スタッフ日記

2011年9月アーカイブ

9月25日 キッズクッキング

キッズのクラスはお洋服やエプロンなどカラフルで、大人のクラスよりも、ちょっぴり華やかです。
また今回は新しいお友だちが2人参加してくれて、全部で14名。いつもより、ワイワイとにぎやかな感じです。
            9月キッズ①.JPG

メニューは「肉じゃが」「おいもごはん」そしてサプライズメニューの「チョコチップ」を作りました。全ておイモのメニューです。
9月キッズ.JPG

 おイモにはたくさんの種類があって、たくさんの料理方があるので、世界中でどれだけの人が、どんなメニューでおイモを食べているのか、想像すると楽しくなりますね。今日ももちろん、おイモのお勉強をしました。

そして、主食からデザートまで、様々に姿を変えて食卓に登場する、そんなおイモをお料理しました。
メニューを聞いた子がこっそりと「今日のオナラはきっとくさいね」と肩をすくめて耳うちしてきました。「だねっ」...でも、美味しくできたので、気にせずぜ~んぶ食べました。


10月から2011秋の教室がスタートします。
作ってみたい!リクエストからシチューやマーボー丼、お寿司、リンゴのケーキなどを作ります。
お楽しみに! 新しいお友だちの参加も大歓迎です。お待ちしています。

9月24日 男の手料理

今回で4月から始まった「2011春の教室」が終わりです。
最後のメニューは「簡単チャーシュー」「中華ちまき」「なすとピーマンの黒酢炒め」。
        9月男性.JPG

ベルのメニューは「料理してみると思っていたより手軽にできることがわかった」と感想をいただくことが多く、今回の中華3品も想像以上に手早く美味しく出来上がりました。
これは、料理をするハードルがグッと下がり、気構えず楽しんでいただける、とっても大切なことだと思います。
他にも「毎日献立を考えて作ってくれている奥さんの大変さがよーくわかったよ」との感想もよく聞きます。
ベルにいらした方が、大切な方を思いやって料理をしたり、食をとおして、あたらしい会話や時間が刻まれることを想像すると、本当に幸せな気分になります。
やっぱり「食」って楽しいですね。

お教室では、お料理仲間との会話もはずみ、回を重ねるごとに、息もピッタリあってきます。
ぜひ、新しい方をたくさんお迎えして、秋の教室も、楽しくおいしい「男の手料理」クラスに!
お持ちしています。

9月22日 旬の魚料理

今日のテーマは<さんま>
今が旬の魚です。今日も丸まる、張りの良いさんまが届きました。

           魚9月CIMG3117.JPG

メニューは「さんまの土鍋ごはん」「さんまのハンバー」「さんまの春巻」の3品。

一人1尾大名おろしを実習し、おろしたさんまで、さあクッキング!
今まで、あじ、めばる、いさきと3枚おろしを学んできた皆さんですから、
今日のさんまの大名おろしは本当にきれいなこと。

さんまと一緒に炊いた土鍋ごはんでは、炊き上がりの最後に一瞬強火にします。ここがポイント!
1・2・3・・・・強火のカウントは、美味しいごはんに仕上げるためのカウントでもあります。

さんまのハンバーグは、それだけでもおいしいけれど、
きのこたっぷりの大根おろしのソースをかけていただきます。
秋の幸をしっかり楽しめます。

さんまを春巻にする?!
カレーソースがアクセントです。
サクッと揚げて、サクッと切ると、パプリカ、いんげんも姿を見せて
色もきれいな春巻になりました。

今日で6回のコースは終了です。
たくさんお魚をお料理しました。たくさん食べました。
食卓にお魚のお料理が並ぶ回数も増えたことと思います。
もうお魚を前にしてもスッと包丁が動きますね。
もっと上手にお魚を扱いたいからと質問される受講生の方...お魚(料理)が皆さんの身近なものになってきたことを先生方も感じています。
これがこのコースのめざしていたことです。

魚9月CIMG3096.JPG

秋のお魚コースは10月、12月、2月の偶数月の開催になります。全3回のコースです。ちょっぴり淋しい...という声もいただきました。お魚コースを気に入ってくださって本当うれしいです。

10月のテーマは<鯛>
鯛の3枚おろしを実習します。
3枚おろしに挑戦したい方、10月受講がおすすめです。


 

