スタッフ日記

2011年3月アーカイブ

コース最終回、今日のテーマは「レシチン」です。

取り上げてきたテーマは、カルシウム★油★ポリフェノール★緑の冬野菜★白い冬野菜★レシチン。それぞれのテーマに沿ったお料理を学び、みんなそろって、からだの中からキ・レ・イになりました。

さて、最終回のテーマであるレシチンは、大豆、卵に含まれており、細胞を活性化し、からだの基礎づくりに重要な役割を果たします。

メニューは「チリコンカン」「春野菜と厚揚げのサラダ」「苺とバナナのフラン」の3品です。

キレイ3月CIMG9431.JPG

ピリッとした辛みとスパイスの香り豊かなチリコンカン。春野菜はホットサラダで。やさしい甘さのフランで満面の笑みがこぼれます。

 

ベル唯一の夜のクラスでしたが、来期は夜のクラスはお休みになります。代わって、土曜日のクラスが増えました。新コースも加わった2011年春のBELLEでお待ちしております。

3月1日 優しい和菓子

6回コース最後の今日、メニューは「桃」と「甘夏」です。

    和菓子3月.JPG

 

桃の生地を蒸して、もみまとめるときは熱くてちょっと大変ですが、出来上がりの姿を想像しなが頑張ります。

葉っぱは抹茶で、桃のほんのりピンクはしそシロップで色付けしました。可愛らしいですよね。今にも中から桃太郎が出てきそうな桃が出来上がりました。

甘夏は、甘夏果汁100%で作ります。皮を器にするので、傷つけないように慎重に房をくりぬきました。

下には果汁を寒天で固めたものを流しいれ、上は葛粉で作った甘夏のくずあんを入れ、2層にしました。甘夏のいい香りに包まれ、幸せなレッスンでした。

4月からも、季節感あふれ、見た目もからだにも優しい和菓子を作ります。ぜひご参加ください。

2月27日 キッズクッキング

寒い日が続く中、一人のお休みもなく、元気なキッズたちが作る今日のメニューは、「かんたん春巻き」「混ぜご飯」「杏仁豆腐」です。

         キッズ2月①.JPG

キッズだって揚げ物に挑戦です。春巻の中身はブロッコリーとゆで卵。中身だけでも美味しそう。自分の春巻は自分で巻いて、自分で揚げます。先生に教えていただいたとおり、そおっと油の中に入れれば、はねることもありません。全員上手に揚がりました。

混ぜご飯は具を水気がなくなるまでしっかり炒めるのがポイント。ちょっと多目かなと心配したけれど、誰も残したりしませんでした。

大好きな杏仁豆腐もペロッと食べ終わりました。

 

キッズ2月②.JPG

初めて参加のお料理大好きな男の子(どこにいるでしょう?!)から「とっても楽しかった」とうれしい感想をもらいました。

2月26日 男の手料理

今日は「豚とろ丼」「豆乳湯豆腐」「串だんご」を作ります。

男性2月.JPG

豚とろ丼は見た目はかなりのボリュームですが、一度フライパンでこんがり焼き、さらに40分煮込むので、脂も落ちて、思いのほかカロリーが低く、塩分も控えめです。健康のためにカロリーや塩分を気になさっている男性も多いので、ベルでは毎回、メニューのカロリーと塩分量をお知らせしています。

豆乳湯豆腐では、デモで講師が発した「豆乳を投入します!」のダジャレ、実習では、講師の声に皆さん息もピッタリにこたえていらっしゃいました。

そして串だんご。「まさか自分でだんごが作れるとは思わなかった」と大好評。とくに、温かい出来立てのおだんごはなかなか食べることができませんから、とても満足されていました。

次回はいよいよ最終回。おつまみを作って、お楽しみ、最後に日本酒で乾杯予定です。

2月24日 旬の魚料理

今日のテーマは<鰤(ぶり)>

なじみのあるお魚ではありますが、調理前の扱い方、火入れ具合、料理にふさわしい切り方などを知れば、さらに身近になりますね。

メニューは「ぶりの中華炒め」「ぶりのカルパッチョ」「ぶり大根」の3品。

 魚2月CIMG9093.JPG

 

切り身であっても、骨と取り除いたり(いただいたときの食感がよいです)、調理前に湯引きしたり(いやな臭みが残りません)、できるだけ薄く切ったり(カルパッチョはいかに薄く切れるかが勝負です)・・・

ちょっぴりの丁寧さ、ちょっぴりの手間が、料理をぐんと引き上げます。家族もびっくり、今まで食べなかった子どもたちもお皿に手が伸び、パクパク!おいしいね、の笑顔の食卓が浮かびます。

