテーマは<衛生管理と食中毒~たとえばヒスタミン>です。
 今の時期、心配なのが食中毒。食中毒と言って思い浮かぶのは、黄色ブドウ球菌や大腸菌といったいわゆる細菌ですよね。でもヒスタミンによる食中毒、症状が軽いため軽視されやすいですが発生件数は多いんです。原因は主に青魚を加工する過程で解凍・冷凍送り返すことにより、ヒスチジンというアミノ酸がヒスタミンに変化し、その量が増えてしまうことだそうです。では、ヒスタミンの発生を防ぐにはどうしたらいいでしょう。厄介なことにヒスタミンは加熱してもダメ。となると、新鮮なうちに低温保管されたものを選び、温度管理に気をつけるしかありません。9月、6月は食中毒発生件数が多い月です。対策を知り、安心して、美味しく食べ、この時期を過ごしましょう。

 今日のクッキングは「めかじきのジンジャーソース丼」と「新じゃがいもの味噌スープ」です。
        seminar&cooking 6.JPG
 ジンジャーソース丼は、名前の通り生姜のお味付けですが、ここにちょっとウスターソースが入ることで一段と美味しいソースが出来るんです。フライパンで野菜も焼きめかじきも焼き、その旨味が残っているところでソースを作るので、美味しい上に洗いものも少なくて済む立派なメイン料理です。生徒さんからレシピを冷蔵庫に貼って毎日作ります、と嬉しいお声をいただきました。
 新じゃがいもの味噌スープですが、なんで味噌汁という名前にしないでスープになっているかというと、お出汁をとっていないんです。細く切ってあるきざみ昆布を入れるので、昆布の旨味で美味しいスープになるんです。昆布は、細めにせん切りした新じゃがいも、薄切りにした新玉ねぎと一緒にいただきます。ゴミも出ずエコな一品。是非お試しいただきたいです。
 

6月14日 酒の肴

 新しいコースです。今期は6月と8月に開講します。 お酒をより美味しくいただくためのメニューの提案をしていきます。
 今月は日本酒に合うメニュー「グリーンアスパラを使ったおつまみ3種」「はんぺんさつま揚げ」「梅そうめん」です。
     sakenosakana-6CIMG8259.JPG
  グリーンアスパラを使った短時間でできるおつまみ3種類は、グリーンアスパラのお浸し・グリーンアスパラのごま和え・グリーンアスパラの春巻きです。水に昆布を浸して作った昆布だしでも、昆布の旨みを感じる美味しいお浸しができます。ごま和えは、すり鉢でごまをすって和え衣を作ります。最近はすり鉢の出番が少なくなりつつあります。美味しいお酒を思いながら、ちょっと手間をかけることもいいのではないでしょうか。春巻の皮でクルクルクルっと アスパラとえびを巻いて、カリッと揚げます。この<カリッ!>が美味しいポイント。自分の目と耳と感覚で覚えることができるのが、お料理教室ならではです。
 
 はんぺんさつま揚げは、はんぺん、豚肉、香味の野菜を混ぜ合わせた手づくりのさつま揚げ。お酒のつまみとしてだけでなく、ふっくらご飯のおかずにも合いそうです。お弁当のおかずにいいですねと、受講生からもお声をいただきました。
 
 最後はお酒の〆に梅そうめん。お酒を楽しんだあとは、ちょっぴりお腹を満たしましょう。ここではかつおと昆布でしっかりおだしをとります。そこに梅干を入れて、梅風味のめんつゆを作り、薬味たっぷりでいただきます。
 
 “酒の肴は短時間で手軽にできるものがいい”このクラスのメニューは、このような考え方で提案していきます。簡単おつまみ、ちょっとだけ手をかけたおつまみ、お酒の〆・・・次回は8月、ビールに合うおつまみです。
 ご希望の方には、ちょっぴりですがお酒も飲んでいただきます。雰囲気を味わうことも大切ですから。お楽しみの多いクラスです。受講してみませんか。
 

6月9日 おうちごはん

今日は中華メニュー。もう少し中華のレパートリを増やしたい、そう思っている方にぴったりの3品です。
     ouchigohan-6CIMG8160.JPG
 
「えびとアスパラの炒め物」「そら豆の和え物」「肉団子とトマトのスープ」は、いつも以上に美味しい色。 テーブルに並んだお料理は、いつも以上に美味しい色をしていました。 美味しさは目で感じるところも大きいですから。
 
えびとアスパラの炒め物では、えびをより美味しく、ぷりぷりに仕上げるポイントを実習しました。ちょっと手をかけることでえびがいきてくるんですね。中華はえびを使うお料理がたくさんありますから、このポイントが大活躍することでしょう。
 
そら豆の和え物は、そら豆とトマトのかわいらしい和え物です。ザーサイを調味料代わりに使い、味に深みを出すのがポイント。細かいみじん切りで、とてもきれいに仕上がりました。
 
肉団子とトマトのスープでは、肉団子のタネのねり方がポイント。やわらかい、ふっくらとした肉団子は、いただいたときの食感がいいですね。肉団子とトマトの旨みが出て、とてもさわやかなスープです。
 
ちょっと自慢できるメニュー。でも作りやすいメニュー。このコースではそのようなメニューを提案していきます。
 次回は人気の「ケーク・サレ」です。夏休み家族やお友だちが揃ったミニパーティにピッタリな3品です。ウキウキするような食卓にご期待ください。
 