今日のメニューは、中華の定番「酢豚」と「ピリ辛きゅうり」「白玉のごまだれかけ」の3品です。
やっぱりデザートも作りたい、と楽しみにされていた方もあるはずです。

        基礎9月CIMG3079.JPG

 今日の酢豚はケチャップを使わない甘酢あんで作ります。
暑い日にもぴったりのすっきりしたお味です。
ポイントはお肉の揚げ方、中はジューシー、外はカラッと!
油の温度管理のお話も聞けました。

基礎9月CIMG3050.JPG

ピリ辛きゅうりのきゅうりは蛇腹きゅうりにします。

基礎9月CIMG3048.JPG

ゆっくりでいいから少しずつ、きゅうりをお箸にはさんで包丁をサクサクと入れていきます。皆さん丁寧に仕上げていかれるから、とてもお上手。先生も笑顔で見守ります。
難しい切り方を習得し、お味もしっかり入り、美味しさも見た目もグッドです。

お楽しみのデザートでは、白玉のこね具合いの「耳たぶくらいの柔らかさ」は触って実感。
ごまだれはすり鉢で煎りごまをすることから始めます。
しっかりすれば、お味はぐんとアップします。
今日ごまを買って帰りましょうと生徒さんが言ってくださったのがうれしいです。
最近の食生活に不足がちな<ごま>
たくさんごまを食べてくださいねとごまをすりながら先生の声が響きます。

秋からも、この基礎コースは、基本的なお料理技術、お料理の知識を学べるクラスとして継続します。
現在は男性の受講も多いクラスです。
何でも聞ける雰囲気で、いつでも誰でもwelcome!
新しいお料理仲間とお会いするのが楽しみです。

今日のセミナーは「牛丼の値段のひみつ」について。

牛丼の値段はここ何年か、どんどん下がっていますよね。チェーン店がしのぎをけずって値下げ競争してますね。

これって嬉しいことなんでしょうか。安さの向こう側にあることを一緒に考えました。

CIMG3012.JPG

日本は戦後、右肩下がりにエンゲル係数が下がってきました。エンゲル係数が下がるということは豊かさを表します。でも、昨今のエンゲル係数が示すことは...食費を削って携帯代にあてたり―本当の豊かさではないような気がします。

ちゃんと作ってちゃんと食べる。当たり前のことですが、今それがとっても大切なことに感じられます。

今日のクッキングは「牛丼」と「とうがん汁」です。

         CIMG3022.JPG

お店で食べる牛丼と違って薄味ですが素材の味がして、とっても美味しいです。

とうがんって冬の瓜って書きますが夏の食材です。上手に保存すれば冬までもつのでこの名前がついたそうです。こちらも薄味で夏の暑さで疲れた胃にやさしい汁でした。

秋の教室でも、学んで、作って、美味しくいただく、BELLEならではのセミナー&クッキングで、お待ちしています。

9月15日 うちきてランチ

今日は話題の肉巻きおにぎりでランチタイム、楽しい会話も弾みます。

        うちきて9月CIMG2996.JPG

メニューは「肉巻きおにぎり」「野菜焼きチップサラダ」「かぼちゃあんの薄焼き饅頭」の3品です。

肉巻きおにぎりは韓国風、中にはキムチとナムルが隠れています。
今日はサニーレタスで巻いていただきます。
かしこまらずいただけるのがいいですね。
おうちの人気メニューになるはずです。

サラダは薄くスライスした野菜をオーブンへ。
パリパリの野菜チップスの出来上がりです。
油で揚げるのはちょっと大変ですが、オーブンならお手軽です。
講師のおすすめ調理法です。
肉巻きおにぎりに合わせて、韓国風のドレッシングでいただきます。

デザートのかぼちゃあんの薄焼き饅頭は、生徒さんにも大好評。
口当たりのよいもちもちやわらかい生地で、ふわふわなお饅頭をいただいている感じ。
お野菜の餡なので、やさしいお味です。

今日で春のコースは最終回。
秋からもうちきてランチのコースは継続します。
このコースは1品はデザートを実習するクラスでしたが、秋からはお料理3品の回もあり、もちろんデザートを作る回もあります。ちょっとだけ雰囲気を変えて開講します。
かしこまらず、カジュアルなおもてなしで、召し上がっていただく方たちと楽しく過ごせる食卓提案をめざしていきます。