隔月のコースでしたが、皆さん、お魚をおいしくいただくコツを学びました。お魚に親しむことが、お魚料理上手になる秘けつですね。熱心な受講生のご希望に後押しされ、春からは6回のコースになります。お魚にどんどん触れ、どんどんお料理上手になってください。

2月21日 パン

今日はお待ちかね「肉まん」「くるみパン」「中華スープ」です。

      パン2月トリミング.jpg

 「肉まん」は、中のあんも手づくり、皮はこね、蒸し器で熱々に蒸しますので、トリプルでからだが温まります。この時期、蒸し器から上がる蒸気はホッとしますよね。

「くるみパン」は、まるでハナミズキのお花のようでしょう。中にもローストしたくるみが入っていて、香ばしくて美味しいです。

「中華スープ」には、こしたお豆腐が入ってるんです。美味しいし、見た目にもきれいなスープです。

今月は中華です。

メニューは「ブロッコリーのエビあんかけ」「春巻き」「中華炊き込みご飯」の3品。

 

       基礎2月.JPG

ブロッコリーが苦手な方も、エビあんがかかっていれば美味しく食べられます。

炊き込みご飯は、材料を切って調味料を入れて炊飯するだけで、美味しくできあがり。

手間がかかりそうな春巻も、講師の指導で、手早くできあがりました。「春巻は、外で食べるものと思っていました。手づくりできるんですね。これからは家で作ります」とうれしい感想をいただきました。

今日のセミナーのテーマは「遺伝子組み換え魚」。

遺伝子組み換え...よく耳にする言葉ですが、ついに魚にまでその手が伸びているようです。人の手が加わった魚といえば、養殖を思い浮かべますが、すでに魚を大きく成長させる目的などで作られた「バイオ魚」が出回っています。遺伝子組み換え技術を使って、北極海でも血が凍らない魚の開発も進んでいるとか...何か怖いですね。

気持ちを切り替えてのクッキングは「鮭のまろやか粕汁」と「野菜の皮のかき揚げ」です。

食の安全2月.JPG

鮭のまろやか粕汁は、この時期にぴったり。温まりますねー。たっぷりの野菜と鮭、酒粕はもちろん、牛乳も入って、お子さんでも食べやすくなっています。

野菜の皮のかき揚げは、粕汁で使った野菜の皮を揚げました。衣はほんの少し、さっぱりとしてたっぷり食べられます。

2月17日 うちきてランチ

おひなさまには、うちに来て!  今日のメニューは、まさにこんな気分。

うちきて2月トリミング.jpg

メニューは「柚子の香いなり寿司」「豚肉のじゃが衣揚げ」「チョコレート羊羹」。

柚子味噌風味のいなり寿司、三つ葉と柚子で飾られ、お皿は菜の花畑みたい。なんてかわいいの!おひな祭りの食卓にぴったりですね。外はまだちょっと寒いけど、もう春ですよ。

もう一つの新しい出会いは、今日のデザート。チョコレート? あんこ? 不思議だけど、食べたら止まらないおいしさにびっくり。まさしく和と洋の融合...です。

今月のテーマは<冬の白い野菜>

かぶ、大根、ねぎなどがおいしい季節です。

かぶも大根も消化酵素をたっぷり含んだ野菜で、胃や腸の働きを調えてくれます。カラダをほっとさせてくれる食材ですね。

キレイ2月CIMG8640.JPG

メニューは「エビ入りれんこん団子のあんかけ」「いろいろ野菜の黄身酢かけ」「お芋のあんこ玉」の3品。素敵な和食料理が並びました。

今日のお料理に登場した「うるい」。初めて食べました、という声も聞かれました。うるいは、最近脚光を浴びてきた野菜で、この時期から野菜コーナーに並ぶ姿を見かけます。知らないと通り過ぎてしまう売り場ですが、今日からは皆さん立ち止まられることでしょう。

お料理を習うことで、食材の幅がうんと広がりますね。これも楽しみの一つではないでしょうか。

2月1日 優しい和菓子

今日のメニューは「ひな重ね」と「野菜羊羹」です。

ひな重ねは、かるかんの生地をイチゴと抹茶で色付けして、お雛様のひし餅にしました。イチゴと抹茶の風味がして、美味しいし安心だし、いいことづくめです。

和菓子2月トリミング.jpg

写真のように一口大のひし形に切り分けると、とってもかわいいですね。手づくりのひし餅なんて、お雛様も大喜びです。

野菜羊羹ってめずらしいですね。根菜が入っているんです。羊羹の食感に野菜の歯触りがマッチして、一度で二度美味しいメニューです。