最近エスニック料理のレストランも増え、だいぶ身近に感じるようになりました。エスニック料理ファンも増えてきたのではないでしょうか。
大好きなエスニック料理をおうちで作って、家族と食べたいな、友人にごちそうしたいな、何度も食べたいな…そんな思いを実現できるようこのクラスを企画しました。

メニューは「タイ風鶏肉のから揚げ」「トムヤムスープ」「トマトのエスニックサラダ」の3品。 タイの発酵調味料ナンプラーを利用したお料理です。どの国の発酵調味料もお料理に旨味と深みをだしてくれます。日本でも醤油や味噌は調味料の王様ですよね。

syokuwotanosimu-6 esunikku CIMG7969.JPGタイ風鶏肉のから揚げは旨味のある下味がポイント。そのままでも十分に美味しいけれど、今日は手作りのスィートチリソースとともにいただきます。タイ料理はスィートチリソースでいただくものが多いですよね。市販品には食品添加物の使われているものが多いですが、こんなに簡単においしく手作りできるの!と皆さん大喜びです。
トムヤムスープはタイ料理の代表的なスープ。辛みと酸味の楽しめるスープで、新陳代謝もよくなりますよ。暑い夏にこそ食べて欲しいスープです。
トマトのエスニックサラダはドレッシングがタイ風味。旨味と酸味のあるさわやかなドレッシングです。

この夏は、きっとご家庭でエスニック料理を楽しんでいただけることと思います。

5月27日 キッズクッキング

今回は「お楽しみサンド」と「ミネストローネ」を作ります。
 kids-may2.JPGお楽しみサンドは、ツナサンドと、たっぷりのフルーツと生クリームのロールサンドの2種類です。
フルーツサンドは、ラップを使って、みんなくるっと上手に巻きました。これには、先生たちもビックリ!

ミネストローネは、お野菜とベーコンを1cm角に揃えて切ると、とてもキレイに仕上がります。固さの違うお野菜をみんな上手に切りました。
味つけはみんなでお味見して、「少しお塩を入れた方がいい!」「お塩もこしょうもいらない。このままでおいしい!」とグループごとに決めました。

それから今期のお勉強は調味料、今回は砂糖。 砂糖に関するクイズをしたり、素精糖、グラニュー糖、黒糖を食べ比べたりしました。
同じ「砂糖」でも全然違う味や香りがします。みんなどのお砂糖が好きかな?

kizzu①.JPG  kizzu②.JPG
給食では残してしまったり、お家では食べない物でも、苦手なお野菜やメニューも、一生懸命みんなで協力して作れば、不思議と食べられます。 これってスゴイことですよね。お子さんはドンドン成長して、新しいことにもチャレンジします。 1ヶ月に一度のお料理教室ですが、先月よりも出来ることが増えて、驚かされることがいっぱいです。

来月は「餃子」と「ヨーグルトのデザート」を作ります!
お楽しみに! 

5月26日 男の手料理

今月は韓国料理、「キンパップ(韓国のりまき)」「鰹のたたき風」「なすのナムル」の3品を実習します。
    otokonoteryouri-5CIMG7711.JPG

キンパップ(キンパとも言われます)・・・今日は牛肉とナムルを巻いた、ボリュームのあるのり巻きです。
のり巻きって意外に難しいのですが、皆さん上手なので講師もびっくり!

鰹のたたき韓国風・・・こちらはコチュジャン、にんにく、ごまの香る韓国風タレでいただきます。
タレが変わるだけでお料理のイメージも変わります。皆さんの鰹のたたきも、絶妙な焼き加減!

なすのナムル・・・なすはお料理すると色が悪くなってしまうことがありますね。今日は、なすの色あいが抜けない調理方法を実習しました。
皆さんの器の中のなすもきれいな色に仕上がりました。糸唐辛子でちょっぴりおしゃれに飾られました。

いつもながらのチームワークで、手際よく楽しく3品が仕上がりました。

5月25日 子育て応援レシピ

今期スタートの新コースが始まりました。
未就学児を持つママ・パパに、身近な材料を使い、簡単な手順でできるメニューを実習していただくクラスです。館内の託児施設ぶらんこにお子様を預けて受講される方が多いので、他のクラスより終了時間もちょっと早く、2品をしっかりと作り上げる教室です。
                         kosodate-5CIMG7637.JPG

5月のメニューは「豆腐のキッシュ」「初夏のサラダ」の2品、初夏らしいさわやかな色あいのお料理です。

 キッシュは皮から作ると大変! そこで、今日は子育て中で料理にまとまった時間がとれないママ・パパたちにピッタリ、春巻きの皮を使ってキッシュを作ります。ふぃりんぐには豆腐を入れ、旬の食材グリーンアスパラを飾ります。小さなお子様も一緒に食べられるキッシュです。

初夏のサラダは、まさに、季節を味わうサラダです。
そら豆、新玉ねぎ、美生柑のさわやかな彩に、ラディッシュが色とかわいさを演出。
ドレッシングにも美生柑の果汁を使い、さわやかな味になりました。
美生柑を初めてサラダに使いました、初めて食べました・・・今日が美生柑と出会いの日になったみたいです。
この教室が新しい食材との出会いの場になってくれることがうれしいです。