9月13日 優しい和菓子

早いもので今日で春のコースが終了となります。 


夏に戻ってしまったかと思うくらいの暑い日でしたが、和菓子は季節をちょっと先取り。今日のメニューは「菊のねりきり」「カステラのホイル包み」です。

CIMG2964.JPG

「ねりきり」と言えば和菓子の代表のようなお菓子ですよね。ちょっとかしこまっていただく様なお菓子が自分で作れたらいいですよね。

ねりきりは、白餡と求肥で作ります。花芯はゆで卵の黄身を求肥とまぜてざるでこします。葉っぱは抹茶と求肥をまぜて葉っぱの型で抜きました。手はかかるけど身近な材料でできちゃうんです。

成型は形どうりに作る方もいれば個性的に作る方もいらして楽しかったです。

ホイル包みって洋菓子かなと思ってましたがジャンルは和菓子だそうです。中生菓子という分類に入るんだそうです。こういうお話が聞けるのもこのお料理教室ならでは。まるで生で見る「和風総本家」のようです。

秋の和菓子のお教室は2回だけの実施ですので、お忘れなく、ぜひご参加ください。お待ちしています。

9月10日 からだに優しい一汁二菜

今日の主役は冷や汁。
今夏、「冷たい食事」が人気のようです。なかでもガスを使わず簡単に調理できていただくことができる冷や汁は人気上昇中とか。受講生の方に情報をいただきました。
 一汁二菜9月CIMG2820.JPG
「冷や汁」「鶏の照り焼き」「野菜の焼き浸し」の3品は、暑い夏でもご飯がたくさん食べられてしまうメニューです。
 
冷や汁を食べたことがなかったと言う方もいましたが、郷土料理として有名ですね。
すり鉢でたっぷりのごまをスリスリ!油がにじんでくるくらいまでスリスリ!
ここがポイントです。
しっかりとごまが香る冷や汁になります。
 
鶏の照り焼きはお鍋で照り焼き。
軽く焦げ目がつくくらいしっかり焼いた鶏肉に甘辛たれをからめていきます。
教室中がいい香りに包まれて、お腹も早く食べたいと声をあげそう。
今まで食べた鶏の照り焼きの中で一番美味しいと感想をいただきました。
お肉の焼き縮みもあまりなく、美味しい色に仕上がりました。
 
野菜をグリルで焼いて、漬け汁に漬け込んだ野菜の焼き浸し。
器にキレイに並べます。とてもおしゃれですね。
 
秋からはスープが主役のこのコースはお休みし、替わって「ま・ご・わ・や・さ・し・い」食材を使ったお料理提案、献立提案のクラスが開講されます。
お楽しみに!!

 

☆「ま(豆)・ご(ごま)・わ(わかめ=海藻)・や(野菜)・さ(魚)・し(しいたけ=きのこ)・い(芋)」

9月8日 わが家のおもてなし

明日は重陽の節句、そして十五夜も近い...こんな季節にぴったりのメニュー、
「きのことワインの炊き込みご飯」「菊花の和え物」「お月見椀」3品を実習します。
      おもてなし9月CIMG2767.JPG 
秋を感じさせる食材を赤ワインで炊き込んだご飯は、ちょっぴり大人の味。
土鍋を使って炊き込みました。
 
秋色を演出してくれる和え物は、紫色の菊の花がアクセント。
そうめんかぼちゃの食感が絶妙です。
そうめんかぼちゃは、なかなか食卓に並ばない食材かもしれません。
今日のお料理をレパートリーに加えてもらえればうれしいです。
 
ススキの向こうにまんまるのお月さま
おだしのあんが水面にうつるお月さまのように見えませんか。
さすがにウサギはいませんが、絵のようなお椀を作りました。
 
ご両親に作りますとおしゃった受講生もいらっしゃいました。
今日のメニューは大人のおもてなし料理。
季節感あふれるお料理に出会うことができました。
 
秋のコースの中でおもてなしにおすすめのクラスは、11月の食を楽しむ<ミニ会席>
こちらも大人のおもてなしメニューを実習します。

9月3日 食を楽しむ

肉まんがおうちで作れたらいいよね!
肉まんだけでなくえびにらまんじゅうや大根もちも作って、みんなで飲茶パーティをしよう!
今回は4品を実習する特別クラスです。
       食を楽しむ飲茶9月CIMG2739.JPG 
メニューは「肉まん」「えび入りにらまんじゅ」「揚げ大根もち」「桃プリン」
デザートまで楽しめる飲茶パーティになりました。
 
