スタッフ日記

2011年5月アーカイブ

5月28日 男の手料理

今日のメニューは「てこね寿司」「豆腐の田楽」「あら汁」です。

       男性5月.JPG

今日のてこね寿司は鯵で作ります。
先生のデモンストレーションが始まると、なぜかシーンとしています。どうやら、鯵を三枚におろすところから・・・?と不安に思われていた様子。今日は、三枚おろししたものを使いますと聞いて、ホッとした(?)笑顔が。

皮をとり、骨抜きで骨を抜いて、酢でしめて、という手順に挑戦です。

あら汁はてこね寿司の鯵のあらで作ります。お魚をあますことなく使い切り、野菜もたっぷりいただけるエコでとってもヘルシーなお料理です。

田楽の味噌は2つに分け1つはそのまま、もう1つは木の芽を加え、2種類に。木の芽の香りに、季節を感じられたようです。


さて、試食の時間に前回のスタッフ日記で予告したとおり、和食にピッタリな日本酒のお楽しみ。
いつもの「いただきます」ではなく、「乾杯!」から始まり、お話も弾んでなごやか。料理で頑張ったあとですから、お味も格別のようでした。

 

5月26日 旬の魚料理

今月は<めばる>と<ホタルイカ>が登場。

「めばるの煮付け」「めばるの中華あんかけ」「ホタルイカのぬた』の3品。めばるの3枚おろしと筒切りに挑戦です。まずはめばるの特徴を勉強します。素材の特徴を知ることが、お料理上手になる第一歩ですから。

 

さあ!うろことりから実習が始まります。

魚5月P1030553.JPGのサムネール画像 魚5月P1030554.JPGのサムネール画像

初回は、緊張しているようにみえていた受講生の皆さんでしたが、今日はお魚を前に楽しんでいるみたいです。おろす手元も自然で、とてもきれいです。
受講生の皆さんのそんな姿に、お魚料理をすることを楽しむ方が増えることが喜びと、講師が笑顔で話してくれました。

出来上がったお料理は...
            魚5月P1030561.JPGのサムネール画像

煮付けためばるのピンとたったヒレは、新鮮な証拠。美味しさも抜群。
お野菜たっぷりのあんかけは、バランスのとれた1品。
ホタルイカとからし酢味噌との相性は抜群です。

 

次回は<いさき>と<しらす>
夏のおさかなの季節になりますね。

5月22日 キッズクッキング

今回はアジを使った「お魚バーグ」と、ひじきや糸寒天の入った「海のサラダ」を作りました。


「お魚を直接触ってハンバーグを作ります」の先生のお話に、「えぇ~」「やだっ!」とブーイングも。
でも、いざ調理が始まったら、みんな一生懸命アジの皮をはいで、上手にたたきを作り、手でこねて、思い思いの魚の形のハンバーグを焼きました。

   キッズ①.JPGのサムネール画像     5月キッズ②.JPG                      

                       
終わった後のアンケートには「おいしかった」「おうちでぜったいつくる」との感想がたくさんありました。
ちょっと苦手でも、がんばって作って食べたら、みんな大好きになってくれたようです。
よかった。

次回は「おいなりさん」を作ります。
お料理してみたいキッズ、いつでもおためし受講できます。
ぜひチャレンジしてみませんか。

最後に11人のキッズたちの個性あふれるお魚バーグをご紹介します。

あかねちゃん.JPG あきほちゃん.JPG くるみちゃん.JPG さくらちゃん.JPG しづきちゃん.JPG みゆちゃん.JPG もとこちゃん.JPG ちひろちゃん.JPG ゆゆかちゃん.JPG りねちゃん.JPG りょうくん.JPG

今日のメニューは「生姜焼き」「ブロッコリーのごま和え」「新玉ねぎとわかめの味噌汁」です。和食メニューの定番中の定番。定番メニューだけどちゃんと作るとなると、意外と自信ないかも...って感じですね。