肉まんは皮から作ります。上手にヒダヒダをつける肉まんの包み方も実習します。
先生がひとつ包み終わると、思わずワァー!と声があがります。
食を楽しむ飲茶9月CIMG2717.JPG

せいろの中の肉まんが上手に膨らむかなあ・・・
ワクワク気分でみんなで待ちます。
せいろの蓋をあけた瞬間、心の中でヤッター!!と叫んでしまいました。
 
えび入りニラまんじゅうは餃子の皮を利用して作ります。
餃子の皮にちょっと手を加え・・・これがポイント!
えびの姿が透けて見える美しいえびにらまんじゅうです。
 
大根もちは、切り干し大根、桜えび、ベーコン...の味と食感も楽しめます。
今日は、揚げていただく大根もちです。
 
デザートは『桃プリン』
『桃プリン』にひかれて申込みましたという方もいらっしゃいました。
桃まるごとのプリンは、かなり魅力的です。
 
今回の飲茶メニュー
参加できなかった方たち、ぜひまたやって企画して!とたくさんお声をいただきました。本当にうれしいです。
また皆さんと飲茶パーティできるといいですね。
 
秋コースでは、2回の食を楽しむクラスを予定しています。
11月はミニ会席、2月は長ねぎでごちそうメニュー。
単独での申し込みも可能です。
皆さんも食をたのしみませんか。

8月28日 キッズクッキング

夏休み最後の日曜日、元気いっぱいのキッズとお父さん、お母さんがベルに来てくれました。いつもはお支度が終るとじゃあねと帰ってしまうお父さん、お母さんも、今日は参観日なので一緒です。

キッズ8月③CIMG2463.JPG

実習が始まるとお父さん、お母さんは嬉しそうに写真を撮っていらっしゃいました。
お子さんはといえば、嬉しそうなお子さんもいれば、ちょっと緊張してるお子さんも。

今日のメニューは「手づくりピザ」と「ひんやりトマトスープ」です。

          キッズ8月②CIMG2512.JPG

ピザは台も作っちゃいます。台をこねている時の楽しそうな顔、見ているこちらも幸せな気持ちになりますね。

キッズ8月①CIMG2502.JPG

時間内にどうやって台をつくるの?と思って行らしたお母さんたちも、じゃがいもを使うと知り、納得。
玉ねぎが苦手なお子さんも、いやいやトッピングしたけれど、食べてみたら「玉ねぎって甘い」といって食べていました。

トマトスープは、完熟のトマトを湯むきして作る本格派。スープを最初にゴクゴク飲み干すお子さんもいて先生方も笑顔。

お子さんの作ったお料理をちょっともらってお父さん、お母さんも満面の笑顔。わが子の作ったお料理は世界一ですよね。ピザもスープも美味しいと言ってみんな完食。こちらも笑顔。笑顔いっぱいのベルでした。

8月27日 男の手料理

今日は、「あじフライ」「薬味たっぷりそば」「簡単おつまみ」を作ります。

あじは3枚おろしに挑戦しましたが、2度目だけあって、皆さん見事なできばえです。揚げ物はあまりなさらないようですが、やっぱり揚げたてはアツアツ、サクサクで美味しいですよね。

おそばは小分けに盛り付け、夏の粋な一品になりました。
おつまみはスモークサーモンとクリームチーズでディップを作り、クラッカーに載せて食べました。

こちらはビールにピッタリ!
お楽しみのビールで乾杯し、試食です。
夏の疲れを少しでも癒していただければ嬉しいです。

男性のクラスは上手に出来た方をお互い褒め合って、本当に和気あいあいと楽しいクラスです。
秋のコースのお申し込みが受け付けていますが、皆さんにまたお会い出来ることと、新しい方たちとの出会いとを楽しみにしています。

 

8月25日 旬の魚料理

今日のテーマは<いか>

教室ではするめいかを使ったお料理3品を実習。
メニューは「洋風いか飯」「いかと野菜の簡単フリッター」「いかボールのスープ」の3品です。

          魚8月CIMG2420.JPG

一人1ぱいのいかに向かいます。
墨袋をつぶさないように内臓を取り除き、皮をむきます。
何枚にも重なっている皮をむくのは結構大変。
でもおいしくいただくためのガ・ン・バ・リどころ。

いかの下準備が済んだら、いよいよ調理です。
洋風いか飯は、いかがたっぷり入った炊き込みご飯。
バジルの香りがきいたさわやかなお料理です。
魚介類をたくさん使わなくてもお味はしっかり!
フライパンひとつでできてしまうので、簡単!

さくさくふわふわのフリッターは、衣がポイント。
冷めてもさくさくふわふわの食感が残ってます。
家族の食事の時間がずれてしまいがちなとき、ホームパーティでお出しするときなどにお勧めのお料理です。

いか丸ごとのお団子のスープは、モロヘイヤとのコラボ。
夏にねばねば食材をいただくのは体にいいですよね。
エジプト料理としては有名なモロヘイヤのスープで、今日はちょっぴりエジプト気分も味わえました。

次回のテーマは<さんま>です。
さんまもお一人1尾おろしていただきます。
秋から冬になると魚の旬が大型魚になってきます。
実習として、お一人で1尾おろしたい方には、次回をおすすめします。

何度も繰り返してトライすることが上達のコツ。
これは全てにいえることですが、お魚を上手に扱えるようになるには、経験と練習だなと思います。
秋です!さんまにトライしませんか。

 

<インターンシップ生が見た今日のBELLE>

生徒さんが苦戦したり、楽しんだりしながら、いかの皮をむいている姿が見ていて楽しかったです。
きっとやっている生徒さんたちの方が楽しんでいるんだろうなーと思いました。
普段、家では作らないような料理だったので、いか料理のレパートリーが3品増えたと思います。
洋風いか飯は、いかとバジルのいい香りに食欲がそそられました。
簡単フリッターもとてもおいしく、カレー塩をつけて食べたらちょっと変わった感じで、よりおいしく感じました。生徒さんたちにもカレー塩は好評だったようです。
いかボールがとてもコロコロしていてかわいらしかったです。

2人の講師の方の動きがとてもスムーズで、無駄がなかったので、とても勉強になりました。
毎回思うことですが、やはり講師の方の話はためになるなーと思いました。

今日もお料理一歩前進!
一番だしと二番だしを作ります。
いわしを手開きします。
和食の基本、煮物を作ります。

メニューは「いわしの和風バーグ」「ひじきの五目煮」「豆腐とごまの味噌汁」です。

      基礎8月.JPG

昆布のうまみとかつおのうまみのきいた和のおだしで、お料理は一歩も二歩も前進!
先生からうまみの出し方を教えてもらいました。
一番だしを取った後でもまだまだうまみは残っていますから、二番だしもとりましょう。
二番だしの出番もなかなか多いんです。

お魚の手開きは初めてという方も多かったでしょう。
基礎8月CIMG2302.JPG

先生も受講生の皆さんと同じ向きに立って、手開きのデモンストレーション、
大熱演!!
でも同じ方向から見ることで、実習で戸惑うこともありません。
いわしは身が柔らかいので、ちょっと苦戦しながらも、皆さん上手に手開きできました。

ひじきの五目煮は、日頃の食生活の中で不足しがちな食材が入った1品です。
ひじきの煮物はちょっと大変そう・・・・いいえ、心配ありません。
ひとつのお鍋でおいしくできて、またまた一歩前進!

次回は中華料理の定番「酢豚」に挑戦。
デザートも実習します。
お楽しみに。

 

<インターンシップ生が見た今日のBELLE>

基礎コースなので野菜の切り方からいわしのさばき方まで、丁寧にレクチャーされていて、生徒さんもみなさんとても真剣に見ている様子が印象的でした。実習に入り、一人一尾いわしをさばく際は、先生が隣について見守ってくれているので、生徒さんも安心して楽しそうにお料理されていました。

お料理はとてもおいしく、日本人にはやっぱり日本食だなと思いました。こうして一から作った料理を頂くと、お料理は手間隙掛けて作った方がおいしいし楽しいという充実感が得られるなと実感しました。

お料理を教えて下さる先生がうちきてランチのときと同じお二方で、メインの先生とサポートの先生が入れ違うだけだったのですが、また雰囲気が変わり、先生によって教室の雰囲気が変化してくるところも楽しくて、ベルの魅力だと思いました。

8月のセミナーは「遺伝子組み換え食品のゆくえ」。
この講座はたっぷり2時間かけても足りない深い内容ですが、ギューと濃縮して、遺伝子組み換え食品の歴史と、作られた背景、現在生産されている作物や作付面積、輸入状況などを知り、私たちの食や自然環境にどのような影響が考えられるかを学びました。
単純には答えの出せない問題ではありますが、私たち一人一人が意識を高めて、必要な物を選ぶことが、未来の食を作っていくのだと思います。
不安を感じながら食を選ぶことがない未来がいいですね。