○基礎5月.JPG

生姜焼きをやわらかく作るコツを教わりました。

ごま和えはすり鉢でごまをすって作りました。すりこ木の持ち方、使い方もしっかり教わり、初めての方もとってもさまになっていましたよ。ごまのいい香りが広がって、幸せな気分になりました。

今回の味噌汁は煮干しでだしをとりました。だしをとった後の煮干、今日は、取り出して、皆さんのお口の中へ。 

いつものメニューも、コツを学んでしっかり作ると、立派なごちそうになります。

今日のセミナーは冷凍食品についてです。

以前の冷蔵庫は冷蔵部分がほとんどで冷凍部分はほんの少しでしたよね。でも今の冷蔵庫の冷凍室は大きくなりましたね。冷凍部分の拡大に比例して冷凍食品の消費量は約20年前に比べて約10倍、40年前に比べると、なんと!20倍になりました。

冷凍食品の国内生産量ベスト3は何でしょう?

...不動のベスト3は、コロッケ、うどん、ピラフ・炒飯だそうです。

多くの冷凍食品は、表示だけでは、原材料について詳しくわかりません。メーカーのHPを見てみると、輸入原材料の多いこと! そして、食品添加物もたくさん使われています。中身の増量、衣の付きをよくする...などなどのためです。

クッキングのメニューは「鶏の唐揚げ韓国風」「キムチチャーハン」です。

     食の安全5月.JPG

唐揚げは鶏肉を揚げてから韓国風のたれにからませます。ピリッと辛くておかずにもビールのおつまみにもぴったり。ごはんもビールもすすみそう。

チャーハン作りは先生に横についてもらい、コツをみっちり教わりました。どんなに冷凍技術が発達しても手作りの唐揚げ、チャーハンにはかないません。とびっきり美味しいです。

5月19日 うちきてランチ

今月もおしゃれなデザートとともにお友だちを呼びたいお料理ができあがりました。

メニューは「野菜とチキンのカレーグラタン」「キャベツのサラダ」「美生柑のマリネジュレソース」の3品です。          

             うちきて5月CIMG0289.JPG

カレーグラタンには、夏野菜が登場。そろそろ季節到来ですね。
カレーとの相性もよし!
カレーソースは一から手をかけて、じっくり炒め、おいしさたっぷりのソースに仕上げます。ホワイトソースももちろんですが、カレーソースのグラタンもまた、ランチの人気者になりそうです。

甘いキャベツにルッコラのパンチを感じるサラダは、サラダボウルをかかえてしまいそう。

そしてデザートのフルーツ、ちょっとマリネします。
このちょっとが魔法のようにおいしさをアップ。
アールグレーの香り豊かな大人のジュレがかかって、皆さんの笑顔がますます輝きました。

5月15日 親子クッキング

今日も親子で楽しくお料理しましょう。

5月の親子クッキングのメニューは「のり巻き」「ころころ汁」です。

親子5月のり巻き.JPG

「のり巻き」はちゃんと巻きすを使って作る本格派。自分の分は自分で巻きます。もちろん幼稚園のお子さんものり巻き初挑戦のお父さんも! 先生が横でじっくり教えてくれるから、具がきちんとまん中におさまった、きれいなのり巻きが完成です。

受講生のお母さんから「これから、のり巻きじゃんじゃん作ります」って嬉しい感想をいただきました。 

                 親子5月②.JPG

「ころころ汁」の中身はにんじん、いんげん、そらまめ、お花の形に型抜きしたかまぼこ、それになんと、小さく切っただしのこんぶまで。色もきれいだし栄養も満点。そらまめ嫌いって言っていたお子さんもこれは食べられるって残さず食べてくれました。

 

5月14日 からだに優しい一汁二菜

~スープ(汁物)がある食卓づくりを楽しみませんか~
スープ(汁物)を主役においた献立作りを実習しながら学んでいくコースです。

一汁二菜5月CIMG0158.JPG

今日の主役は「新ごぼうのポタージュ」...香りの高い新ごぼうのおいしさが詰まったスープです。食物繊維が豊富で、美肌効果も高いので、女性にはうれしいですね。
他のメニューは「メンチカツ」と「初夏のサラダ」。
メンチカツはとても身近なメニューですが、やはり揚げ物は敬遠されがち。揚げ油の処理が...と二の足を踏んでいる方も多いようです。