      田村 8 食の安全.JPG

実習メニューは「煮豚」と「変わり冷やっこ」。
煮豚はシンプルな味付けですが、食材の旨みを上手に引き出すレシピで、ご飯にもパンにも合う、様々なアレンジができる一品です。
冷やっこはとっても簡単ですが、今までなぜこの食べ方をしなかったの? と思うくらい衝撃の一品でした。トッピングを変えれば、1年中楽しめます。
本当に優れた食材は、シンプルな味付けで、十分満足できることを、改めて感じるメニューでした。

セミナーのお話に戻りますが、「遺伝子組み換え」に興味を持たれた方は、10/14(金)に生活クラブ館で講座があります。詳しくは下記のHPをご覧ください。

コミュニティースクール・まちデザイン 
http://communityschool.blog119.fc2.com/blog-entry-161.html

 

<インターンシップ生が見た今日のBELLE>

食の安全8月②.JPG 「遺伝子組換え食品のゆくえ」についてのセミナーは、時々クイズを取り入れ、参加型のセミナーとなるよう工夫されているので、受講生の皆さん、「えーそうだったの!」と、興味津々のご様子。最後まで集中して聞いていらっしゃいました。 日本で遺伝子組換え作物が食品として認可されてから17年、遺伝子組換え食品が健康へどのような影響があるか本当の意味で定かでないなか、遺伝子組み換え食品は、あまり目には見えないところで広がってきています。今日は、その事実をどう受け止めるべきか、真剣に向き合う時間となりました。 

  食の安全8月煮豚.JPGセミナーの前に下ごしらえした「煮豚」が、セミナー終了後にはいい感じになっており、あとは、仕上げです。トロトロ卵が、先生もビックリするくらいとても上手にできていたので、感激でした。アレンジレシピの紹介もあり、こうやって、一つのレシピからアレンジを考えるのもお料理の楽しさの一つだと感じました。

 食の安全8月冷奴.JPGそしてもう一品、「変わり冷やっこ」です。普段、冷奴といえば、お醤油というイメージが一般的ですが、今日の味付けは、塩と、ごま油です。簡単なのに、いつもよりワンランク腕が上がったようです。とてもさっぱりしていて食べやすく、受講生の皆さんからも、大好評でした。

 ただ、「美味しいものを食べたい」ではなく、「安全で安心な食材からつくる美味しいものを食べたい」その意識が、とても大事なことなのですね。

 

8月18日 うちきてランチ

今日は和食を楽しみましょう!
メニューは「豚ロース肉の漬け焼き」「そうめんサラダ」「ずんだ餡の白玉」の3品。

     うちきて8月CIMG2222.JPG

豚肉食べて夏ばて知らず!
今日は香味のきいた味噌ダレに漬け込みます。
お肉をやわらかく仕上げることが一番のポイント
筋をきってトントントン...お肉は柔らかく、お味も入りやすくなります。

いつもは主食のそうめんが、今日のサラダではパーツのひとつ。
夏のお野菜とのコラボです。
流行のジュレドレッシングを作っていただきます。

デザートはちょっとおしゃれな白玉。
ひすい色の餡が入ってます。
柔らかい白玉の生地で餡を包むのはちょっと大変ですが、できればうれしいテクニック。
皆さんやさしく、かわいく丸めていました。
あまーいシロップでいただくと、ほっとします。

かしこまらず、カジュアルなスタイルでいただけるメニューのご提案がこのコースの特徴です。

次回は子どもが大好きな肉巻きおにぎり。
友だちランチにもピッタリメニューです。

 

<インターンシップ生が見た今日のBELLE>

 初めてのお料理教室のお手伝いで、お二人の先生のタイミングと手際の良さにとても驚きました。メインの先生とその作業をサポートする先生の動きに無駄がなく、時間に無駄ないように、そして次の作業など、様々なことを気にかけながら、デモがすすみます。その中でも生徒さんの質問や反応などもしっかり受け止め、日頃のお料理で役立つ豆知識も取り入れてデモをされているので、とても勉強になりました。

 お料理がどんどん出来ていく様子はとてもおもしろく、実習に取り掛かった生徒さんたちもすごく和気あいあいとしていて、こちらも楽しくなりました。

 教室終了後の先生とスタッフさんの反省会では、みなさんとても真剣に、次はどうしたら良いかと話している様子がとても印象的でした。