揚げ物した後の油についてもアドバイスしていきましょうねと先生。これからの教室でさらに深いお話がゲットできそうです。お料理の作り方だけでなく、お料理知識も学べます。

次回の主役は『酸辣湯(サンラータン)』。中華の代表的なスープのひとつです。
スープのあるどんな食卓が出来上がるか、お楽しみに。
 

5月12日 わが家のおもてなし

5月から始まった新しいコースです。

「おもてなし」というコース名に、お客様をおもてなしする機会はあんまりないしと、ちょっとしりごみする方もあるかもしれません。
でも、お客様を迎えるだけでなく、家族の誕生日や記念日のごちそうに、そして特別な日でなくても、旬の食材が手に入った日の家族揃った笑顔の食卓づくりに「おもてなし」メニューが役立ちます。

このコースでは季節(旬)を感じられるメニューを実習します。新鮮な素材はそれだけでも十分美味しいけれど、ちょっと手をかけたら、ちょっとコツを知ったら、美味しさがさらにアップします。

今日のメニューもおいしさたっぷり、おしゃれ度たっぷり。

おもてなし5月CIMG0123.JPG

ちょっぴり大人の『ミートローフ』はお皿を飾るソースが魅力。型を使って仕上げをした『新じゃがとエビの冷製』はおしゃれな前菜に。デザートの『フルーツジュレ』は美生柑のさわやかさをグラスいっぱいに感じます。
ともにお皿を演出するお野菜の使い方は新しい発見でしたと、生徒さんからお声をいただきました。先生にとってもうれしい声です。

6月は中華料理
素材の扱い方、調理ポイント、盛り付けアレンジ・・・来月も見逃せません。
おためし受講制度も使えます。まずは一度教室体験してみませんか。

5月10日 優しい和菓子

今日のメニューは、梅寒天をぜんざいにした「梅寒ぜんざい」とお茶の焼き菓子の「茶通」です。
ぜんざいのつぶあんは豆から煮たんですよ。

まず、豆の選り分けから始めます。
ゆっくり時間をかけて作るスローフードは体だけでなく心まで豊かにしてくれる気がします。

          和菓子5月CIMG0091.JPG

 梅ドリンクで作った寒天にかけていただくと梅の酸味とつぶあんのやさしい甘さでいくらでも食べられちゃいます。
煎茶をのせて茶通を焼いている時、教室中お茶のいい香りがたちこめていました。

出来たての温かい和菓子がいただけるのも和菓子教室ならではです。

4月28日 旬の魚料理

今期から、毎月1回の6回コースになった「旬の魚料理」コースです。

受講生の皆さんからご希望の多い「魚を扱う」経験をなるべくたくさんしていただくと共に、ついマンネリ化しがちな料理のレパートリーを増やし、ご家庭の食卓にもっと魚料理が登場することをめざして、春の教室の始まりです。

初回は<あじ>がテーマ。

一般的なお魚ですから、皆さんもいろいろな食べ方をされていることでしょうが、今日の教室のポイントは、「あじを3枚下ろしにしてみましょう」です。

先生のデモンストレーションを見たあと、一人1尾下ろします。隣りに立った先生から細かく指導を受け、確かめながらすすめます。お教室終了後は、お隣のデポーで魚を買って、自宅でも早速練習できます。皆さんもいかがでしょう、即、実践し、どんどん腕を上げられるコースですよ。

          魚4月CIMG0063.JPG

さて、今日のメニューは「あじフライ」「あじのたたき」「あさりのスープ」の3品。      

デモンストレーションの揚げたてのフライをその場で試食。これは、絶品! でも、皆さんが揚げたフライもとっても美味しい!と、満足の笑顔が語っていました。

明日からの連休に、釣りに行く予定という方がお二人。釣りは静かなブームのようですね。釣ったお魚もぜひ上手に下ろして、美味しく召し上がってください。

次回のテーマは<めばる>です。どうぞお楽しみに!